初台で女性の一人暮らし①アクセス・治安・地震

初台で女性の一人暮らし①アクセス・治安・地震

東京都渋谷区にある「初台(はつだい)」駅。あまり聞いたことがないという方もいるのではないでしょうか。

新宿駅のすぐ隣の駅にあり大都会のど真ん中に位置するにも関わらず、商店街もあって住みやすく女性の一人暮らしにピッタリの街なんです。

こんにちは。かわいいスイーツを見つけたらカメラを構えずにはいられない、カーサミアライターのきたやまあさみです。

今回は初台駅へのアクセスや治安・地震の起こりやすさなど、女性の一人暮らしでチェックしておきたいポイントをご紹介します。

初台駅周辺で一人暮らしを考えている女性に向けて、情報をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一人暮らし女性にとって「初台」の住みやすさ

交通アクセス★★★★☆新宿駅2分、都心へのアクセス良好
治安★☆☆☆☆ 渋谷区の中では落ち着いた場所
防災/地盤★★★☆☆揺れやすさは中程度、洪水の心配ややあり
生活利便性★★★☆☆ オペラシティと商店街があり便利
家賃相場★☆☆☆☆都心立地で人気のエリア。家賃は高い

各項目の詳細については、順番に説明していきますね。

初台駅の一人暮らし情報①アクセス・電車

初台駅南口を外からみたところ
アットホームな雰囲気の南口

都心への電車アクセス

※初台駅を通る電車は一般に「京王新線」と呼ばれていますが、正式名称は「京王線」。同じく初台駅から新宿に到着したときの駅は「新線新宿」と呼ばれていますが、正式名称は「新宿駅」になります。
この記事では、正式名称の京王線、新宿駅の表記で統一しています。

「初台」駅の路線情報
・京王線 (快速・区間急行・急行 停車駅)
駅名所要時間
新宿2分 直通・乗り換えなし
渋谷16分 (新宿駅にてJR山手線に乗換)
市ヶ谷10分 直通・乗り換えなし
神保町14分 直通・乗り換えなし

※出典:ジョルダン

初台は渋谷区にあり、新宿駅まで1駅で行くことができて非常に便利です。

初台を通る京王線(京王新線)は新宿駅で都営新宿線に相互乗り入れをしているため、乗換なしで市ヶ谷駅、神保町駅まで行くこともできます。

JR線への乗り換えは、基本的に新宿駅まで出ることになります。JR山手線に乗り換えることで、渋谷まで16分で行くことが可能です。

新宿、渋谷まですぐ出ることができるのは一人暮らしをする女性にとって心強いポイントですね。

初台駅の使いやすさ

初台駅の中にあるトイレ
女性用トイレはパウダールーム付きでとてもキレイ!

初台駅は東口、北口、南口の3つの出口があります。新国立劇場、オペラシティに訪れる人が多いためか、出口の案内板の文字が大きく書かれていて、とても分かりやすいです。

北口以外は、エスカレーター、エレベーターがそれぞれ備わっているので、疲れている時や、重い荷物を持っているときも安心ですよ。

駅ナカのお店などはありませんが、東口を出てオペラシティ方面に行くと、大体のものは揃うので、電車を待つ間のちょっとした時間を有効に使うことができます。

初台駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

渋谷区の犯罪発生件数・割合

女性の一人暮らしで気になるのはやはり治安のよさについて。参考までに、東京23区の犯罪発生件数と割合を見てみましょう。

犯罪発生数 昼間人口(H27) 流出人口(H27) 犯罪発生率
1位 文京区1,329346,132 58,876 0.33%
2位 千代田区 3,287 853,06811,3560.38%
3位 中央区2,595608,60341,1170.40%
:::::
21位渋谷区5,400539,10948,1150.92%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典: 犯罪発生件数:警視庁犯罪発生状況昼間人口+流出人口:東京都総務局統計

初台駅のある渋谷区は、23区中21位と順位はかなり低め。

ですが、オペラシティ、国立劇場付近は警備員が配置されていたり 、防犯カメラがたくさん設置されていたり、安全面に配慮がなされている印象を受けました。

ただ、夜は人通りが少なくなるため、駅からあまりはなれないほうがよさそうです。

地盤の強さ(地震の揺れ予測)

地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率): 初台駅  (引用元:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が軟らかいほど大きくなります。 地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

初台駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は1.4~1.6。地震ハザード評価は「中程度」となります。

これは、平野部としてはいい方の評価と言えます 。

いい方とは言え、これから見ていくように震度5の揺れに出会う確率は9割以上。地震はいつ起こるかわかりませんので、耐震性の高い物件に住むことは必須ですよ。

初台駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率 99.9%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率 91.6%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率 45.9%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率 7.2%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

このデータは初台駅がある部分のものとなります。

地震の揺れやすさは中程度の初台駅周辺エリアであっても、30年以内に震度5強以上の地震が起こる確率は9割以上です。

・参考記事:地震情報を徹底解説。「地震予測は信頼できる?」「震度5強ってどのくらい怖い?」
・参考記事:【地震対策】消防庁が推奨する耐震つっぱり棒を効果アップさせる方法

震度5強の地震が来ると、固定していない家具が倒れてきたり、棚の中のものが落ちてきたりして大けがをする恐れもあります。

引越しの際は耐震性の高い建物を選ぶだけでなく、家具を突っ張り棒で固定するなど対策を忘れないようにしましょう。

その他の防災情報(洪水・土砂災害・液状化など)

渋谷区の洪水ハザードマップ
洪水ハザードマップ (出典:渋谷区洪水ハザードマップ

黒い丸で囲んだ部分が初台駅周辺のエリアです。浸水予測はほとんどありませんが、一部のエリアで水深0.1~0.5m、0.5m~1mの場所もあります。

なるべく浸水予測エリアは避けたいですが、どうしてもこのエリアに住む場合は、上層階を選ぶようにしましょう。

中心部にあたる渋谷駅周辺は1.0~3.0mであることと比較すると、初台駅の方がやや安心といえます。

そうはいっても油断大敵。万が一洪水が起こっても焦らずにすむよう、避難場所の位置は頭の片隅に入れておくといいでしょう。

ちなみに、初台駅周辺エリアの避難場所は、南口近くの「幡代小学校」です。

駅からも近いので、お散歩がてら場所を確認しておきましょう。

実際に歩いてみてよかった場所、気になった場所

たくさんの人でにぎわうオペラシティの広場
季節ごとにイベントが行われるオペラシティの広場

初台駅は、都会的な雰囲気と下町情緒あふれるあたたかい雰囲気の両方を併せ持つ、素敵な街です。

東口は国立劇場やオペラシティ、オフィスビルが密集していて芸術的でおしゃれな印象があります。一方、南口に出ると昔ながらの飲食店や公園もあって、下町らしさも感じられました。

会社員だけでなく、親子連れも多くみられ、活気のある街という印象を受けました。

20~40代くらいの女性が多く、女性が一人でも安心して暮らせる街です。

この記事では、初台駅周辺で一人暮らしする上で、まず気になるアクセスや治安、災害への強さなどをまとめてみました。参考になりましたでしょうか。

次回は「初台駅の周辺のお店や施設」についてレポートします!

※記事の内容は執筆時点のものになります

街情報カテゴリの最新記事