食費節約は一人暮らしの基本!? 3人に2人が食費を節約

食費節約は一人暮らしの基本!? 3人に2人が食費を節約

なかなか収入も増えないのに消費税だけは増えてしまったこのご時世…。私たちとしては節約するしかありません。

こんにちは。 ランチはお弁当派・カーサミア編集部のアサノです。

周りのみんなはどんな風に節約しているのか…気になりますが、お金の話は面と向かって聞きづらい部分でもありますよね。

そんなちょっと気になることを聞いてみたアンケート調査がありました。10代~20代の一人暮らし女性を対象にした、節約についてのアンケートです。

節約を心がけている人が約9割、その66%が食費を節約

現在、生活の中で節約を心がけていますか?

「節約をしている」と「どちらかといえば節約している」を合計すると、88%。ほぼ9割です。

一人暮らしだと家賃負担も大きいので、節約を意識せざるをえない状況ですよね。

それでは、多くの人が節約しているポイントはどこでしょうか?

節約しているポイントを教えてください

節約ポイントの1位は食費(66%)、続いて電気代(43%)ファッション費(36%)となりました。

逆に節約する人が少ないのは、「医療費」「家賃」など。自分の将来のためにも、医療費は削れませんよね。そして女性の一人暮らしであればセキュリティ面もある程度考えなくてはいけないので、家賃も節約しづらいようです。

カーサミアで以前に募集した家賃と手取りの体験談でも、食費や電気代、洋服代を節約している人が多かったので、このアンケート結果は納得です。

筆者もランチはお弁当・夕飯は家でと、自炊中心の食生活です。食費の節約になりつつ健康にもいいので、もう10年以上この生活です。

しかし中には、食費の節約のために「1日1食にしている」など、極端に食事を減らしている人も、少数ながら見受けられました。

忙しい日々の中で食費を節約しようと思うと、どうしても食事を抜きがちになってしまいます。でも身体のことを考えると、きちんと食事をとりたいもの。カーサミアではカンタンに自炊ができちゃう一人暮らしにおすすめのやりくり食材もご紹介していますので、参考にしてくださいね。

副業(副収入のための活動)を行っている人は15%

副収入のために行っていることはありますか?

副収入を得ている人は、どのような内容で副収入を得ていますか?

それでは、副収入で収入を得るために、どんなことをやっているのでしょう。

多かったのは「休日などでの短期アルバイト」「フリマサービス収益」「アンケートモニター収益」でした。10代~20代の若い世代であれば、休日に短期アルバイトに出る体力もあるのでしょうか。30代の筆者は体力が追い付かないと感じます…。

少数ながら、副収入の手段に「パパ活など」を挙げる人もいました。若いうちに稼ぐ手段ということでしょうか。

しかしパパ活は大きな収入になるかもしれませんが、「ストーカーされた」「ホテルに連れ込まれた」などの危険もあります。初心者でも簡単にできる資産運用もありますので、無理のない安全な方法で収入を増やしてほしいと思います。

節約するなら…併せて読みたいおすすめ記事

※この記事は、 株式会社エイブルホールディングスのアンケート調査のプレスリリースをもとに、記事を再構成してお届けしています。

ニュースカテゴリの最新記事