食費節約に白菜を!まるごと使い切りレシピ【保存法つき】

食費節約に白菜を!まるごと使い切りレシピ【保存法つき】

寒さが身に染みるこの季節は鍋が食べたくなりますね。

鍋と言えば白菜。冬になると値段が下がりますが、白菜を買っても1人暮らしで食べきるのは至難の業だと思っていませんか?

実は白菜レシピはバリエーションが多く、1人でも食べきりやすい食材なのです!

今回はnobi-nonが白菜を使った食費節約レシピをご紹介します。

分量は、女性1人で飽きる前に食べきりやすい量です。いずれも保存のきくメニューなので、当日に食べるだけでなく、翌日以降の夕飯にしたり、お弁当に持って行ったりしてくださいね。

【食費節約】白菜レシピ①白菜と豚肉の重ね蒸し

材料(作りやすい分量)

白菜 1/4個

豚肉薄切り 400g(部位はお好みで)

塩コショウ 少々

顆粒コンソメ 大さじ1

作り方(所要時間20分)

①豚肉に塩コショウで下味をつけます。

②白菜を1枚ずつ流水で洗います。

③白菜の水気を切り、白菜と豚肉が交互になるように重ね、5cm幅に切ります。

この状態で5cm幅に切っていきます。

⑤切った断面が上になるように鍋に敷き詰めます。隙間なくぎゅうぎゅうに詰めるのがポイント!

隙間ができないような鍋のサイズを選ぶのが、美しさのポイント

⑥コンソメをふりかけ、蓋をして弱火にかけます。水分が出るまでは焦げやすいので弱火をキープ!

⑦白菜がしんなりして、豚肉に火が通ったら出来上がり☆

ポイント

当日食べるのもおいしいですが、翌日以降も味がなじんでおいしく食べられます。加熱後の賞味期限は5日ほど。

火を通す前ならそのまま1か月ほど冷凍保存も可能。解凍せずにそのまま加熱すればOK!

電子レンジでの調理も◎。電子レンジの機種にもよりますが、500Wで5分を目安に加熱を。

コンソメの代わりに顆粒だしを使うと和風のおかずに。ポン酢をつけて食べてもおいしいです♪

【食費節約】白菜レシピ②白菜の塩昆布和え

材料(作りやすい分量)

白菜 1~2枚

塩昆布 大さじ1

作り方(所要時間10分~)

①白菜は洗って水気を切り、短冊切りにします。

根元は1cm幅、葉の部分はやわらかいので大きめでOK

②ビニール袋に①の白菜と塩昆布を入れ、よく混ぜます。

塩昆布が全体にいきわたるように

③ビニール袋の空気を抜いて、10分以上冷蔵庫で休ませます。

④白菜から出た水分を絞ってお皿に盛りつけます。

あっという間に完成☆白菜の塩昆布和え

ポイント

塩昆布は商品によって塩分が違うのでお好みで。冷蔵庫で休ませる時間によって、味のなじみ具合も変わります。

賞味期限は3~4日ほど。常温に置いておくと痛みやすいので、食べる量だけ盛り付けて、なるべく冷蔵庫に置いておくと安心です。

白菜の保存はどうする?

白菜は丸ごとの状態なら、涼しいところで1か月ほどもちます。

無理に冷蔵庫に入れなくてもOK。

キッチンペーパーや新聞紙にくるんで、立てた状態で保存しましょう。

丸ごと保存したものを使うときは、外側の葉をはがすように使っていきます。

一方、カットした白菜は傷みやすいのが難点。

芯をカットした後、冷蔵庫で1週間ほどしか持たないので注意。

カットした白菜は冷蔵庫で保存するよりも、かえって冷凍してしまったほうが持ちがよくなります。

一口大にざく切りした白菜をフリーザーバッグにいれて冷凍すれば、1~2か月はOK!

冷凍した白菜は食感が少し変わるので、加熱して食べるのがおすすめです。

調理の際は凍ったままの白菜をそのまま使い、加熱時間を少し長めにしましょう。

白菜を食べ切って節約を!

今回は「白菜と豚肉の重ね蒸し」と「白菜の塩昆布和え」をご紹介しました。どちらも保存がきくので、一度で食べきれなければ、お弁当や翌日以降の夕飯にしても大丈夫です。

カットされたものよりも、丸ごと買った方がお得な白菜。丸ごとの方が日持ちしやすいので、ぜひカットされていない白菜を買ってきてくださいね♪

白菜料理のレシピをもっと読む

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事