新宿駅で女性の一人暮らし情報!アクセス・治安・地震

東京都新宿区と渋谷区にまたがる、乗降客数世界一の「新宿駅」。5社局の路線が乗り入れ、駅の周囲には大きな商業施設が立ち並びます。

新宿は「遊びに行く場所」のイメージがある方も多いと思いますが、一人暮らしをする街として考えた場合、治安や地震の心配はないのでしょうか。

こんにちは。カーサミアライターの山岡です。今回は「新宿で暮らす」という視点から、この駅にスポットを当ててみます。

一人暮らし女性にとって「新宿」の住みやすさ

交通アクセス★★★★★JR・東京メトロ・小田急など、5社局が乗り入れ
治安★★☆☆☆繁華街が広がるのでやや不安
防災/地盤★★★☆☆川沿いはやや注意が必要だが、駅周辺は大丈夫
生活利便性★★★★★何でも揃う利便性の高さ
家賃相場★☆☆☆☆便利な場所だけあって、家賃はとても高い

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

各項目の詳細については、順番に説明していきます。

この記事では新宿での電車のアクセスや駅の使いやすさ、防災・防犯情報などを解説します。新宿に引っ越しを考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

新宿駅の一人暮らし情報①駅情報

新宿は乗降客数世界一の巨大な駅です。

都心への電車アクセス

新宿駅には数多くの路線が乗り入れています。当駅起点の路線も多く、どこへ出かけるときにも不便はありません。

JRだけでも複数路線が利用できるため、東京や渋谷などの雰囲気が異なる街へも気軽に移動できます。 都内主要部なら「どこへ行くにしても乗換なしで行ける」といった感じでしょうか。

また、小田急で箱根、京王で高尾山、JRの特急なら日光や鬼怒川、甲府など、人気お出かけスポットへのアクセスも簡単です。

「新宿」駅の路線情報
・JR山手線
・JR埼京線
・JR湘南新宿ライン
・JR中央快速線
・JR中央各駅停車
・京王線 (始発)
・小田急線 (始発)
・東京メトロ丸の内線
・都営大江戸線
・都営新宿線
駅名所要時間
渋谷直通5分(湘南新宿ライン利用)
東京直通14分(中央快速線利用)
大宮直通31分(湘南新宿ライン利用)
横浜直通30分(湘南新宿ライン利用)

※出典:ジョルダン

新宿駅の使いやすさ

私鉄とJRの乗換も慣れてしまえば簡単ですよ

その複雑さから「迷宮」とも揶揄される新宿駅ですが、慣れてしまえば、乗換利用にも使いやすく便利な駅なんです。

JR内の乗換に使うなら、新南口がおすすめですよ。たとえば、山手線から埼京線に乗換える場合、駅構内の端から端まで歩くことになりますが、通路の幅が広いので移動が簡単。商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」に並ぶショーケースを横目に歩けば、あっという間に着いてしまいます

JRから各私鉄へは、南口を使うと便利です。小田急へは乗換専用改札で直結していますし、京王や都営新宿線、大江戸線への距離もそれほど遠くありません。ただ、東京メトロ丸の内線への乗換だけはちょっと面倒かなと思います。

新宿駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

新宿区の犯罪発生件数・割合

一人暮らしだとまず気になるのは治安です。
ここで東京23区の治安ランキングを見てみましょう。

治安ランキング

犯罪発生数昼間人口(H27)流出人口(H27)犯罪発生率
1位文京区1,329346,13258,8760.33%
2位千代田区3,287853,06811,3560.38%
3位中央区2,595608,60341,1170.40%
16位新宿区6,485775,54965,8720.77%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典: 犯罪発生件数:警視庁犯罪発生状況昼間人口+流出人口:東京都総務局統計

東京23区の犯罪発生割合を比較すると、新宿区は16位。やや低めですが、想像していたよりも悪くないという感じでしょうか。いずれにしても、物件選びでは、周辺の環境やセキュリティをしっかりチェックしたいところです。

新宿には歌舞伎町などの繁華街があるので犯罪発生件数も多くなりがちですが、必要以上に近づかなければ問題ありません。ただ、女性が一人暮らしをするなら、ビジネス街としても知られる西口エリアの方が安心でしょう。

地震・洪水・災害への強

住むなら地震や災害への強さも気になります。
新宿駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りです。

新宿駅周辺の「地震の揺れやすさ」(出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が軟らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

新宿駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は1.4~2.0で地震ハザード評価は「中程度」~「やや高め」の場所となっています。東新宿の一部には揺れやすさが高いエリアがあります。物件を選ぶなら、駅の西側エリアがよさそうです。

また、新宿駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率99.9%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率91.6%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率45.5%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率7.1%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

新宿駅周辺では、30年以内に震度5強以上の地震が起きる確率が9割を越えます。東京都内で暮らすのであれば、地震への対策は必須です。

住まいを選ぶときは、必ず「新耐震基準」の建物を選ぶようにしましょう。

「新耐震基準」(1981年以降)に建てられた建物であれば、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心ですよ。

ほかにも、家具の転倒防止処理をする「防災グッズ」を用意するなどして、地震対策をしておきましょう。

・参考記事:地震情報を徹底解説。「地震予測は信頼できる?」「震度5強ってどのくらい怖い?」
・参考記事:【地震対策】消防庁が推奨する耐震つっぱり棒を効果アップさせる方法

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

新宿区で公開しているハザードマップによると、新宿駅周辺に浸水の危険性はありません。西側の神田川に近づくと少し気になりますが、西新宿駅を超えなければ比較的安心できそうです。物件選びのポイントにしてみてくださいね。

また、いざというときのために非常用持ち出し袋・防災備蓄の準備もしておきましょう。

・参考記事:避難所体験談!非常用持ち出し袋の中身、実際に役立ったものは?
・参考記事:【地震・台風対策】水&食料の防災備蓄、一人暮らしならどれくらい必要?

新宿周辺で、女性の一人暮らしにおすすめの駅

アクセスも便利で、なんでも揃う新宿駅。

治安面の不安はありますが、防災面では問題なさそうです。

けれども新宿駅周辺に住むと考えると、家賃も高いしやっぱりちょっと賑やかすぎる…という方には、こんな駅もおすすめです。

新宿まで5分、小田急線「代々木上原」駅

西武新宿まで5分、西武新宿線「下落合」駅

新宿まで6分、京王線「笹塚」駅

※記事の内容は執筆時点のものになります

街情報カテゴリの最新記事