【アンケート】あなたの「リアル」教えてください♡|>
田端で女性の一人暮らし情報①アクセス・治安・地震

東京都北区の「田端駅」。山手線の中ではあまり目立たない駅ですが、都心の近くでありながらも静かに暮らせる住環境は魅力です。 山手線の一番上、頂点のような位置にありますよ。京浜東北線と山手線の並走区間北端なので、都心部へのアクセスも簡単です。

こんにちは、カーサミアライターの山岡です。今回は、そんな田端駅にスポットを当ててご紹介します。田端エリアで一人暮らしをするとしたら、どんな生活になるのでしょう?

一人暮らし女性にとって「田端」の住みやすさ

交通アクセス★★★★☆山手線で上野や池袋まで乗換なし
治安★★☆☆☆北区全域ではやや不安あり
防災/地盤★★☆☆☆北東側は防災に不安。住むなら西側を選んで。
生活利便性★★★☆☆ 駅ビルがあり便利。ドラッグストアは少ない。
家賃相場★★☆☆☆アクセス良好のため、やや高め

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

各項目の詳細については、順番に説明していきます。

この記事では、田端での電車のアクセスや駅の使いやすさ、防災・防犯情報などの解説です。田端エリアに引っ越しを考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

田端駅の一人暮らし情報①駅情報

田端駅北口。オシャレな店舗が並ぶ駅ビル「アトレヴィ田端 」と直結|イメージ画像:写真AC

都心への電車アクセス

田端駅はJR山手線と京浜東北線の2路線を利用できます。日中は京浜東北線が当駅から浜松町まで快速運転をするので、都心へのアクセスもスムーズです。

山手線の内回りに乗れば、池袋や新宿方面も短時間で乗換なしのアクセスが実現します。通勤やレジャーの拠点にはピッタリの駅といえるでしょう。

「田端」駅の路線情報
・ JR山手線
・ JR京浜東北線 (快速停車駅)
駅名所要時間
上野直通4分(京浜東北線快速利用)
(朝の通勤時間帯 9分)
池袋直通9分(山手線利用)
(朝の通勤時間帯 10分)
東京直通11分( 京浜東北線快速利用 )
(朝の通勤時間帯 17分)
新宿直通17分(山手線利用、池袋駅で湘南新宿ラインに乗換)
(朝の通勤時間帯 18分)

※出典:ジョルダン

田端駅の使いやすさ

田端駅南口には都内とは思えない風情があります

山手線と京浜東北線は同一ホームで乗り換えられるので大変便利。駅の北口にはエスカレーターとエレベーターが設置されているので、荷物が多いときでも安心です。

南口は階段だけしかなく、駅前にはローカルムードが漂っています。駅員も常駐していません。本当に山手線の駅?と疑ってしまうくらいです。

山手線の駅で北口と南口の雰囲気がここまで異なるケースは珍しいですね。女性が一人暮らしをするなら、北口エリアを選ぶ方がいいでしょう。

田端駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

区の犯罪発生件数・割合

一人暮らしだとまず気になるのは治安です。
ここで東京23区の治安ランキングを見てみましょう。

治安ランキング

犯罪発生数昼間人口(H27)流出人口(H27)犯罪発生率
1位文京区1,329346,13258,8760.33%
2位千代田区3,287853,06811,3560.38%
3位中央区2,595608,60341,1170.40%
15位北区3,157329,75391,9790.75%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典: 犯罪発生件数:警視庁犯罪発生状況昼間人口+流出人口:東京都総務局統計

東京23区の犯罪発生割合を比較すると、北区は15位。真ん中よりやや低めのランキングです。数字だけで見ると不安になる方もいるかもしれませんが、これは区全体の件数です。

北区では赤羽エリアでの犯罪発生件数がおおいので、区全体のランキングが低めになっていると思われます。いずれにしても、 物件を選ぶときは周辺の環境やセキュリティに気を配りたいですね。

地震・洪水・災害への強

住むなら地震や災害への強さも気になります。
田端駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りです。

田端駅周辺の「地震の揺れやすさ」(出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が軟らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

田端駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は1.4~2.0で地震ハザード評価は「中程度」~「やや高め」の場所となっています。主に線路の東側は揺れやすさが高めなので、物件を選ぶときには意識してみるといいでしょう。

また、田端駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率99.9%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率91.3%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率43.8%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率6.6%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

地図を見てもわかる通り、駅がある場所は、この地域では比較的揺れにくい地盤です。それでも震度5強以上の揺れに見舞われる確率が9割以上。地図の赤い部分となると、震度6弱以上の揺れがくる確率も上がってくるでしょう。

住まいを選ぶときは、必ず「新耐震基準」の建物を選ぶようにしてください。

「新耐震基準」(1981年以降)に建てられた建物であれば、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心ですよ。

地震に強い建物を選ぶ、家具の転倒防止などの対策を取る、など、地震への備えはしっかり行ってくださいね。

・参考記事:地震情報を徹底解説。「地震予測は信頼できる?」「震度5強ってどのくらい怖い?」
・参考記事:【地震対策】消防庁が推奨する耐震つっぱり棒を効果アップさせる方法

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

避難場所の確認は忘れずに|出典:北区ホームページ:東京都北区洪水ハザードマップ~荒川が氾濫した場合~

北区で公開しているハザードマップ~荒川が氾濫した場合~によると、田端駅の東側は浸水に対する警戒が必要なようです。駅の西側や北側の高台であれば比較的安心できそうですね。

実際に歩いてみてよかった場所、気になった場所

駅の周りは栄えていますが、少し離れると閑静な住宅街が広がります。静かな住環境は魅力なのですが、逆に言えば、駅周辺を離れると店舗が少なくなるので、買い物は駅の利用時に済ませておいた方がいいかもしれません。

坂や階段が多いのも田端の特徴といえます。とくに北側はどこに行くにも坂か階段を利用する必要があるので、ヒールを履いていると歩くのがちょっと大変かもしれません。

今回は、田端駅の利便性について解説しました。次回は田端駅周辺のお店・施設情報をお届けします!

この記事は、あなたのお役に立ちましたか?

カーサミアクラブでは、より良い情報発信のため、ライフスタイルに関するアンケート【謝礼あり】に答えてくれる一人暮らし女性を募集中です。
あなたも記事づくりに参加してみませんか?

※記事の内容は執筆時点のものになります

街情報カテゴリの最新記事