【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

田端で女性の一人暮らし情報③こんな人におすすめ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

田端での暮らしには、どんな方が適しているのでしょうか。東京都北区にある「田端」駅は、山手線と京浜東北線の停車駅なので、都心部へのアクセスはとにかく快適。駅には「アトレヴィ田端」が併設されているので、朝や帰りの買い物もラクラクですよ。

こんにちは。カーサミアライターの山岡です。田端駅の連載第3回目は、「田端はこんな人におすすめ!」という内容でお伝えします。自分のライフスタイルに合うかどうかチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

田端がおすすめなのはこんな人

通勤時間を短縮したい人

山手線のアクセスの良さと、落ち着いた街並が田端の魅力|イメージ画像:写真AC

田端駅は、山手線を使えば東京・品川・池袋・新宿・渋谷など、都心主要駅までほぼ直通。乗換なしで主要駅までいけるので、通勤時間の短縮につながります。

通勤ラッシュ時の乗換はストレスがかかりますよね。地下鉄からJRへの乗換だと、乗換時の移動距離も長めになるので、予想以上に時間がかかることもあります。その点、東京のメイン路線のひとつである山手線に乗れる田端駅は便利です。

さらに埼玉から横浜を結ぶ(大宮~大船の計46駅停車)京浜東北線も使えます。大宮や上野、横浜・桜木町なども直通利用できるので、休日のお出かけにも便利ですよ。

歴史ある緑豊かな街に住みたい人

「田端文士村記念館」は入館無料で気軽に利用できますよ

多くの若い芸術家が住んでいた田端。大正初期には芥川龍之介や室生犀星なども転居してきて、文士村としての側面も見せるようになったそうです。私が田端文士村記念館を訪れたときには芥川龍之介の企画展を開催していましたよ。

このほかにも、さまざまなイベントが企画されているようなので、休日にフラッと立ち寄ってみるのもいいですね。

また、田端駅から西側に歩くと「田端八幡神社」があります。

田端八幡神社。平日日中でも参拝者の姿がちらほらと見受けられました

「田端八幡神社」は、源頼朝が郷土の鎮守とした歴史ある神社です。私が訪れたときも熱心にお参りをしている方がいらっしゃいました。すぐ隣には「東覚寺」もあります。こちらも室町自体の創建という歴史ある寺院。平日の日中でしたが、田端八幡神社も東覚寺も、それなりに訪れている方がいましたよ。

ウォーキングを兼ねて少し遠出をすれば、癒しのスポット「六義園」もあります。

休日は ビルに囲まれた都会の庭園で過ごしてみるのもいいですね|イメージ画像:写真AC

散策するだけでも30分程度はかかる園内は、都心にいることを忘れてしまうほど広大です。桜と紅葉の季節にはライトアップが行なわれるなど、季節に応じた楽しみ方ができますよ。園内には抹茶と和菓子が楽しめる茶屋もあります。

「六義園」 のある駒込駅の情報はこちら

シンプルな暮らしがしたい人

田端駅は、山手線と聞いてイメージするような、お店がたくさんある華やかな駅ではありません。

基本的には駅ビル「アトレヴィ田端」を利用することになります。アトレヴィ田端はコンパクトながら、使い勝手のいい駅ビルです。
スーパー「成城石井」のほかに、パティスリー「ア・ラ・カンパーニュ」、高品質なパンが特徴の「フレーバーフィールド」など、女性に人気のオシャレなお店が並んでいます。

南口には全く店舗がないので、物件を選ぶときには北口エリアから選ぶ方がよいと思います。線路の北東側は防災面で不安があるため、北西側で探せたらベストですね。

山手線の駅なので利便性が高く、それでいて、歴史ある施設や自然も多い田端エリア。「アクセスのいい便利なところに住みたいけど、静かなところで穏やかな生活がしたい」という方に、ピッタリの場所ですよ。

次回は田端駅周辺の「家賃相場・購入相場」をご紹介します!

タイトルとURLをコピーしました