渋谷で女性の一人暮らし情報!アクセス・治安・地震

東京都渋谷区にある「渋谷」駅。多くの路線が乗り入れ、大きな商業施設が立ち並ぶ、東京を代表する街のひとつです。遊びに行く機会は多いエリアですが、生活の拠点にする場合、その暮らしやすさはどうなのでしょうか。

こんにちは。カーサミアライターの山岡です。この記事では、渋谷駅周辺の暮らしやすさや治安、防災情報などを紹介します。

一人暮らし女性にとって「 渋谷」の住みやすさ

交通アクセス★★★★★アクセスの良さは問題なし
治安★☆☆☆☆治安は23区のなかで21位
防災/地盤★★☆☆☆地震リスクは「やや低め~やや高め」、浸水の心配あり
生活利便性★★★★★大型商業施設多数
家賃相場★☆☆☆☆ 家賃はとても高い

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

今回は、交通利便性や治安・防災などを中心に紹介します。渋谷エリアへの引越を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

渋谷駅の一人暮らし情報①アクセス・電車

渋谷駅には山手線をはじめ、多くの路線が乗り入れています |イメージ画像:写真AC

都心への電車アクセス

「渋谷」駅の路線情報
・JR山手線
・JR埼京線(快速・通勤快速停車)
・JR湘南新宿ライン (快速・通勤快速停車)
・京王井の頭線 (始発)
・東急東横線 (始発)
・東急田園都市線 (始発)
・東京メトロ銀座線 (始発)
・東京メトロ半蔵門線 (始発)
・東京メトロ副都心線 (始発)
駅名所要時間
新宿 直通6分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 7分)
池袋直通14分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 12分)
東京20分(東京メトロ銀座線利用、赤坂見附駅で東京メトロ丸の内線に乗換)
(朝の通勤時間帯 19分)
横浜直通25分 (JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 32分)
大宮直通39分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 37分)

※出典:ジョルダン

渋谷駅には多くの路線が乗り入れています。都内主要部への移動で困ることはないでしょう。東急線を利用すれば、二子玉川や自由が丘、横浜といった話題のエリアにも乗換なしで行くことができます。

昨年11月30日から始まった、JRと相模鉄道の相互乗り入れは話題になりましたね。2022年度には東急・相鉄直通線もスタートする予定で、渋谷から新横浜まで乗換なしでアクセスできるようになります。

渋谷駅の使いやすさ

渋谷駅は今でも利用しやすい駅を目指して進化しています |イメージ画像:写真AC

埼京線と湘南新宿ラインのホームは、かなり離れていて不便ですが、2020年には新ホームの運用が開始されて、利便性が向上します。銀座線の利用もやや不便でしたが、2020年の1月から新ホームの運用が始まります。渋谷駅は現在でも進化し続けている駅と言えるでしょう。

東急各線と乗り入れをしている東京メトロ半蔵門線・副都心線は、地下ホームになるのでホームに辿り着くまで時間はかかりますが、それでも新宿駅に比べれば利用しやすいと思います。山手線から東急各線への乗換は、私の足でだいたい2分から3分ほどです。

渋谷駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

渋谷区の犯罪発生件数・割合

犯罪発生割合をもとに、東京23区の治安ランキングを作成しました

治安ランキング

犯罪発生数昼間人口(H27)流出人口(H27)犯罪発生率
1位文京区1,329346,13258,8760.33%
2位千代田区3,287853,06811,3560.38%
3位中央区2,595608,60341,1170.40%
21位 渋谷区5,400539,10948,1150.92%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典: 犯罪発生件数:警視庁犯罪発生状況昼間人口+流出人口:東京都総務局統計

渋谷駅がある渋谷区は、23区中21位と治安はあまり良くありません。駅の南東側は比較的静かなエリアなので、物件選びの際はチェックしてみてください。それでも、周囲の環境やセキュリティなどには気を配りましょう。

地盤の強さ(地震の揺れ予測)

住むなら地震や災害への強さも気になりますよね。

渋谷駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りです。

渋谷駅周辺の「地震の際の揺れやすさ」(引用元:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が軟らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

渋谷駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は1.2~2.0。地震ハザード評価は「やや低め」~「やや高め」になります。ちなみに平野部では「中程度」であれば、いい方と言えます。

また、渋谷駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率100.0%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率97.2%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率64.7%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率15.2%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

「地震の揺れやすさ」がやや低め〜やや高めな渋谷駅周辺、30年以内に震度5強以上の地震が起きる確率はほぼ100%です。

耐震性の高い建物を選んで、家具にもきちんと対策をするようにしましょう。そうすれば震度6弱までなら、怖がらなくても大丈夫です。

住まいを選ぶときは、「新耐震基準」かどうかも確認しましょう。震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心です。

地震対策も防犯対策と同様、簡単にできるものも多くあります。区が推奨している対策なども参考にし、備えるようにしましょう。

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

出典:渋谷区洪水ハザードマップ

浸水時の水の深さは、黄色:0.1m〜0.5m、緑:1.0m〜3.0mです。渋谷駅周辺は浸水予想区域に指定されています。駅から少し離れれば問題ありませんが、いずれにしても近くの避難所と避難所までの経路はチェックしておいてください。

また、いざというときのために非常用持ち出し袋・防災備蓄の準備もしておきましょう。

・参考記事:避難所体験談!非常用持ち出し袋の中身、実際に役立ったものは?
・参考記事:【地震・台風対策】水&食料の防災備蓄、一人暮らしならどれくらい必要?

渋谷周辺で女性の一人暮らしにおすすめの街

渋谷は便利ですが、住むにはちょっと繁華街すぎる…という方におすすめなのがこちらの駅です。

渋谷5分のオシャレな街。
東急田園都市線・世田谷線 「三軒茶屋」駅

治安・防災面でも安心。
サザエさんの街・東急田園都市線「桜新町」

大きな商店街が魅力。 東急目黒線「武蔵小山」駅

学生向けだけじゃない!
お店が多く治安もいい京王線「明大前」駅

※記事の内容は執筆時点のものになります

街情報カテゴリの最新記事