南浦和で女性の一人暮らし情報①アクセス・治安・地震

埼玉県さいたま市にある「南浦和」駅。京浜東北線と武蔵野線の2線が乗り入れていて、その交通利便性の高さが人気の街です。

こんにちは。純喫茶ホットケーキにハマり中のカーサミアライターのセナです。この連載では、南浦和駅周辺のお店や周辺施設のこと・治安・防災情報・家賃相場・購入相場などを調べています。

南浦和駅周辺で一人暮らしを検討中の女性に向けて、暮らしの情報をまとめました。

一人暮らし女性にとって「南浦和」の住みやすさ

交通アクセス★★☆☆☆2線乗り入れ、池袋まで26分
治安★★★★☆23区中7位の江東区とほぼ同じくらい
防災/地盤★☆☆☆☆地盤は弱め、荒川の氾濫に注意
生活利便性★★★☆☆駅周りのお店が充実、百貨店あり
家賃相場★★★★★家賃相場は安い。抑えたい人におすすめ

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

各項目の詳細については、順番に説明していきます。

第1弾では、治安・防災(地震など)を中心に書いていますので、引越を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

南浦和駅の一人暮らし情報①アクセス・電車

南浦和駅は京浜東北線と武蔵野線の2線が乗り入れています。池袋までは26分。

都心への電車アクセス

「南浦和」駅の路線情報
・JR京浜東北線(快速停車駅、時間制限あり)【始発あり】
・JR武蔵野線
駅名 所要時間
池袋 26分 (京浜東北線利用、赤羽駅にて埼京線に乗換)
(朝の通勤時間帯 27分)
新宿31分 (京浜東北線利用、赤羽駅にて埼京線に乗換)
(朝の通勤時間帯 33分)
東京直通33分 (京浜東北線利用)
(朝の通勤時間帯 38分)
渋谷45分  (京浜東北線利用、赤羽駅にて湘南新宿ライン乗換)
(朝の通勤時間帯 39分)

※出典:ジョルダン

南浦和駅は京浜東北線と武蔵野線の2本が乗り入れしています。都心に出る場合は基本的に赤羽で乗り換えて向かう事になります。

京浜東北線は、埼玉〜東京〜神奈川をまたいで通っているので、東京駅まで直通で行けます。

ちなみに、武蔵野線は舞浜駅に停車するので(1時間ほどかかりますが)有名テーマパークに行く時も乗換なしで行けて便利ですよ。

南浦和駅の使いやすさ

南浦和駅の構内図。広くて使いやすいです。

南浦和駅は細長い形をしていて、広さがあります。上から見ると、京浜東北線と武蔵野線が交差しているような形になっています。

出口は西口と東口の2つです。改札出てから出口まで多少距離がありますが、エレベーターもあるので安心。お手洗いは男女ともに大きくて、使い勝手がいいです。

南浦和駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

さいたま市の犯罪発生件数・割合

犯罪発生件数と割合を、東京都23区とさいたま市南区で比較してみました。

    犯罪発生数 昼間人口(H27) 流出人口(H27) 犯罪発生率
1位 文京区 1,329 346,132 58,876 0.33%
2位 千代田区 3,287 853,068 11,356 0.38%
3位 中央区 2,595 608,603 41,117 0.40%
7位 江東区 4,359 608,532 137,949 0.58%
さいたま市南区1,184135,71769,2030.58%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典: 犯罪発生件数:埼玉県警察 犯罪認知件数(平成30年確定値)昼間人口・流出人口:H27年度国勢調査

さいたま市南区の犯罪発生率は、東京23区中7位の江東区と同じくらいです。

治安はそこそこ良い方だと言えます。街行く人も家族連れや学生が多く、のんびりとした雰囲気がありました。

しかし、駅から離れると街灯が少ない場所もあるので、油断は大敵です。一人暮らしを始めるにあたり、防犯グッズの購入や防犯対策はしっかりと行いましょう。

地盤の強さ(地震の揺れ予測)

※2019年12月19日時点の情報です

日本は地震大国なので、地盤の強さも気になります。

南浦和駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りです。

南浦和駅周辺の「地震の際の揺れやすさ」(引用元:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が軟らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

南浦和駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は薄い赤色(1.6〜2.0)と赤色(2.0〜2.5)の場所が混在しています。地震ハザード評価は「やや高め」〜「高め」となります。

さいたま市は広範囲が赤く染まっているので、地震対策はしっかりと行いましょう。

また、南浦和駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率 99.9%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率 94.0%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率 51.6%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率 8.9%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

地震の揺れやすさが「やや高め」〜「高め」な南浦和駅周辺、30年以内に震度5強以上の地震が起きる確率はほぼ100%です。

常日頃から、いつ大地震が来ても慌てないように備えをしましょう。

耐震性の高い建物を選んで、家具の転倒防止などしっかり対策をすれば、震度6弱までなら怖がらなくても大丈夫です。

・参考記事:地震情報を徹底解説。「地震予測は信頼できる?」「震度5強ってどのくらい怖い?」
・参考記事:【地震対策】消防庁が推奨する耐震つっぱり棒を効果アップさせる方法

また、住まいを選ぶときは、「新耐震基準」かどうかも確認しましょう。

震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心です。

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

※2019年12月19日時点の情報です

※出典:さいたま市洪水ハザードマップ((荒川・入間川版)洪水ハザードマップ)

さいたま市南区は荒川と近い場所に位置しているので、氾濫や洪水に関しては注意が必要です。

南浦和駅週辺の、荒川の堤防が決壊したシミュレーション結果に基づいた浸水想定区域は0.5m〜3.0mです。(薄ピンク色のエリア)

もし心配であれば、上記地図で白くなっているエリアで家探しをするといいでしょう。

しかし、広範囲に甚大な被害をもたらした2019年の台風19号の際にも、荒川が氾濫危険水域に到達することはあっても氾濫することはありませんでした。

荒川付近のエリアは、最悪のシチュエーションを想定して最大の整備がされています。異例の事態とも言われた台風19号にも耐えた荒川なので、過剰に心配する必要はないでしょう。

もし避難警報が発令された際には早めの避難を心がけましょう。家の近くの避難所をチェックしておくのも大切です。

また、いざというときのために非常用持ち出し袋・防災備蓄の準備もしておきましょう。

・参考記事:避難所体験談!非常用持ち出し袋の中身、実際に役立ったものは?
・参考記事:【地震・台風対策】水&食料の防災備蓄、一人暮らしならどれくらい必要?

実際に歩いてみて思ったこと

南浦和駅周辺は高い建物がないので、圧迫感がありません。

南浦和周辺は駅周りにお店が充実していて、あとは落ち着いた住宅街が広がっています。街行く人は中高生も多く、ファミリー層が多いのかなと思いました。

京浜東北線と武蔵野線の2線乗り入れていて、どちらも停車駅が埼玉・東京・千葉・神奈川と広範囲なので、アクセス面での利便性も高いと言えます。

治安も良い方ですし、都会の喧騒から少し離れた、どこか安心するような街に住みたい人にはオススメの街です。

次回は「南浦和駅の周辺のお店や施設」についてレポートします!

※記事の内容は執筆時点のものになります

街情報カテゴリの最新記事