鶏胸肉は食費節約の味方!下味冷凍で疲れている日も簡単に

鶏胸肉は食費節約の味方!下味冷凍で疲れている日も簡単に

安さが魅力の鶏胸肉。しかしパサパサして、なかなか美味しく食べるのも難しいんですよね。

そんなお悩みのあなたにおすすめしたいのが、下味をつけて冷凍してしまうこと!下味をつけておくと、あとは焼くだけでOKですし、冷凍すると肉の繊維が壊れて柔らかくなり、一石二鳥なんです♪

今回は、nobi-nonが鶏胸肉の下味冷凍レシピをご紹介します。

疲れて帰ってきた日も、これさえあれば大丈夫!ぜひレシピのレパートリーに加えてくださいね。

【食費節約】鶏胸肉のタンドリーチキン

カレーの香りが食欲を誘うタンドリーチキンは、お家にある材料で作れますよ♪

材料(作りやすい分量)

鶏胸肉 1枚

★プレーンヨーグルト 大さじ3

★カレー粉 大さじ1

★醤油 大さじ1

★ケチャップ 大さじ1

★はちみつ 小さじ2(ヨーグルトに砂糖が入っている場合は不要)

サラダ油 大さじ1

作り方(仕込み時間5分 焼き時間10分)

①密閉袋に★の調味料をすべて入れ、外からもんで混ぜ合わせます。

②鶏胸肉をそぎ切りにし、①に加えてよくもみます。皮はお好みではいでもそのままでもOK。

③冷凍する場合はこの段階で。

④焼く前に解凍させ、サラダ油を熱したフライパンで表面を中火で焼き、蓋をして弱火で中まで火を通します。

ポイント

難しそうなタンドリーチキンですが、実は身近な調味料で簡単に作ることができます。

今回はフライパンで焼く方法をご紹介していますが、オーブンで焼けば油をひかなくてよいのでヘルシーに。その場合は、180度に余熱したオーブンで15~20分焼いてください。途中で焦げるようならアルミホイルをかけてくださいね。

冷凍保存で1か月程、焼いた後は3日ほど食べられます。

【食費節約】鶏胸肉の味噌マヨ炒め

マヨネーズと味噌の濃厚さがたまらない一品。

材料(作りやすい分量)

鶏胸肉 1枚

マヨネーズ 大さじ1

みそ 大さじ1

醤油 小さじ2

作り方(仕込み時間5分 焼き時間10分)

①調味料をすべて密閉容器に入れてよく混ぜます。

②鶏胸肉をそぎ切りにし、①に入れてよくもみます。皮ははいでもはがなくでもOKです。

③冷凍する場合はこの段階で。

④焼く前に解凍させ、中火でフライパンで両面をこんがり焼き、蓋をしてから弱火にし、中まで火を通します。

ポイント

味付けにマヨネーズが入っているため、炒めるときには油は不要です。味噌が焦げやすいので様子を見ながら焼いてくださいね。

冷凍保存で1か月程、焼いた後は3日ほど食べられます。

【食費節約】鶏胸肉のドレッシング炒め

材料(作りやすい分量)

鶏胸肉 1枚

すきなドレッシング 適量

(ノンオイルドレッシングを使用する場合はサラダ油 大さじ1を追加)

作り方(仕込み時間5分 焼き時間10分)

①鶏胸肉は一口大のそぎ切りにし、ビニール袋に入れます。皮ははいでもはがなくてもOKです。

②①にドレッシングを加えます。肉全体的にドレッシングがつかるような量で。

③冷凍する場合はこの段階で。

④肉を解凍し、中火で焼きます。油が入っているドレッシングを使用した場合は、フライパンに油をひかなくてOK。

ポイント

ドレッシングの種類によって味のレパートリーが増えます。フレンチドレッシングでも美味しく食べられますよ。

冷凍保存で1か月程、焼いた後は3日ほど食べられます。

鶏胸肉はセールになりやすい食材。

ただ、パサパサした食感になりがちなため、苦手な食材としている方も多いのではないでしょうか。

休日に味を漬け込んで冷凍しておくことで、パサパサになりにくく、疲れて帰ってきた日も焼くだけで調理できます。

味のバリエーションを増やしておくと、飽きずに食べやすいですよ。

ぜひお試しくださいね。

鶏胸肉のレシピ、こちらもおすすめ!

節約レシピをもっと読む

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事