賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

横浜で女性の一人暮らし情報!アクセス・治安・地震

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

神奈川県横浜市西区にある横浜駅は、JR東日本神奈川県内で乗降客数第1位というターミナル駅です。都心へのアクセスが便利なだけではなく、横浜の街自体にも魅力が溢れています。多くの店舗が並ぶ大型商業施設も少なくありません。

こんにちは、カーサミアライターの山岡です。今回は横浜駅と周辺を紹介します。横浜は人気の街なので、一人暮らしを検討している人も多いと思います。物件を選ぶ前に、今回の記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

一人暮らし女性にとって「横浜」の住みやすさ

交通アクセス★★★★★地元横浜が主要駅という便利さ
治安★★★★☆東京23区中4位の港区に相当、駅前には店や人通りも多い
防災/地盤★☆☆☆☆地震、洪水ともに警戒が必要なエリアあり
生活利便性★★★★★欲しい物はほとんど手に入るすぐれた利便性
家賃相場★★★☆☆都内に比べて、手ごろな価格の物件が多め

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

この記事では横浜のアクセスや駅の使いやすさ、防災・防犯情報などを解説します。横浜エリアに引っ越しを考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

横浜駅の一人暮らし情報①駅情報

JRだけでも多くの路線が乗り入れている利便性の高さが特徴です |イメージ画像:写真AC

都心への電車アクセス

横浜は6社局が乗り入れる交通利便性の高い駅です。都心への移動は、東海道線の利用が早くて快適ですよ。なお、東海道線は「上野東京ライン」として、大宮や宇都宮、高崎方面へも直通しています。

なお、有料特急の1部を含むすべての種別が停車するので、多方面への快適なアクセスが実現します。渋谷や池袋へは、東急東横線を使って行くこともできますよ。みなとみらい線に乗れば、みなとみらい21地区や中華街へも乗換なしで出かけられます。

「横浜」駅の路線情報
・JR東海道線
・JR横須賀線
・JR湘南新宿ライン
・JR京浜東北、根岸線
・JR横浜線
・横浜高速鉄道みなとみらい線
・東急東横線
・相鉄本線(始発)
・京急本線
・横浜市営地下鉄ブルーライン
駅名所要時間
東京直通 25分(JR東海道線利用)
(朝の通勤時間帯 29分)
渋谷直通 28分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 27分)
新宿直通 34分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 33分)
池袋 直通 41分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 39分)
大宮 直通 57分(JR東海道線利用)
(朝の通勤時間帯 63分)

※出典:ジョルダン

横浜駅の使いやすさ

各路線間の乗換はやや不便です |イメージ画像:写真AC

京急とJRの乗換は簡単ですが、横浜市営地下鉄や東急、みなとみらい線との乗換は移動距離が長く、けっこう歩きます。時間を問わず人が多いので、人混みを避けて歩くのもなかなか大変です。

駅構内の各所にはエスカレーターがありますが、面白いのは、そのほとんどが「高速」運転をしているということ。私がよく利用する「みなとみらい」駅も高速運転を実施しているので、横浜エリア全体がそうなのかもしれません。

スポンサーリンク

横浜駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

横浜市西区の犯罪発生件数・割合

一人暮らしだとまず気になるのは治安です。
ここでは、東京23区の治安ランキングと横浜市西区の治安を比べてみます。

治安ランキング

犯罪発生数昼間人口(H27)流出人口(H27)犯罪発生率
1位文京区1,329346,13258,8760.33%
2位千代田区3,287853,06811,3560.38%
3位中央区2,595608,60341,1170.40%
横浜市西区900183,315 33,9760.41%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典:犯罪発生件数:神奈川県警察 刑法犯認知件数(平成30年確定値)昼間人口・流出人口:H27年度国勢調査

横浜市西区の犯罪発生割合は0.41%。 東京23区で4位の港区と同じレベルなので、治安はかなり良い方といえるでしょう。それでも深夜の一人歩きや、西口の繁華街に行くときは注意してください。

地震・洪水・災害への強さ

住むなら地震や災害への強さも気になります。
横浜駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りです。

横浜駅周辺の「地震の揺れやすさ」(出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が柔らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

横浜駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は1.4~2.5で、地震ハザード評価は「中程度」~「高め」の場所となっています。駅周辺は「高め」です。

また、横浜駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率99.9%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率92.3%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率50.9%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率9.3%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

横浜駅周辺では、30年以内に震度5強以上の地震が起きる確率が9割を越えます。横浜駅周辺で暮らすのであれば、地震への対策は必須です。

住まいを選ぶときは、必ず「新耐震基準」の建物を選ぶようにしましょう。

「新耐震基準」(1981年以降)に建てられた建物であれば、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心できますよ。

ほかにも、家具の転倒防止処理をする、防災グッズを用意しておくなど、自分でもできる地震対策を考えておくようにしましょう。

地震と対策について、もっと詳しく
防災士「地震の備え、一人暮らし女性はコレをして!」効率的な対策とは
日本は災害が多い国のため、いつどこで災害に遭うかわかりません。そのため、頼れる家族や友人が直ぐ側にいない一人暮らしの場合、災害時に自分の身を自分で守るためにも、特に災害への備えは欠かせません。今回は、防災士という防災系の資格保有者である私が、「一人暮らしの効率的な地震対策」に関して紹介します。まず始めるべき地震対策をステップごとに紹介していくので、地震対策をまだ行っていない方はぜひ順番に対策を始めてみてください。ステップ1・非常用持ち出し袋の準備:まずは、被災した際に必要なものをすぐに持って逃げられるよう、日用品・食料・飲料水・防災グッズなどをリュックやナップサックに詰めて、「非常用持ち出し袋」の準備をしましょう。ステップ2・防災備蓄の準備:避難時に持ち出す非常用持ち出し袋だけでなく、在宅避難や長期避難することを想定し自宅に防災備蓄を備えておく必要もあります。防災備蓄とは、自宅に食料品や生活必需品を備えておくことです。ステップ3・避難場所・経路の確認:次に、自宅周辺の避難場所やそこまで避難するための安全な経路を確認しましょう。避難所の確認は、ハザードマップ・各自治体のHPや以下のようなサイトから確認できます。いつでもすぐに確認ができるよう、ブックマークしておくのがおすすめです。ステップ4・家具の固定:地震対策として、自宅の家具を固定し、転倒防止を行うことも重要です。もし、家具転倒防止対策を行っていなかった場合、地震の影響で家具が倒れてしまい閉じ込められてしまったり、最悪の場合は家具の下敷きになってしまい命が脅かされてしまったりする可能性もあります。ステップ5・家族との安否確認方法の確認:災害時の安否確認のとり方を、事前に家族と確認しておきましょう。災害発生直後は、音声通話が集中するため電波が繋がりにくくなり、緊急を要する人が消防や警察へ連絡できなくなる可能性があります。そのため家族との連絡手段には通話は利用せず、パケット通信を利用した「メール・SNS・通話アプリ」などを用いることが推奨されています。ステップ6・近所の人と交流を持つ:一人暮らしで両親と離れて暮らしていたり周辺に友人がいなかったりする場合、災害時に孤立してしまう危険性があります。近所の人と挨拶だけでもいいので普段から交流を持ち、顔見知りになっておくことも大切です。特に一人暮らしの場合は、災害時に自分一人で行動しなければいけません。いざというときに一人でもスムーズに安全な行動や対策が取れるよう、事前の地震対策をしっかり行ってくださいね。
賃貸OKの地震対策。壁を傷つけない家具転倒防止5選【防災士おすすめ】
賃貸では、家具転倒防止対策の際に壁にネジ止めができませんよね。また、床や天井などをできるだけ傷をつけたくないため、家具転倒防止対策が難しいという方も少なくないでしょう。今回は、防災士という防災系の資格保有者である私が、「賃貸の家具転倒防止対策」に関して紹介します。家具転倒防止器具の中には賃貸でも利用可能なものも複数あります。まだ、賃貸で地震対策ができていないという方はぜひ参考にしてみてください。まずは賃貸でもできる家具転倒防止対策を5選紹介していきます。1.突っ張りポール式で家具を固定する:天井と家具の間に伸縮可能な突っ張り棒を設置して転倒を防止する器具です。タンスや棚など大きめの家具や、冷蔵庫など奥行きがあり天井との距離が近いものの転倒防止に最適です。2.ベルト式で家具を固定する:賃貸で使うなら、家具と壁を粘着テープのついたベルトで固定し、連結して転倒を防止するタイプのものがよいでしょう。本棚などの家具や、テレビ・冷蔵庫・洗濯機など穴を開けられない電化製品などの固定に適しています。また、天井の強度が弱いなどの事情でポール式が利用できない場合にも最適です。3.壁に吸着させて家具を固定する:壁と家具の間に貼ることで地震の揺れを吸収し、転倒を防止する器具です。家具の上部に設置するだけでなく、側面にも取り付けが可能です。家具の高さが足りずポール式が利用できない場合や、テレビ台のように背面が空いている家具にも利用でき、便利です。4.耐震ストッパー・耐震マットを家具の下に敷く:耐震ストッパーは、家具の前下部に挟み込み、家具を壁側に傾斜させて転倒を防止する器具です。背の高い家具の場合、単体で使用しても効果が小さいため、突っ張りポールなど他の器具とあわせて利用しましょう。耐震マットは、家具の底面と床面を粘着性のゲル状のマットで接着させて転倒を防止する器具です。大きな家具の固定には向いておらず、小さい家具や家電の固定に適しています。5.突っ張り式の収納ボックスを設置する:天井と家具の間を埋めてくれる、突っ張り式の収納ボックスというものもあります。地震対策と収納が同時に行えるため大変便利です。より広い面で固定できるため、高い効果が期待できます。家具の転倒防止対策を行うだけでなく、落下防止や移動防止も行うことでより地震対策が行なえます。賃貸で壁を傷つけられないからといって、地震対策ができないわけではありません。壁を傷つけずに、一人暮らしの女性でも簡単に取り付けられる家具転倒防止器具がありますので、ぜひまだ対策ができていない人は始めてみてください。
地震が来たとき、とるべき行動
「地震のとき机の下に隠れる」は正解?防災士ならこうします!
子どもの頃、避難訓練の際に「机の下に隠れる」と習った方がほとんどでしょう。そのため、地震の際には机の下に隠れるのが正解だと思っている方が多いと思います。しかし、本当に正しい行動なのでしょうか?今回は、防災士という防災系の資格保有者である私が、「地震のとき机の下に隠れるは正解?」という疑問にお答えします。「地震のとき机の下に隠れる」という対策は、身を守るための行動として間違ったものではありませんが、地震の強さや自身がおかれている状況によっては適切な行動ではない場合があります。◆「玄関などの安全ゾーンへ退避」が原則:地震の際は、机の下に隠れるのではなく「安全ゾーン」へ退避することが原則です。安全ゾーンとは、家具の転倒・落下物・ガラスの飛散などの心配がなく、閉じ込められない場所のことを指します。自宅の中では、「玄関」が安全ゾーンの条件に当てはまりやすく、構造上頑丈であることや、ドアを開ければすぐに外への避難経路が確保できることから、地震時に比較的安全な場所とされています。◆「机の下に隠れる」のが適切な場合:安全ゾーンへ退避する余裕がないなど、身を守る方法がない場合は机の下に隠れるしかありません。または、学校などの耐震性の高い建物にいる場合は、机の下に隠れる行動が適切です。机の下に隠れる際には、揺れがおさまるまで机の脚にしっかりつかまりましょう。また、揺れがおさまったらドアや窓を開けて、閉じ込められないように避難経路を確保してください。◆「建物の外へ逃げる」のが適切な場合:強い地震の場合、机の下に隠れたとしても机ごと飛ばされたり、固定されていない机の場合はぶつかって怪我をしたりとかえって危険な場合があります。また、古い木造家屋などの耐震性のない建物の場合、倒壊したり天井が崩れたりして閉じ込められる可能性も。一刻を争う事態の場合、素早く外に避難することが大切ですが、外へ避難する際には上からの落下物に注意を払いながら避難しましょう。また、ヘルメットなどを着用し頑丈なもので頭を守ることも大切です。◆日頃から行える地震対策 (1)安全ゾーンや避難経路の確保:地震時に必ずしも最も適切な安全ゾーンである玄関に退避できるとは限りませんよね。そのため、家具を設置しないなど物を何も置かない空間を作り、玄関以外の安全ゾーンを作っておくことも大切です。(2)家具の転倒防止やガラスの飛散対策を行う:地震の際に、家具が転倒したりガラスが割れて飛散してしまったりと、身動きが取れず逃げられないという状態も考えられます。そうならないためにも、家具の転倒防止やガラスの飛散対策を日頃から行っておきましょう。(3)耐震性のあるマンション・アパートに引っ越す:今後引っ越し予定がある場合は、震度5強程度の地震では建物に損傷が出ないとされている「新耐震基準」に適合したマンション・アパートに引っ越しましょう。
地震でドアが開かない!?非常時の対処方法と、閉じ込め予防策【防災士が解説】
室内で地震に遭遇した場合、ときにはドアが開かず閉じ込められてしまう場合もあるでしょう。気象庁の地震の震度解説によると、震度6弱で「ドアが開かなくなることがある」とされています。災害の影響により、自宅などの室内に閉じ込められてしまった場合、どうすればいいのかわからないですよね。そこで、今回は地震でドアが開かない場合の対策を複数紹介します。ドアが開かない場合、まずは窓やバルコニーなど、ドア以外の脱出経路を探しましょう。地震の影響で窓ガラスが割れる場合もあるため、揺れが完全に収まり安全が確保できた状態で脱出経路を確保することが重要です。マンションの1階に住んでいる場合は、窓またはバルコニーからそのまま避難してください。2階以上の場合は、避難ハッチや蹴破り戸などの避難経路が設けられているならバルコニーを利用しましょう。避難ハッチがある場合は下の階まではしごで降ります。また、蹴破り戸しかない場合は、蹴破って隣の家から避難してください。蹴破り戸を破る際には、危険がないように靴を履いて実行しましょう。もし、ドア以外から脱出できない場合は、救助を待つことが次善の選択になります。大声を出して助けを求めると体力が削られてしまうため、防災用ホイッスルを用いて助けを求めましょう。またホイッスルがない場合は、ドア・壁・床などを堅いもので叩いて周囲に助けを求めるといった方法や、携帯など音の出るもので助けを求める方法もありますね。しかし、火災や津波が迫っている場合など、救助を待てない状況も考えられます。いざというときはドアをこじ開ける必要があります。バールを使う方法や、代わりになりそうな道具を使う方法が考えられます。しかし、歪んだドアを開けるためには何十キロと力が必要になることもあります。ドアの歪みが酷い場合は、時には何百キロという力が必要になることも。そのため、ドアの歪みが大きい場合、ドアをこじ開けられる道具があったとしても、女性に限らず自分ひとりの力ではどうしようもないこともあります。ですので、閉じ込められないための対策を考えておくことが必要です。地震で閉じ込められるというリスクを下げるために、次のような対策を事前に行いましょう。(1)耐震性のある家に住む:地震で閉じ込められない一番の対策として、耐震性のある家に住んでおくことが挙げられます。また、耐震仕様のドアが取り付けられている場合、閉じ込められる確率がさらに低くなるでしょう。(2)地震の揺れが収まったらすぐに避難経路を確保する:地震が来たらまずは、ドアを開けて避難経路を確保することを覚えておきましょう。始めはドアが開けられる状態でも、地震の影響で徐々に歪みが生じ、あとからドアが開かなくなる可能性もあります。そのため、一度開けたドアは必ず閉じないように気をつけてくださいね。(3)室内のドアは普段から開けておく(4)ドアの周辺には物を置かない(5)地域住民との関係性を築いておく いざというときに冷静に行動するためにも、脱出方法をしっかり知識として覚え、なにより閉じ込められないために耐震性の高い家を選びましょう。

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

防災グッズの準備や避難場所の確認は忘れずに|出典: 横浜市 洪水ハザードマップ(西区) より抜粋

横浜市で公開している「洪水ハザードマップ(西区)」によると、横浜駅の西南エリアが洪水浸水想定区域に指定されています。物件を選ぶときには西南エリアを避けるか、高層階を選ぶようにしたいところです。

また、いざというときのために非常用持ち出し袋・防災備蓄の準備もしておきましょう。

非常用持ち出し袋・防災備蓄について、もっと詳しく

スポンサーリンク

横浜へのアクセスが便利で、女性の一人暮らしにおすすめの街

横浜も使うけれど、東京都内に出ることも多い…という方にはこちらの駅もおすすめです。

東京や品川にもアクセス便利。
JR京浜東北・根岸線、東急 池上線・多摩川線 「蒲田」駅

横浜直通、池袋の隣街。
東京メトロ副都心線 「雑司が谷」駅

タイトルとURLをコピーしました