横浜で女性の一人暮らし情報!アクセス・治安・地震

神奈川県横浜市西区にある横浜駅は、JR東日本神奈川県内で乗降客数第1位というターミナル駅です。都心へのアクセスが便利なだけではなく、横浜の街自体にも魅力が溢れています。多くの店舗が並ぶ大型商業施設も少なくありません。

こんにちは、カーサミアライターの山岡です。今回は横浜駅と周辺を紹介します。横浜は人気の街なので、一人暮らしを検討している人も多いと思います。物件を選ぶ前に、今回の記事を参考にしてくださいね。

一人暮らし女性にとって「横浜」の住みやすさ

交通アクセス★★★★★地元横浜が主要駅という便利さ
治安★★★★☆東京23区中4位の港区に相当、駅前には店や人通りも多い
防災/地盤★☆☆☆☆地震、洪水ともに警戒が必要なエリアあり
生活利便性★★★★★欲しい物はほとんど手に入るすぐれた利便性
家賃相場★★★☆☆都内に比べて、手ごろな価格の物件が多め

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

この記事では横浜のアクセスや駅の使いやすさ、防災・防犯情報などを解説します。横浜エリアに引っ越しを考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

横浜駅の一人暮らし情報①駅情報

JRだけでも多くの路線が乗り入れている利便性の高さが特徴です |イメージ画像:写真AC

都心への電車アクセス

横浜は6社局が乗り入れる交通利便性の高い駅です。都心への移動は、東海道線の利用が早くて快適ですよ。なお、東海道線は「上野東京ライン」として、大宮や宇都宮、高崎方面へも直通しています。

なお、有料特急の1部を含むすべての種別が停車するので、多方面への快適なアクセスが実現します。渋谷や池袋へは、東急東横線を使って行くこともできますよ。みなとみらい線に乗れば、みなとみらい21地区や中華街へも乗換なしで出かけられます。

「横浜」駅の路線情報
・JR東海道線
・JR横須賀線
・JR湘南新宿ライン
・JR京浜東北、根岸線
・JR横浜線
・横浜高速鉄道みなとみらい線
・東急東横線
・相鉄本線(始発)
・京急本線
・横浜市営地下鉄ブルーライン
駅名所要時間
東京直通 25分(JR東海道線利用)
(朝の通勤時間帯 29分)
渋谷直通 28分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 27分)
新宿直通 34分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 33分)
池袋 直通 41分(JR湘南新宿ライン利用)
(朝の通勤時間帯 39分)
大宮 直通 57分(JR東海道線利用)
(朝の通勤時間帯 63分)

※出典:ジョルダン

横浜駅の使いやすさ

各路線間の乗換はやや不便です |イメージ画像:写真AC

京急とJRの乗換は簡単ですが、横浜市営地下鉄や東急、みなとみらい線との乗換は移動距離が長く、けっこう歩きます。時間を問わず人が多いので、人混みを避けて歩くのもなかなか大変です。

駅構内の各所にはエスカレーターがありますが、面白いのは、そのほとんどが「高速」運転をしているということ。私がよく利用する「みなとみらい」駅も高速運転を実施しているので、横浜エリア全体がそうなのかもしれません。

横浜駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

横浜市西区の犯罪発生件数・割合

一人暮らしだとまず気になるのは治安です。
ここでは、東京23区の治安ランキングと横浜市西区の治安を比べてみます。

治安ランキング

犯罪発生数昼間人口(H27)流出人口(H27)犯罪発生率
1位文京区1,329346,13258,8760.33%
2位千代田区3,287853,06811,3560.38%
3位中央区2,595608,60341,1170.40%
横浜市西区900183,315 33,976 0.41%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典:犯罪発生件数:神奈川県警察 刑法犯認知件数(平成30年確定値)昼間人口・流出人口:H27年度国勢調査

横浜市西区の犯罪発生割合は0.41%。 東京23区で4位の港区と同じレベルなので、治安はかなり良い方といえるでしょう。それでも深夜の一人歩きや、西口の繁華街に行くときは注意してください。

地震・洪水・災害への強

住むなら地震や災害への強さも気になります。
横浜駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りです。

横浜駅周辺の「地震の揺れやすさ」(出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が柔らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

横浜駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は1.4~2.5で、地震ハザード評価は「中程度」~「高め」の場所となっています。駅周辺は「高め」です。

また、横浜駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率99.9%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率92.3%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率50.9%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率9.3%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

横浜駅周辺では、30年以内に震度5強以上の地震が起きる確率が9割を越えます。横浜駅周辺で暮らすのであれば、地震への対策は必須です。

住まいを選ぶときは、必ず「新耐震基準」の建物を選ぶようにしましょう。

「新耐震基準」(1981年以降)に建てられた建物であれば、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心できますよ。

ほかにも、家具の転倒防止処理をする、防災グッズを用意しておくなど、自分でもできる地震対策を考えておくようにしましょう。

・参考記事:地震情報を徹底解説。「地震予測は信頼できる?」「震度5強ってどのくらい怖い?」
・参考記事:【地震対策】消防庁が推奨する耐震つっぱり棒を効果アップさせる方法

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

防災グッズの準備や避難場所の確認は忘れずに|出典: 横浜市 洪水ハザードマップ(西区) より抜粋

横浜市で公開している「洪水ハザードマップ(西区)」によると、横浜駅の西南エリアが洪水浸水想定区域に指定されています。物件を選ぶときには西南エリアを避けるか、高層階を選ぶようにしたいところです。

また、いざというときのために非常用持ち出し袋・防災備蓄の準備もしておきましょう。

・参考記事:避難所体験談!非常用持ち出し袋の中身、実際に役立ったものは?
・参考記事:【地震・台風対策】水&食料の防災備蓄、一人暮らしならどれくらい必要?

横浜へのアクセスが便利で、女性の一人暮らしにおすすめの街

横浜も使うけれど、東京都内に出ることも多い…という方にはこちらの駅もおすすめです。

東京や品川にもアクセス便利。
JR京浜東北・根岸線、東急 池上線・多摩川線 「蒲田」駅

横浜直通、池袋の隣街。
東京メトロ副都心線 「雑司が谷」駅

※記事の内容は執筆時点のものになります

街情報カテゴリの最新記事