さつまいもで食費節約!おやつやジャムも自分で作ろう

さつまいもで食費節約!おやつやジャムも自分で作ろう

「食費を節約しなきゃな~」と思いつつ、おやつを我慢するのはツライですよね。

そんなあなたにオススメなのが、おやつを手作りすること!

おやつ作りって大変なイメージがありますが、レシピによってはすごくお手軽にできるんですよ♪

こんにちは!nobi-nonです。

今回は、さつまいもを使ったおやつを2品とジャム1品をご紹介します。

特にさつまいものジャムは、濃厚でやみつきになりますよ!ぜひおためしくださいね♪

【食費節約】さつまいものケーキ

※ お使いの炊飯器によっては、炊飯以外の用途に対応していないものもあります。必ず事前に取扱説明書を確認してから、お試しください。

ぐるぐる混ぜたら、あとは炊飯器におまかせの簡単ケーキ

材料(作りやすい分量)

さつまいも 1本(200g)

★卵 1個

★牛乳 140ml

★サラダ油 大さじ1

ホットケーキミックス 200g

作り方(作業時間10分、焼き時間30分~)

①さつまいもは皮をむいて3cmほどの角切りにし、水に5分ほどさらします。

②★をボウルに入れてよく混ぜ、均一になったらホットケーキミックスを入れてさらに混ぜます。

③①のさつまいもの水気をよく切り、②に加えて3回ほど下から大きく混ぜます。

④③の生地を炊飯釜に入れて炊飯器にセットし、炊飯します。

⑤炊飯が終わったら真ん中に竹串をさし、生の状態の生地がついてこなくなれば完成です。中が生の場合は、追加で炊飯を繰り返してください。

ポイント

難しいイメージの焼き菓子。

だけどホットケーキミックスと炊飯器を使えば、とっても簡単に作ることができますよ♪

焼き時間は、炊飯器の機種によって大きく異なります。

必ず竹串をさして、中まで火が通っているか確認してください。

高性能な炊飯器には、ケーキモードがついているので、そちらを活用しても◎。

もしお釜に接している部分が焼けすぎて硬くなってしまったら、熱いうちにシロップを表面に塗れば解決♪

シロップは同量の水と砂糖を合わせて、レンジで30秒加熱したら完成です。

お好みで、ブランデーなどの洋酒を加えてもいいですね。

さつまいもケーキは、焼きあがったら翌日まで寝かせておくと、全体がなじんでよりおいしくなります♪

賞味期限は、冷蔵庫保存で3日ほど。冷凍も可能です。

冷凍する際は、粗熱をとってから1人分ずつカットし、ラップでぴっちり包んで。

解凍は電子レンジで温めるか、自然解凍で。

【食費節約】さつまいももち

もちもち食感がたまらない!食べすぎに注意

材料(作りやすい分量)

さつまいも 1本(約200g)

★片栗粉 大さじ4

★砂糖 大さじ1

★牛乳 大さじ1(低脂肪乳、豆乳でもOK)

バター 大さじ1

●しょうゆ 大さじ2

●みりん 大さじ1

●砂糖 大さじ1

作り方(所要時間25分)

①さつまいもは皮をむいて輪切りにし、5分ほど水にさらします。

②さつまいもの水気を切り、さつまいもが柔らかくなるまで火を通します。加熱は下記の3パターンから、ご自身の作りやすい方法を選んで行ってください。いずれも、5分おきにさつまいもの状態を確認するようにしましょう。

 1. 蒸し器で蒸す

 2. お鍋で水からゆでる

 3. 耐熱容器にさつまいもを並べ、ラップをして500~600Wの電子レンジで加熱する

③さつまいもが柔らかくなったらボウルに移し、マッシャーやフォークで細かくつぶします。

④③に★の材料を加え、均一に混ぜ合わせます。これで生地は完成です。

⑤生地を手で成形し、バターを溶かしたフライパンで表面に焼き色がつくまで焼きます。両面焼きあがったら、お皿に盛りつけてください。

⑥フライパンに残ったバターをキッチンペーパーで拭いたら、●の調味料を入れて火にかけ、とろみがつくまで加熱します。

⑦⑤に⑥をかけて完成です。

ポイント

北海道の郷土料理「いももち」を、さつまいもで作りました。

さつまいもの代わりに、じゃがいもやかぼちゃで作ってもおいしいですよ♪

さつまいもの火の通し方は3通りご紹介しましたが、特におすすめなのが蒸し器で蒸すこと!

さつまいもの甘みがグンと増しますよ。

賞味期限は冷蔵庫保存で3日ほど。さつまいもをしっかりつぶしているので、冷凍保存も可能です。

冷凍する場合は、保存容器に1食分ずつ、タレごと入れて保存しましょう。1か月ほどおいしく食べられます。

解凍は電子レンジで温めを。

【食費節約】さつまいもの濃厚ジャム

濃厚なさつまいもジャムで優雅なブランチを♪

材料(作りやすい分量)

さつまいも 1本(約200g)

★水 1カップ(200ml)

★砂糖 大さじ4

●バター 大さじ3

●レモン汁 小さじ1(なくても可)

作り方(所要時間25分)

①さつまいもは皮をむいてサイコロ状に切り、5分ほど水にさらします。

②さつまいもの水気を切り、★の材料と一緒に鍋に入れ、火にかけます。

③さつまいもが柔らかくなったら、●の材料を加え、マッシャーでつぶして完成です。(マッシャーがない場合は以下のポイントを参照)

ポイント

お店ではなかなか見かけない「さつまいものジャム」。さつまいもの優しい甘さに癒される一品です。

ご自宅にマッシャーがない場合は、材料をすべて鍋に入れた後、熱いうちに密閉保存袋に移し、上からめん棒を転がしてつぶせばOK。このまま1か月冷凍保存も可能です。

冷凍する際は、下の画像を参考に菜箸で境目を作っておくと、食べたい時にパキパキ割って、1回分ずつ食べられますよ♪

冷凍保存する場合は、境目をつけておくと便利

もちろん冷蔵保存もOK。煮沸消毒したビンに詰めれば、2週間ほど食べられます。ビンを消毒しない場合は、2~3日で食べ切ってくださいね。

さつまいもは上手に保存して食費を節約しよう

さつまいもは日持ちしやすい食材。

新聞紙やキッチンペーパーにくるんで冷暗所においておけば、1か月ほど持ちます(夏場は冷蔵庫で保存を)。

いくら食費を節約したいと思っても、甘いものを我慢するのはツライですよね。

しかし、お菓子も手作りすることで、食費節約が叶います◎

ぜひおためしくださいね♪

節約レシピをもっと読む

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事