【アンケート】あなたの「リアル」教えてください♡|>
元住吉で女性の一人暮らし情報①アクセス・治安・地震

神奈川県川崎市中原区にある「元住吉」駅。東急東横線と目黒線の駅で、駅前からは活気ある商店街が続きます。東京都心部や横浜方面へのアクセスも良く、女性の一人暮らしにもおすすめのエリアです。

こんにちは。カーサミアライターの山岡です。今回は、元住吉駅周辺のお店や治安、防災情報などをご紹介します。

元住吉エリア周辺で一人暮らしを検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

一人暮らし女性にとって「元住吉」の住みやすさ

交通アクセス ★★★☆☆ 2路線利用できてアクセス便利
治安★★★★★治安は良好
防災/地盤 ★☆☆☆☆ 地震・洪水ともに心配
生活利便性★★★☆☆駅周辺には買い物しやすい商店街がある
家賃相場★★★☆☆1Kのアパートとマンションは比較的安め

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

各項目の詳細については、順番に説明していきます。第1弾では、駅の使いやすさや治安・防災などを中心にご紹介します。

元住吉駅の一人暮らし情報①アクセス・電車

東急線は都心部へ直結しているので交通利便性にすぐれています。

都心への電車アクセス

「元住吉」駅の路線情報
・東急東横線
・東急目黒線
駅名所要時間
横浜16分(東横線利用)
(朝の通勤時間帯 18分)
渋谷20分(東横線利用)
(朝の通勤時間帯 24分)
新宿三丁目29分 (東横線利用)
(朝の通勤時間帯 30分)
大手町41分 (目黒線利用)

※出典:ジョルダン

元住吉駅には東急東横線と目黒線の2路線が通っています。副都心線と乗り入れている東横線を利用すれば、新宿や池袋へ直通で行けます。都営三田線と東京メトロ南北線に乗り入れている目黒線を使えば、永田町や大手町へのダイレクトアクセスが可能です。

元住吉には各停しか停まりませんが、東横線と目黒線は日吉~田園調布間で並走しているので、それほど不便には感じないでしょう。最初に来た電車に乗って隣駅の武蔵小杉まで行けば、スムーズに急行や特急に乗り換えることもできます。

並走区間は同じホームに停まるので、駅構内を移動する必要はありません。渋谷や目黒で大移動をしなくても都心へ行けるのは楽ですよね。

元住吉駅の使いやすさ

元住吉駅には、西口と東口があります。どちらを利用しても改札口は同じです。なお、元住吉駅では「ワイド改札口」を採用しているので、スムーズに入退場できますよ。

駅ビルのような大型商業施設はありませんが、改札の横には出退勤時などに使えるローソンがあります。

ホームは2面4線のシンプルなタイプ。ホームドアがあるので歩きやすいです。各ホームにはエレベーターとエスカレーターのほか、通貨電車を待つ時間に利用できる待合室が完備されています。

元住吉駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

神奈川県川崎市中原区の犯罪発生件数・割合

犯罪発生割合をもとに、東京23区の治安ランキングと比較してみました。

  犯罪発生数昼間人口(H27)流出人口(H27)犯罪発生率
1位文京区1,329346,13258,8760.33%
2位千代田区3,287853,06811,3560.38%
3位中央区2,595608,60341,1170.40%
中原区1,198211,64496,7990.39%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典:犯罪発生件数:神奈川県警察 刑法犯認知件数(平成30年確定値)昼間人口・流出人口:H27年度国勢調査

元住吉駅がある中原区の犯罪発生率は0.39%。東京23区なら3位前後になるので、治安はよい方といえます。

実際に歩いていても、不安を感じることはありませんでした。西口、東口のどちら側も商店街に直結しているので、安心して歩くことができるでしょう。ただし、深夜帯などの女性のひとり歩きは、念のため警戒する必要はあります。

地盤の強さ(地震の揺れ予測)

※2020年1月22日時点の情報です

住むなら地震や災害への強さも気になりますよね。

元住吉駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りです。

元住吉駅周辺の「地震の際の揺れやすさ」(引用元:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が軟らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

元住吉駅周辺の「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は1.6~2.5。地震ハザード評価は「やや高め」~「高め」になります。ちなみに平野部では「中程度」であればいい方と言えます。

また、元住吉駅周辺で今後30年以内に、以下の強さの「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率100.0%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率99.5%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率84.7%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率33.9%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

元住吉駅周辺で30年以内に震度5強以上の地震が起きる確率はほぼ100%です。

耐震性の高い建物を選んで、家具にもきちんと対策をするようにしましょう。そうすれば震度6弱までなら怖がらなくても大丈夫です。
とはいえ、6強以上の地震が来る確率も33%以上あります住むときは十分に警戒しておきましょう。

住まいを選ぶときは、「新耐震基準」かどうかを必ず確認しましょう。震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心です。

引っ越しは地震対策を見直すにはぴったりの機会です。家電屋さんにも地震対策グッズが売っているので、家具家電を揃える際に一緒に準備しましょう。

・参考記事:地震情報を徹底解説。「地震予測は信頼できる?」「震度5強ってどのくらい怖い?」
・参考記事:【地震対策】消防庁が推奨する耐震つっぱり棒を効果アップさせる方法

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

※2020年1月22日時点の情報です

出典:川崎市洪水ハザードマップ(中原区)

洪水や浸水に関しては、多摩川水系が氾濫した場合に2階床下(3m)までの浸水が予測されています。

部屋を選ぶときにはなるべく3階以上の上層階を選ぶとともに、避難警告などが発令された場合の避難場所と避難経路を必ず確認しておきましょう。

また、いざというときのために非常用持ち出し袋・防災備蓄の準備もしておきましょう。

・参考記事:避難所体験談!非常用持ち出し袋の中身、実際に役立ったものは?
・参考記事:【地震・台風対策】水&食料の防災備蓄、一人暮らしならどれくらい必要?

実際に歩いてみて思ったこと

「モトスミ・ブレーメン通り商店街」は多くの人で賑わっています

駅前商店街には、地域密着型のお店も数多く並んでいます。隣駅の日吉は学生の街という感じですが、元住吉は年齢層が上がり、道行く人も30代以上の方が多いようでした。 商店街の人通りは比較的多いですが、歩きにくいと感じるほどではありません。

お惣菜やお弁当をテイクアウトできる個人経営らしきお店も多いので、手軽に「家庭の味」が楽しめそうです。ドラッグストアや美容院など、女性の一人暮らしに役立つお店もそろっています。

次回は「元住吉駅の周辺のお店や施設」についてレポートします!

この記事は、あなたのお役に立ちましたか?

カーサミアクラブでは、より良い情報発信のため、ライフスタイルに関するアンケート【謝礼あり】に答えてくれる一人暮らし女性を募集中です。
あなたも記事づくりに参加してみませんか?

※記事の内容は執筆時点のものになります

街情報カテゴリの最新記事