ブロッコリーで食費節約!主菜2品+副菜1品レシピ

ブロッコリーで食費節約!主菜2品+副菜1品レシピ

皆さんは普段ブロッコリーをどのように食べていますか?ゆでてサラダに添えるだけという方も多いのではないでしょうか。

こんにちは。nobi-nonです。

今回は、ブロッコリーを使ったおかずのレシピをご紹介します。実は、お肉や卵とも好相性なブロッコリー。ぜひサラダ以外の食べ方も実践してみてくださいね。

【食費節約】ブロッコリーと豚肉の甘辛炒め

しょうゆがブロッコリーにしみて美味しくなります。

材料

ブロッコリー 1株

豚こま切れ肉 300g

塩こしょう 適量

★水 500ml

★塩 小さじ1/2

サラダ油 大さじ1

〇しょうゆ 大さじ2

〇みりん 小さじ1

〇砂糖 小さじ2

作り方(所要時間20分)

①小鍋に★を入れて火にかけ、沸騰させます。

②ブロッコリーを小房に切り分け、①の鍋でやわらかくなるまでゆでます。

③ブロッコリーがやわらかくなったらお湯を捨て、ブロッコリーを冷水でさまし、水気をよくきっておきます。

④〇の調味料は、あらかじめ合わせておきます。

⑤豚こま切れ肉に塩こしょうで下味をつけ、サラダ油を熱したフライパンで中火で炒めます。

⑥豚こま切れ肉に火が通ったら③と④を加え、水分を飛ばして完成です。

ポイント

洋風のレシピで活用することの多いブロッコリーですが、実はしょうゆとも好相性。ブロッコリーの花の部分(茎上部のモコモコの部分)にしょうゆがしみこむので、作り置きもおすすめです。作ってから3日ほど美味しく食べられますよ。

ブロッコリーがゆであがったら、早めに冷水に移すのがポイント。しっかり冷まさないとブロッコリーの色が悪くなり、やわらかくなりすぎるので注意してくださいね。

【食費節約】ブロッコリーのかに玉あんかけ

彩りがよい中華風のブロッコリーレシピ

材料

ブロッコリー 1/2株

卵 1個(割りほぐしておく)

★水 500ml

★塩 小さじ1/2

〇水 100ml

〇中華スープのもと 小さじ1/2

カニ風味かまぼこ 3本(細くさいておく)

水溶き片栗粉(水大さじ1と片栗粉大さじ1/2を合わせたもの)

作り方(所要時間15分)

①小鍋に★を入れて火にかけ、沸騰させます。

②ブロッコリーを小房に切り分け、①の鍋でやわらかくなるまでゆでます。

③ブロッコリーがやわらかくなったらお湯を捨て、ブロッコリーを冷水でさまし、水気をよくきっておきます。

④最初に使った小鍋に〇と、カニ風味かまぼこを入れ、一度煮立たせます。

⑤中華スープのもとが溶けたら火を止め、水溶き片栗粉を少しずつ加えてとろみをつけます。

⑥再び小鍋を火にかけ、表面がふつふつとしてきたら卵を流し入れます。

⑦卵がプルプルに固まったら、ブロッコリーにかけて完成です。

ポイント

お鍋1つでできるこちらのレシピ。洗い物が少なくなりますね♪

卵を流し入れたらなるべく触らないこと。卵の周辺が固まってきたら2~3回大きくかき混ぜるだけで十分ですよ。

賞味期限は2~3日。時間が経つと、ブロッコリーから水分が出てあんのとろみがなくなってしまうので、早めに食べ切りましょう。

【食費節約】ブロッコリーのベーコンチーズ

ゆでたブロッコリーがあればあっという間にできちゃいます。

材料

ブロッコリー 1/2株

ベーコン 2枚(1cm幅に切る)

とろけるチーズ 量はお好みで

★水 500ml

★塩 小さじ1/2

作り方(所要時間20分)

①小鍋に★を入れて火にかけ、沸騰させます。

②ブロッコリーを小房に切り分け、①の鍋でやわらかくなるまでゆでます。

③ブロッコリーがやわらかくなったらお湯を捨て、ブロッコリーを冷水でさまし、水気をよくきっておきます。

④耐熱容器にブロッコリーを入れ、上からベーコンととろけるチーズを散らします。

⑤電子レンジかオーブントースターで、チーズが溶けるまで加熱すれば完成です。

ポイント

今回はブロッコリーをゆでるところから紹介したので、所要時間15分になっていますが、あらかじめブロッコリーをゆでておけば5分ほどでできます。忙しい朝にも、お弁当のおかずにもぴったりのレシピです。

賞味期限は3日ほど。電子レンジやオーブントースターでの加熱は、食べる直前にするのがおすすめです。

ブロッコリーはボリュームがあり、食べごたえのある食材。お肉や卵と合わせると、食費を節約できる主役のおかずになります。

また、お弁当の彩りとして活用するのも◎。あらかじめブロッコリーを茹でておけば、ベーコンやチーズと一緒に加熱するだけであっという間に一品できてしまいますよ。

意外に活用の幅があるブロッコリー。ぜひ料理のレパートリーを増やしてみてくださいね。

節約レシピをもっと読む

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事