コンビニで買える食べ物だけで簡単時短レシピ!③ 暑い季節に体を冷やす料理

コンビニで買える食べ物だけで簡単時短レシピ!③ 暑い季節に体を冷やす料理

暑い夏はカラダに熱がこもりがち。ほてったカラダを冷ますには、夏野菜をいただきましょう!

夏野菜の多くは、東洋医学で は「カラダを冷やす食べ物」とされています。冷え性の女性がとり過ぎるとカラダを冷やしすぎてしまいますが、暑い夏は上手に活用しましょう。

こんにちは。管理栄養士ライターの広田です。一人暮らし歴が長いからこそわかるポイントを押さえながら、“簡単おいしい栄養◎”なレシピをお伝えしています。

今回は、コンビニで買える食材をアレンジして、熱がこもったカラダを冷やしてくれる料理をご紹介します。

浅漬けで簡単!「山形のだし」風のねばねば和え

山形県の郷土料理「山形のだし」

「山形のだし」は細かく刻んだ夏野菜と昆布などを和えたもので、山形県の郷土料理です。あっさりしているのですが、おくらや昆布など、粘り気のある食材が使われていて、ねばねば食感も楽しめます。醤油ベースの味付けで、これがご飯にもおつまみにもぴったりなんです!

今回はコンビニの浅漬け+とろろ昆布を使って、「山形のだし」風の簡単和え物を作ります。夏野菜のきゅうりとおくらを使って、材料費300円程度であっという間に作れます。

材料 (1人分)

浅漬けは1人分の小さいサイズを使用。オクラはカットされていないものでもOKです

浅漬け・・・1パック

冷凍おくら・・・2本分(カットおくらはひとつかみ分)

とろろ昆布・・・1つかみ

めんつゆ・・・小さじ2~

作り方

①浅漬け、おくらを細かく刻む。

みじん切りにします

②とろろ昆布、めんつゆと和える。

とろろ昆布はほぐしながら入れてください

③器に盛る。

レシピのコツ

・今回は白菜、きゅうりの浅漬けを使いましたが、なす、みょうがなどの浅漬けを使うと、さらにおいしくなりますよ。

・めんつゆがない場合は、しょうゆ+みりんを半分ずつで代用できます。

ポイント

・カラダを冷やす食べ物として、夏野菜のきゅうり、おくら、なす、トマトや、南国フルーツのバナナ、パイナップルなどがあげられています。

・夏野菜には、夏に補給したいビタミンやミネラルも含むので、旬の時期はどんどんいただきましょう。

山形のだしはいろんな食材と相性ばっちり!

食欲がないときでも食べやすい山形のだしは、さまざまな食材と相性バッチリ。ちょっと多めに作り置きしておいて、さまざまなアレンジを楽しみましょう。

ご飯

炊き立てご飯だと◎

ご飯にかけるだけでおいしくいただけます。納豆と混ぜてみるなど、さらにアレンジしても楽しめますよ。

冷ややっこ

おつまみにもぴったりです

いつもの冷ややっこも、山形のだしをかけるだけで食欲倍増。一味唐辛子をのせると、ピリッとしてさらにおいしくなります。

そうめん

暑い日でもさらっと食べられるのがうれしいですね

そうめんのトッピングにもぴったり。麺つゆをかけてぶっかけそうめんにしちゃいましょう。ごま油やごま、ねぎ、ツナやささみなどを盛り付けてもいいですね。

暑い夏は、とにかくカラダから熱をとりたいものですよね。夏野菜を上手に活用して、夏バテ知らずで夏を乗り切りましょう!

参考:テルモ体温研究所 冷え性対策 「食」編

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事