コンビニ食材で時短!5分でできるサラダチキンの簡単レシピ

コンビニ食材で時短!5分でできるサラダチキンの簡単レシピ

コンビニで手軽に買え、ダイエット食材としても注目されているサラダチキン。味のバリエーションも増えてきましたが、そのまま食べることがほとんどで、飽きてしまっている方もいるのではないでしょうか。

しかし、サラダチキンはアレンジすることで、オシャレなランチ夜遅くなってしまった日の夕食にぴったりの料理に格上げすることもできるんです。

こんにちは。nobi-nonです。

今回は、サラダチキンを使ったボリューム満点のレシピをご紹介します。どれも、コンビニで購入できる食材を使って、5分もあれば作れてしまう簡単なレシピなので、料理に苦手意識がある方もぜひチャレンジしてみてくださいね。

【コンビニで時短レシピ】サラダチキンボリュームサンドイッチ

断面が美しいサラダチキンのサンドイッチ

材料(1~2食分)

食パン(8枚切り) 2枚

マヨネーズ 大さじ1

サラダチキン 1個

カットサラダ お好みの量

作り方(作業時間5分、休ませる時間5分〜)

①2枚の食パンの片面にマヨネーズを大さじ1/2ずつ塗ります。

②食パン1枚のマヨネーズを塗った面にカットサラダをのせます。

③カットサラダの上にサラダチキンをのせます。

④サラダチキンの上にさらにカットサラダをのせます。

⑤もう1枚の食パンを、マヨネーズを塗った面が内側になるようにしてのせます。

⑥ラップで全体をぴったりと包み、上から手で軽く押さえます。

⑦そのまま冷蔵庫で5分以上休ませて完成です。

ポイント

あらかじめラップを食パン2枚分の大きさに切っておき、この上で作業するとやりやすくなります。カットするときは、ラップをしたままカットすると上手にできますよ♪

最近はさまざまな味のサラダチキンが出ているので、アレンジも簡単♪具材は、ゆで卵やツナマヨなどをプラスしてもいいですね!

ボリュームたっぷりに作って半分を朝食に、半分をお弁当にしても◎ 朝起きてまずサンドイッチを作り、冷蔵庫で休ませている間に身支度をすればより時短に!

賞味期限は1~2日。作ったその日か、遅くても翌日の早い時間には食べ切るようにしてくださいね。

【コンビニで時短レシピ】サラダチキンで親子丼

玉ねぎや鶏肉に火を通す必要がないのであっという間に完成!包丁も不要です。

材料(1人分)

サラダチキン 1/2~1個

オニオンサラダ 適量

溶き卵 2個分

白いご飯 1杯

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2

水 100ml

作り方(所要時間5分)

①鍋にめんつゆと水を入れ、中火で煮立たせます。

②煮立ったら、オニオンサラダの玉ねぎと手で一口大にほぐしたサラダチキンを入れてさらに煮立たせます。

③溶き卵を入れ、好みの卵の固さまで火を通します。

④ご飯を丼によそい、上に③の具をのせて完成です。

ポイント

包丁を使わずに作れる親子丼のレシピ。オニオンサラダもサラダチキンもそのまま食べられるので、火の通り具合を気にする必要がなく時短で完成します。

めんつゆは、商品によって濃さが違います。2倍濃縮のものを使う場合は、水とめんつゆそれぞれ70mlにして作ってくださいね。

賞味期限は2~3日。卵を半熟で仕上げる場合は傷みやすいので、作ったその日に食べ切るようにしてくださいね。

【コンビニで時短レシピ】サラダチキンうどん

火も包丁も使わない時短レシピ。暑い日のランチや遅い時間の夕食にぴったり。

材料(1人前)

冷凍うどん 1個

カットサラダ 適量

サラダチキン 1/2~1個

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1~2

作り方(所要時間5分)

①冷凍うどんを電子レンジで解凍し(解凍の目安は500Wで3分)、冷水で冷やして水気を切ります。

②うどんを皿に盛り、カットサラダとほぐしたサラダチキンを盛りつけます。

③めんつゆをかけて完成です。

ポイント

火も包丁も使わないので、休日のランチや遅い日の夕食にぴったりのサラダチキンうどん。

野菜やたんぱく質もとれるので、栄養バランスが気になる人にもおすすめです。

うどんがのびてしまうので、作ったらすぐ食べ切るようにしましょう。

ヘルシーさが人気になっているサラダチキン。そのまま食べてもおいしいですが、ちょっと手を加えるだけで、いつものランチや夕食にぴったりの料理に変身します!

簡単にアレンジが効くので、ぜひ試してみてくださいね。

コンビニ食材で時短レシピをもっと読む

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事