3分で完成! コンビニの餃子でできる簡単アレンジレシピ

3分で完成! コンビニの餃子でできる簡単アレンジレシピ

コンビニのお惣菜コーナーや冷凍食品コーナーにある餃子。中華料理のなかでも人気の料理ですよね。

そのまま食べるのももちろん美味しいのですが、たまには変わった食べ方をしてみたいと思うことはありませんか?

こんにちは。nobi-nonです。

今回は、コンビニで販売している餃子を使ったアレンジレシピを3つご紹介します。おしゃれなラザニアやボリューム満点なカレーなどもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

【コンビニで時短レシピ】餃子のトマトラザニア

中華の代表・餃子がイタリアンに変身!

材料(1人分)

餃子 1人分

ミートソース(インスタント) 1人分

とろけるチーズ 適量

作り方(作業時間3分、焼き時間3~5分)

①耐熱容器にミートソースの半量を、平らになるように入れます。

②①の上に餃子を並べます。

③②の上にさらにミートソースを入れます。ミートソースで餃子が隠れるように表面をならします。

④③の上にとろけるチーズを散らし、オーブントースターでチーズに焦げ目がつくまで焼いて完成です。

ポイント

中華の代表・餃子をミートソースでイタリアンにアレンジしたレシピ。餃子の皮がラザニアの生地に変身します。もともと味が決まっているものを使うので、料理が苦手な人でも失敗しませんよ♪

餃子が隠れるようにミートソースをかけるのがポイント。餃子の皮が見えているとトースターで焦げやすくなるので注意してくださいね。

賞味期限は1~2日。しばらく置いておくとミートソースから水分が分離することがあるので、作ったらすぐ食べてしまうのがおすすめです。

【コンビニで時短レシピ】餃子スープ

スープに仕上げることで餃子の皮がつるんと新食感に!

材料(1人前)

水 1カップ

中華スープの素 小さじ1/2

餃子 3個

カットサラダ 適量

作り方(所要時間3分)

①鍋に水と中華スープの素を加え、火にかけます。

②餃子を電子レンジで温めます。

③スープが煮立ったら、温めた餃子とカットサラダを加えて完成です。

ポイント

メインのおかずになる餃子をスープにアレンジ。餃子の皮が水分を吸って、つるんとした滑らかな食感になります。

餃子にもともと味がついているので、今回のレシピではスープの味付けは薄めに仕上げています。食べてみて物足りない場合は、塩こしょうやしょうゆを少量足してみてくださいね。

スープに餃子を長時間浸しておくと皮が溶けてしまうことも。スープは作っておいて2~3日もちますが、③の工程は食べる直前に仕上げるといいでしょう。

【コンビニで時短レシピ】餃子カレー

ガッツリ食べたい日にぴったり!

材料(1人前)

ご飯 1杯

カレー(レトルト) 1個

餃子 3個

作り方(所要時間3分)

①レトルトカレーと餃子をそれぞれ電子レンジで温めます。

②カレー皿にご飯、レトルトカレー、餃子をよそって完成です。

ポイント

「たまにはガッツリ食べたい!」という日におすすめの簡単レシピ。カレーも餃子もご飯に合うおかずなので、お腹いっぱいになること間違いなし!

量が気になる場合は、餃子のつけダレとしてカレーを使うのも◎。醤油や酢で食べるときとは、また違った味わいになりますよ。

こちらのレシピも保存には不向き。調理したらすぐ食べてしまうのがベストです。

今回は、餃子を使ったアレンジレシピを3つご紹介しました。そのまま食べてしまうことが多い餃子ですが、アレンジすることでイタリアンやスープにも変身します。

簡単にできるので、忙しい人や料理が苦手な人もぜひチャレンジしてみてくださいね。

※記事の内容は執筆時点のものになります

料理カテゴリの最新記事