賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

蒲田で女性の一人暮らし情報②街歩き・人気のお店

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

前回は蒲田駅のアクセスや治安など、使いやすさについてレポートしました。3路線が乗り入れていて、活気のある街だということがわかりましたね。

今回は蒲田駅の周辺についてお伝えしたいと思います。こんにちは、原稿執筆時に緑茶が手放せない、カーサミアクラブ・ライターの畑です。この連載を書くにあたり、実際に蒲田を歩いてみたのですが、小さな商店から大きなショッピングセンターまで、本当にいろんなお店がありました。

たくさんありすぎて全部ご紹介できず、くやしいのですが、少しでも蒲田の魅力をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

蒲田駅の一人暮らし情報③駅周辺の施設やお店

スーパー・ドラッグストア・コンビニ

駅ビルの「GRANDUO グランデュオ蒲田」や「TOKYU PLAZA蒲田」には「東急ストア」や「成城石井」などのスーパーマーケットが入っています。一番早く営業終了となるお店でも21時まで開いているので、食料品を買うのはまず困らないでしょう。

また、駅の東口と西口には海外の食材を扱うお店もあります。インド食材の「indobazaar」や、ベトナム・アジア食材「福山商店」。多国籍なお料理を創る自炊女子にうれしいですね。

蒲田の駅前を歩いていて感じたのが、さまざまな国の人が行き交っていることです。それも、ビジネス風の人たちというより、家族連れが多い印象を受けました。

もしかしたら、ご家族で暮らしている海外の人向けに、このような輸入食材店ができたのかもしれませんね。

飲食店・カフェ

駅前の広場周辺には居酒屋やファミレス、回転寿司やラーメン屋が並びます。駅ビル内にもカフェや飲食店が入っているので、外食や友だちとのお茶などには不自由しないでしょう。

お茶の場所に迷ったら西口商店街の「テラスドルチェ」はいかがでしょう? サイフォン式で淹れられたコーヒーとともに手作りシフォンがいただけちゃいます。レトロな街並みにぴったりの店内には静かでゆるやかな時間が流れます。

カツカレー専門店「いっぺこっぺ」

次に気になったのが、カツカレーの専門店「いっぺこっぺ」。こちらは隣にあるとんかつ店「檍(あおき)」のカツを使ったカレーを出しているそうです。しかもメニューはカツカレーのみ。

老若男女問わずカレー好きに大人気で、ランチタイムでなくとも1時間以上待たないと入れないとか。私が行ったときも10人以上が列を作っていました。

1時間以上待たないと入れないとか …大人気です。

蒲田で暮らすようになったら、一度は食べてみたいお店ですね。

商店街・ショッピング・家電量販店・ホームセンターなど

蒲田には、西口と東口に商店街があります。

商店街のいいところは、スポーツ用品店や時計店など専門店がそろっているという点です。赤と黄色のアーケードが目印の西口商店街「サンロード蒲田」、“ぽぷらろーど”の名がつくメインストリートを持つ東口商店街。

ヘアサロンやリラクゼーションサロンなど女性にうれしいお店も入っていますし、100円ショップの「キャンドゥ」や「セリア」があるのもポイントが高いですね。

どちらの商店街も地域密着型で、GWやハロウィンの時期にはイベントも開催しています。

郵便局・病院・公共施設(交番、役所等)

駅から一番近い郵便局は西口駅前広場の近くにある「蒲田駅前郵便局」になります。東口にある「蒲田郵便局」は本局となっており、土日も営業しています。

病院は各科とも個人クリニックが点在しています。歯科や整体は駅ビルにも入っていますね。大きな病院ですと、「東京蒲田病院」になります。

たくさんあるので自分にあった病院をじっくり探すことができそうです。万が一、なにかあった際も安心ですね。

区役所は東口から出てすぐのところにあります。本庁舎だけあって夜間や土日の窓口も開設されています。一部の業務に限りますが、働きながらだとなかなか平日の日中に休みが取れない人もいるかと思います。届け出や写しの発行など、急に必要な事態になっても安心ですね。

公園・広場

西口と東口にそれぞれある駅前広場は、きれいに整備されていて歩きやすいです。ただし街路樹とベンチがある程度でゆっくりくつろぐといった雰囲気ではありません。

身体を動かしたり、ぼーっとしたいときには「西蒲田公園」や「本蒲田公園」を利用するのが良いでしょう。

蒲田は便利で活気のある街。暮らしていて退屈することはなさそうです。

さて、次回は「蒲田の観光スポット」についてレポートいたします。

タイトルとURLをコピーしました