【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

目白で女性の一人暮らし情報①アクセス・治安・地震

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

JR山手線の目白駅。都心部にありながらも、駅周辺には穏やかで緑豊かな住環境が広がっています。山手線を利用すれば、都内の主要な街へ簡単に行ける利便性の高さも大きな魅力です。

こんにちは。カーサミアクラブ・ライターの山岡です。今回は、アクセスだけではなく、治安や防災といった視点からも目白という街を見ていきます。目白エリアへの引っ越しを考えている方は、ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

一人暮らし女性にとって「目白」の住みやすさ

交通アクセス★★★★☆絶大な利便性を誇る山手線利用
治安★☆☆☆☆豊島区住所だが、目白の雰囲気は別格
防災/地盤★★★★☆高台のエリアで地盤も安定
生活利便性★★★☆☆利便施設は充実、おしゃれなお店も多い
家賃相場★☆☆☆☆利便性も環境も問題なし。家賃は高い

※★による5段階評価/カーサミア編集部まとめ

各項目の詳細については、順番に説明していきます。

スポンサーリンク

目白駅の一人暮らし情報①アクセス・電車

穏やかな空気が流れる「目白」駅

都心への電車アクセス

まずは目白駅のアクセス情報を見ていきましょう。「山手線沿線」というだけで、快適なアクセスが約束されているようなものですよね。新宿や渋谷までは15分とかかりませんし、池袋へはわずか2分で到着します。すべて乗り換えなしで行けるのも嬉しいポイントです。

「目白」駅の路線情報
・JR山手線
駅名 所要時間
池袋 2分 直通・乗換なし
(朝の通勤時間帯3分)
新宿 7分 直通・乗換なし
渋谷 14分 直通・乗換なし
(朝の通勤時間帯15分)
東京 28分 直通・乗換なし

※出典:ジョルダン

目白駅の使いやすさ

イメージ画像:写真AC

山手線以外の路線は乗り入れていないので、駅の構造は極めてシンプルです。改札を抜けてからホームまで1分とかかりません。上下エスカレーターも完備されているため移動も容易です。

駅構内にはコンビニ「ニューデイズ」や「カフェ デンマルク目白店」があるので、出退勤時に利用する機会も増えるでしょう。なお、改札内には綺麗な多機能トイレがあります。

スポンサーリンク

目白駅の一人暮らし情報②治安・災害への強さ

豊島区の犯罪発生件数・割合

女性の一人暮らしでは、治安も気になるところです。犯罪発生割合をもとにした、東京23区の治安ランキングを見てみましょう。

犯罪発生数昼間人口(H27) 流失出口(H27)犯罪発生率
1位文京区1,329346,13258,8760.33%
2位千代田区3,287853,06811,3560.38%
3位中央区2,595608,60341,1170.40%
23位豊島区4,778417,146101,9571.00%

※犯罪発生率は【犯罪発生件数÷(昼間人口+流出人口)】にて計算
※出典: 犯罪発生件数:警視庁犯罪発生状況昼間人口+流出人口:東京都総務局統計

東京23区の犯罪発生割合を比較すると豊島区は23位。残念ながら最下位です。ただし、豊島区の犯罪発生率は池袋エリアの犯罪多発が引き上げているため、目白エリアに絞った犯罪発生数は平均的となっています。

地震・洪水・災害への強さ

目白駅周辺の地盤の強さをチェックしてみます。目白駅周辺の地盤から推定される「地震の際の揺れやすさ(表層地盤増幅率)」は、以下の通りとなっています。

※出典:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードステーション

地震の揺れは、震源地に近いほど大きくなるだけでなく、地盤が軟らかいほど大きくなります。地図の赤いほうが柔らかい(揺れやすい)地盤、青いほうが固い(揺れにくい)地盤になります。

目白駅周辺の「地震の際の揺れやすさ」は1.2~1.4、1.4~1.6が混在し、場所によっては1.6~2.0です。

駅の部分は、地震ハザード評価は「中程度」。駅周辺では、「やや低め」「中程度」 「やや高め」の場所が混在しています。

平野部としては「中程度」でもいい方ですし、「やや低め」の場所はかなりいい地盤と言えます。もちろんいい地盤であっても揺れないわけではないので、油断せずに地震対策をしてくださいね。

なお、目白駅周辺で、今後30年以内に「地震がある確率(揺れに見舞われる確率)」は以下の通りです。

震度5弱以上の揺れに見舞われる確率 99.9%
震度5強以上の揺れに見舞われる確率 93.2%
震度6弱以上の揺れに見舞われる確率 49.3%
震度6強以上の揺れに見舞われる確率 8.3%

※出典: 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 地震ハザードカルテ

このデータは目白駅がある地区のものとなります。「地震の際の揺れやすさ」が「中程度」の目白駅周辺でも、30年以内に震度5強以上の地震が起きる確率は99.9%。東京に住む以上はおおよその場所で地震対策が必要ですね。

住まいを選ぶときは、必ず「新耐震基準」の建物を選ぶようにしましょう。「新耐震基準」(1981年以降)に建てられた建物であれば、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないように設計されています。「品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)」(2000年)以降の建物であれば、さらに安心できますよ。

もちろん揺れに強い建物を選ぶだけでなく、防災グッズを買っておくなど、地震対策はしっかり行っておきましょう。

その他の防災情報(土砂災害・洪水・液状化など)

土砂災害と液状化はとくに問題ないようです。目白エリアは全体的に高台なので、洪水の心配もないでしょう。

※参考:豊島区ハザードマップ
スポンサーリンク

実際に歩いてみてよかった場所、気になった場所

目白駅は山手線でありながら、駅前に繁華街のない貴重な駅。ポイント高いですね。さらに駅の東側に進むと「学習院大学」などの有名学校があります。緑も豊かで清々しい街並みです。

品格溢れる表情の学習院大学

また、目白駅の西側を進むと目白通りに沿って「目白銀座商店会」が続きます。西側から駅までの主要ルートにもなっていて、深夜帯でも通り全体が比較的明るいのが特徴です。

商店会のある新白通りは、並木道の緑が圧巻です

仕事で遅くなっても、 「目白銀座商店会」 を歩いて帰れば、ひとり歩きの不安を解消することができるでしょう。ちなみに、この商店街は魚屋や肉屋が軒を連ねているわけではなく、チェーン店などの飲食店の他に、美容院やカフェ・セレクトショップなど、オシャレで個性的な店舗も立ち並んでいます。

いずれにしても、目白エリアで女性が一人暮らしをするなら、駅の西側がおすすめです。

それから、気になった場所は特にありません。これは素晴らしいですね。

次回は「目白駅周辺の施設やお店」についてレポートします。

タイトルとURLをコピーしました