賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

CASAMiA CLUB(カーサミアクラブ)とは

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。「働く女性の住まいとお金を考える」CASAMiA CLUB運営・広報担当の吉村です。

今回はCASAMiA CLUB(カーサミアクラブ)について少しご紹介します。

スポンサーリンク

CASAMiA(カーサミア)クラブとは

「CASAMiA CLUB」はイタリア語のCasaMia(カーサ・ミア=私の家)が由来です。
女性が「私の家」家を探すとき、信頼できる相談場所を作りたい…そんな気持ちで「カーサミアクラブ」と名付けました。

20001-2-a.jpg

<住まい>は衣・食・住のひとつの大事な基盤です。

衣食住のひとつでもある大切な住まいは、その人の人生を映す鏡のような部分もあります。自分の心の状態が、お部屋に現れていたことはないでしょうか。心が煩雑だと、気づけばお部屋も乱れ、お部屋が整うと、心が満たされ気持ちも落ち着きます。

不思議ですよね。でもきっと、それだけ住まいと心が密接な関係であるということなんだと思います。

ですから、いつでも穏やかで気持ちよく生活できる環境・住まいにもっと深く向き合ってほしいと、私たちは考えています。

カーサミアクラブは、住まいとお金の相談ができる場所

でも、女性の方が実際に住まいを探すとなると、なかなか大変です。

働く女性は忙しいので、情報収集も大変です。
家賃や収入・貯蓄の話となると、仲のいい友人にはかえって相談しづらい場合もあるでしょう。

カーサミアクラブは、そんな女性の方々に住まいに関する情報を提供し、親しい人には相談しづらいお金の問題も相談できる場です。

住まいのこと、お金のこと、トータルに相談できる体制を取っていますので、お気軽にご相談くださいね。

スポンサーリンク

カーサミアクラブで相談できる内容

カーサミアクラブでは、あなたが安心して暮らせるよう「住まい」と「お金」について、経験豊富な女性コンシェルジュがご相談に乗ります。

◇賃貸でも購入でもいいので、月々の支払いが予算内の住まいがいい。
◇希望エリアは決まっていないが、家から新宿まで20分くらいがいい。

こんな条件だと、実はチェーン店の不動産屋さんでは対応できないこともあります。(対応できるように見せかけて、対応範囲内のお部屋だけを紹介したり…なんてことも)

でも、実際の希望条件ってこんな感じですよね?
そんなご相談に対応するために、カーサミアクラブは生まれました。

スポンサーリンク

カーサミアクラブは、住まいのプロです

私たちは、20年以上マンションや戸建てなどの「住まい」を売ったり作ったりしてきた会社です。
その中で、忙しく働く女性の住まい探しには「信頼できる相談相手」が必要だと改めて学ぶ機会がありました。

いま、不動産会社はとても増えています。SNSなどを中心に活動する、新しい不動産会社も登場しました。

ですが、20年以上「住まい」に携わってきた経験のある私たちだからこそわかる部分もあります。あなたの「信頼できる相談相手」になれるのではと、考えています。

もちろん、実際に信頼できるかどうかを決めるのはあなたです。
私たちがお伝えできる情報は住まいとお金の基礎セミナーに込めていますので、よろしければ、こちらもご参加くださいませ♪

seminer5.jpg
少人数で安心できる!とご好評の「住まいとお金の基礎セミナー」、過去の開催風景

スポンサーリンク

カーサミアクラブのヒミツ☆

イメージカラーに込めた思い

カーサミアクラブのイメージカラーは「翡翠色」です。
翡翠は、心の平穏を取り戻すことができると言われる色。宝石にもありますね(翡翠輝石:ジェダイドです)。

翡翠輝石の石言葉は、

安定・知恵・長寿・平穏・安定・飛躍・調和

なんだか、働く女性にぴったりな言葉ばかりだと思いませんか?

未来に向かって上を向いた言葉は、私たちカーサミアクラブが目指すものと同じです。穏やかでどこか深みのあるカラーも、目に優しく優しい気持ちにしてくれます。
カーサミアクラブが、働く女性にとってそんな存在になりたいという思いを込めて、この翡翠色をイメージカラーとしています。

カーサミアイメージキャラクター、「カーサくん」と「ミーアちゃん」

カーサミアクラブには「カーサくん」と「ミーアちゃん」という頼れるサポーターがいます。二人はとんがり屋根のお家の形をまとった、双子のきょうだいです。
家に関することが好きで少し理系なカーサくんと、食べることが大好きでおしゃべりで世話焼きのミーアちゃん。ケンカもするけど結局は仲良しの双子(きょうだい)です。

これから、働くオトナ女子におすすめの物件情報や、ワンポイントアドバイスなど紹介してくれますので、どうぞお楽しみに。

それではまた次回。
吉村でした。

タイトルとURLをコピーしました