【女性宅建士が解説】女性が選ぶべき間取り<水回り編>

【女性宅建士が解説】女性が選ぶべき間取り<水回り編>

家を探すとき、場所と一緒に間取りも見ますよね。特に間取りは女性の方がこだわる人が多いもの。間取りが使いにくくて引っ越す人もいるくらいです。

 広いキッチンが欲しい。
 お風呂でゆったり過ごしたい。
 とにかく大きな収納が無いと困る。
 陽当たりが大事。この家具を置きたい。

こだわるポイントは人それぞれです。ですが、働く女性にとって使いやすい・掃除がしやすいは共通要素だと思います。

お気に入りの家は、自然と気持ちを明るくしてくれます

そんな共通要素を中心に、「一人暮らし女性」にお伝えしておきたいしたい【女性が選ぶべき間取り】を<水回り編>と<収納・仕様編>に分けてお伝えします。

理想的なのは、こんな間取り

理想的な間取りのイメージ

女性が選ぶべき「使いやすくて快適な間取り」とは何でしょうか。

“働く女性”の一人暮らしで大切なのは、忙しい日々の時間を有効に使うこと。
使いやすくて快適家事動線が良好・清掃性が良い時短と繋がるので、<水回り編>では、「家事動線が良好・清掃性が良い」という目線でポイントをまとめます。

上記は広すぎず狭すぎずの1LDKプラン。欲しい要素がほとんど揃っています。こんな間取りがあったら住みたいですよね。

この間取りを参考に、まずは<水回り編>を見てみましょう。

確認したい、水回りのポイント

水回り設備が、日々の生活の快適さを左右します

キッチン・洗面化粧台・お風呂・トイレ。

どの間取りにも、この水回りは必ずあります。ですが、ただあるだけでは快適な暮らしはできません。チェックしたいポイントを設備ごとにまとめます。

キッチン家電が置けるスペースがあるかが肝心

キッチン家電を置くスペースが取れるかが重要

キッチンは、コンロやシンクのサイズが気になるところ。2口コンロがついていて、お鍋が洗えるシンクサイズだったら安心ですよね。

実はそれと同じくらい大事なのが、「キッチン家電を置くスペースが確保できるか」なんです。

設置したいキッチン家電は、冷蔵庫電子レンジ(オーブンレンジ含む)・炊飯器・湯沸かしケトルなど。このあたりが最低限でしょうか。

間取りを見たときに、この家電を置くスペース(食器棚スペース)が確保できるかチェックしてみてください。意外と、冷蔵庫以外置けない…電子レンジはリビングに置かなくては…なんてことも。

これでは思っていたスペースが確保できず、イメージした生活は送れません。最初のチェックが肝心ですよ。

お風呂と洗面台・洗濯機置場の位置関係を確認

お風呂や洗面台が近いことで、間取りの無駄なスペースも省けます

独立したお風呂や洗面台がある間取り、魅力的ですよね。
学生の時は3点ユニット(お風呂と洗面台とトイレが一緒になっているもの)の1Kでも住めましたが、社会人になったらお風呂と洗面台は独立していて欲しいところ。

より快適に過ごしたければ、お風呂と洗面台・洗濯機置場の位置関係を確認してください。参考の間取りは、それぞれが最短距離で繋がっています。

お風呂に入っている間に洗濯機を回して、お風呂から上がったら洗面台でスキンケアをする、スキンケアが終わったら洗濯物を干す、という一連の動作を無駄なくできるわけです。まさしく時短です。

洗面台は収納とカウンタースペースを確認

水栓がシングルレバー(混合水栓)になっていることも重要です

最近は鏡が三面鏡になっていて、その裏が収納になっているという素晴らしい仕様の洗面台が増えていますね。

女性はメイク道具やドライヤー、タオル類など、洗面台に関連するアイテムがたくさんあります。収納は多いに越したことありません。自分の持っているものが収納できるかチェックしましょう。

それと加えて、洗面台のカウンタースペースの広さも確認してくださいね。ボウルだけの洗面台だと、ハンドソープなど日常使うものを置くスペースがなく困ります。メイク道具やヘアケアグッズなども一時的にカウンターに置かないと使えません。

自分の使い方に合った洗面台かどうかが重要です。日常生活をイメージしてスムーズな動作が可能か、忘れずに確認しましょう。

トイレは扉の開く方向と位置を確認

トイレは、吊戸棚があると嬉しいですね

トイレでは、扉の開く方向と位置に注目しましょう。これはあまり注視されていないかもしれませんね。

参考間取りでは、扉はリビング方向から開けるようになっています。これが理想です。日常生活に寄り添って考えると、生活スペース側に開くほうが無駄な動きを減らすことが出来ますよね。

ちなみに、これが逆側の玄関の方向になっていると、トイレに行く度に回り込まないといけないので、意外と使いにくかったりします。

あとはトイレの位置です。廊下から出入りするタイプが一般的ではありますが、部屋の中に扉があり直接入るトイレや、洗面スペース(パウダールーム)から出入りするトイレあります。

独立した出入りが出来ないトイレだと、友人などが来た時に使いづらいですよね。トイレの位置もチェックしましょう。

間取りの中でも注目度の高い水回り。快適性や時短家事の実現などに密接に関わります。

既に気にして見ている方も多いと思いますが、今回お伝えしたチェックポイントも追加して、さらに快適な生活が送れる住まいを見つけてくださいね。

次回は<収納・仕様編>。収納・間仕切り・バルコニーのポイントについてお伝えします。

※記事の内容は執筆時点のものになります

住まいカテゴリの最新記事