賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

新年のごあいさつに、お年賀手ぬぐい。日頃の感謝の気持ちを込めて!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

いつもお世話になっている大切なあの人へ、感謝の気持ち、伝えてますか?

こんにちは!カーサミアライターのあんどうです。

今回は、日本の四季や風情をポップに表現する京都のブランド、SOU・SOUのお年賀手ぬぐいを紹介します。

手ぬぐいはデザイン性が高く、手拭きとして使うだけではなく、ファッションやキッチン、インテリアなど、さまざまな用途で使えるので贈りものにおすすめです。

ポップでかわいいテキスタイルが盛りだくさんのお年賀手ぬぐい、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

新年のごあいさつに、日頃の感謝の気持ちを込めて。京都SOU・SOU「お年賀手ぬぐい」<寅年>の贈りもの。

京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」から、年始めのご挨拶と日ごろの感謝の気持ちを込めて贈りたい「お年賀手ぬぐい」が登場。

お年賀として手ぬぐいを贈る習慣は、江戸時代の歌舞伎役者や落語家、力士から始まり、一般にも広がったとされています。

年始めのご挨拶と日ごろの感謝の気持ちを込めた、日本ならではの贈り物の習慣。

最高の手ざわりを誇る伊勢木綿に、干支の寅やおめでたい吉祥柄を京型友禅職人の手で一つひとつ染めた、SOU・SOU のお年賀手ぬぐい。新年にふさわしい新作が5種類そろいました。

干支 寅(とら)

令和四年の干支である「寅」が寝転がったり座っていたり。愛らしい表情の寅が描かれています。

光琳 寅 写し(こうりん とらうつし)

琳派を代表する画家・尾形光琳の《竹虎図》を、テキスタイルデザイナーの脇阪克二が写した墨絵作品。

百福文様(ひゃくふくもんよう)

日本のお正月にふさわしい、おめでたいモチーフをたくさん集めた文様を、赤と黄で染めました。

弥栄(いやさか)

「ますます栄えますように」という思いを込めて、日本の古典的な吉祥文様がふんだんに描かれています。

SO-SU-U 五行(そすう ごぎょう)

SOU・SOU 定番の数字柄が、厄除けやご利益があるとされる五色でカラフルに配色されています。

商品名:お年賀手ぬぐい

価格:各1,177 円 ( 税込 )

寸法:約 35 × 約 87 ~ 90(cm)

素材:綿 100%(伊勢木綿)

スポンサーリンク

贈りものにぴったり!京都「SOU・SOU」のお年賀手ぬぐい

カラフルで愛らしく、洗練されたテキスタイルを描くのは、テキスタイルデザイナーの脇阪克二さん。あのフィンランドのアパレル会社・マリメッコでも活躍されていた方です。

そんなSOU・SOUのお年賀手ぬぐいは、贈り物にぴったりなんですよ!

お年賀カードとラッピング付き

テキスタイルデザイナー・脇阪克二による「干支 寅」のイラストカードを1 枚同封し、SOU・SOU オリジナルの袋でラッピングします。

カードの裏面には、その文様についての解説、伊勢木綿の手ぬぐいの取り扱い説明入り。手ぬぐいファンはもちろんのこと、初めて手ぬぐいを使う方にも、安心してお贈りいただけます。


※カードはハガキとしてはお使いいただけません。

250 余年の歴史ある「伊勢木綿」

伊勢木綿は、江戸時代から250 年以上続いてきた、三重県指定の伝統工芸品。

洗っていくうちに生地が柔らかくなって風合いが出るため、綿とは思えないほど暖かく、しわになりにくいのが特徴。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

最高の手ざわりで日本の日常の暮らしを支えてきましたが、現在では「臼井織布」ただ一軒のみが生産しています。

■商品ページ
https://www.sousou.co.jp/other/okurimono/2021w/

ポップさと優雅さのバランスが絶妙なSOU・SOUのテキスタイルデザインは、令和四年の新作もとってもかわいくて、見ているだけで新年が楽しみになりますね。

手ぬぐいは実用的で使い勝手がいいので、何枚あっても困りません。自分用はもちろん、年始のごあいさつのお年賀に、手ぬぐいのギフトを贈られてはいかがでしょうか。

感謝の気持ちと、「新しい一年もよろしく」の気持ちを込めて。みなさんと周囲の方にとって、すてきな1年になりますように!

タイトルとURLをコピーしました