賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

えっダンボールを家具に!?と思ったら、おしゃれ&サステナブルだった

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ダンボールを家具にする…と聞くと、引越しのあとまだ机がなくて、ダンボール箱を机代わりにコンビニ弁当を食べているシーンが思い浮かびます。

でも、そんな”間に合わせ”のイメージを一新するような、おしゃれで機能的なダンボールの家具が登場しているんですって。

こんにちは、カーサミア編集部です。一人暮らし女性の暮らしに役立つ情報を発信しています。

今回は、東大発ベンチャー「カミカグ」が制作している、まるで木製家具のような「ダンボール製家具」をご紹介します。ダンボール製家具には、リサイクルしやすい、軽くて持ち運びやすいなど、メリットがたくさんあるんですよ。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

木製家具のような「ダンボール製家具」の東大発ベンチャー「カミカグ」が本格始動

カミカグは、東京大学の講義をきっかけにスタートしたベンチャー企業です。

デジタル技術を駆使し、意匠性と強度に優れた、ダンボールを主材料とする、ダンボール製家具の制作プロジェクト。2021年12月に法人化し、本格的に事業化に取んできました。

そしてこの度、オフィス移転。正式に生産設備を整え、自社で生産・開発を開始したそうです。

スポンサーリンク

「紙で暮らし、軽やかに」プロモーションビデオ

メイン商品である”The Stool”は、ダンボールでできたスツールです。

6月5日、世界環境デーに合わせて、この”The Stool”のPVが公開されました。

PVのテーマは「紙で暮らし、軽やかに。 ただダンボール製家具であるという目新しさだけでなく、「紙の家具」のある暮らしが、現代の暮らし方に寄り添っていることがよく分かります。

日々変わっていく思考や暮らし方の中で、少し重たく感じてしまう、いつもそこにある家具。

でも紙の家具であれば、軽いので模様替えも簡単。どこにでも持って行けるので、軽やかな暮らしを実現できますね!

PVの全体は、公式サイトまたは公式Instagramでご覧くださいね。

ちなみにPVの制作協力は「we’s color」だそうですよ。

スポンサーリンク

カミカグからのメッセージ

カミカグが発表しているメッセージをご紹介します。

PV制作に寄せて

世界的なSDGsの推進の中、環境配慮の商品が注目されている一方、家具における環境配慮の選択肢は限られています。 中古品のリユースや、オーガニック素材の採用など、従来の選択肢に捉われない、新しい家具の選択肢としての紙製家具をカミカグは提案します

そうした環境配慮の観点での気づきを与えられるPVになれれば、との想いから6月5日、世界環境デーに合わせたPV公開としました。

カミカグについて

カミカグはダンボールが持つ、環境負荷が小さく、軽く、処分がしやすいという特長に着目し、ダンボール製家具を美しい「紙の家具」としてリブランディングする新しい家具ブランドです。

今後も意匠性の高い商品ラインナップの展開を予定しており、本PVはその第一弾となります。 今後もカミカグは「紙の家具」をツールとする軽やかで豊かな暮らしの実現に取り組んで参ります

かさみやちゃん
かさみやちゃん

今後も商品ラインナップが増えていくということで、注目ですね!

スポンサーリンク

スツール以外にも、アイデア商品がたくさん

Instagramでは、天井とカーテンレールの間のちょっとした隙間に差し込んで使うことのできる「ハンガーツリー」なども紹介されています。

興味のある方は、ぜひ覗いてみてくださいね!

「ダンボールを家具にする」と聞いて想像したものをはるかに超える、おしゃれで機能的でサステナブルな家具が「カミカグ」でした…!

軽くて丈夫なので、一人でも模様替えしやすいですし、引っ越し先にも持って行きやすそう。一人暮らしの軽やかな暮らしにピッタリですね。もし使わなくなったときも、リサイクルしやすいのも魅力です。

次に家具を買うときは、サステナブルなダンボール製家具もぜひ検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました