賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

洗足で女性の一人暮らし情報③こんな人におすすめ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

映画のシーンのような銀杏並木がおしゃれな「洗足」の街。都心の主要駅へのアクセスもよくて、自然もあります。駅からすぐに広がる住宅街はとても静かで、穏やかさが魅力です。

こんにちは。 DIYが気になるものの、手を出せずにいるカーサミアライターの畑です。 連載の第3弾では、洗足駅はこんな人におすすめ、という視点でお伝えしますね。

スポンサーリンク

洗足駅がおすすめなのはこんな人

目黒方面、横浜方面にお勤めの人

郵便局のある小山7丁目の交差点。休日はとても静かです。

洗足駅は東急目黒線が使えるので、朝の通勤もラクラクです。目黒駅まではたったの7分、終点の日吉駅(横浜市)には16分で到着します。

また、目黒駅からはJR山手線、東京メトロ南北線・都営三田線に乗り換えが可能です。日吉駅からは東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンラインに乗り換えることができます。

ここでちょっとしたトリビアをご紹介。
実は、「目黒」駅は目黒区にはありません。目黒駅があるのは品川区上大崎です。少々混乱しそうですが、会社が目黒区にあるから目黒駅の近くに引っ越すと、かえって遠回りになることもあるので気をつけましょう。

外国の郊外地のような雰囲気が好きな人

まるで外国の街に迷い込んでしまったような心地よさがあります。

実際に洗足を歩いて思ったのですが、この街は「海外の街の雰囲気」に似ているのです。洋風の建物や教会があるというわけではありません。横浜や神戸のような外国の方が多い港町ともちがいます。

街の空気や生活感が、なんとなく海外の郊外にある街のそれに近いなと感じたのです。お店や施設などは基本的に平日の営業が中心です。飲食店は土日も営業をしているところがありますが、週末は静けさがいっそう濃くなります。
しかし、さびれた空気はひとつもありません。

海外旅行に行ったことがある人はイメージが湧くかもしれませんね。外国の郊外地だと、お店は土日はお休みしていて、街の人々は自宅や旅先でのんびりしていることってありませんか? 洗足の街にも同じ空気が流れているのです。

土日はショッピングやレジャーを思いっきり楽しみたい!という人は、少し不便に感じるかもしれません。逆に土日はゆっくり、まったり過ごしたい。毎週末、買い物や外食に出かけるわけではない、という人は相性が良いでしょう。

まるで外国の郊外の街のような、ゆるやかな時間の流れがお好きな人にはおすすめの街ですよ。

一人で楽しめる行きつけのお店を探したい人

いちょう通り沿いにある自家焙煎珈琲のお店「MOUFLE」。絵になる光景です。

前回の記事でもお伝えしましたが、「洗足いちょう通り」にはおしゃれな個人店がたくさんあります。カフェ、レストランだけでなく、花屋やベーカリーなどもあります。
商店街と聞くと賑やかで、人がひっきりなしに行き来している様子を思い浮かべる方は多いと思います。

でも、この洗足の街にある商店街は通り沿いにお店が並んでいるタイプなので、とても歩きやすいです。人通りや車の往来も少ないので、のんびり自分のテンポで回ることができますよ。

女性一人でも入りやすいお店ばかりなので、この街で一人暮らしをしたら行きつけのお店を開拓できるかも?地元で行きつけのお店を作りたい人、休日に遠出せず一人の時間を静かに楽しみたい人にはちょうど良い街です。

少し歩きたくなったら、「洗足池公園」まで足を延ばすのがおすすめです。約4万㎡の広さを誇るこの公園は、都内屈指の淡水池公園となっています。
園内には桜や紅葉・松・いちょうなど、さまざまな樹木が植えられており、四季折々の美しい風景を楽しむことができます。

江戸時代には歌川広重の「名所江戸百景 千束の池袈裟懸松」にも描かれたそうです。また、勝海舟夫婦の墓や西郷隆盛の碑があるなど、歴史が好きな女性にもおすすめです。

音楽を聴きながら食事を楽しむもよし、お店の人と語らいながら買い物を楽しむもよし、一人で散歩をして季節を味わうもよし。“お一人様女子”を思う存分楽しみたい人にはおすすめの街と言えるでしょう。

以上が目黒区にある洗足の街情報でした。続いては、気になる家賃相場や物件の購入価格のお話です。

タイトルとURLをコピーしました