【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

夏野菜がメインの簡単レシピで、旬を楽しもう♪

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

この季節に楽しみたい食材といえば夏野菜!トマトにキュウリにスイカなどなど…カラフルな野菜たちは見ているだけでもエネルギーを感じるのでとても好きです。

こんにちは。笹野です。管理栄養士とフードスペシャリストの資格を持ちつつ、普段はフードスタイリストとして働いています。今では、ハウス栽培などで冬にも夏野菜を手に入ることができますが、やはり夏野菜は夏に食べた方が栄養価も高く、価格も手頃なのでおすすめです。

今回は、夏野菜を美味しく食べるための簡単レシピ3つをご紹介しようと思います。どれも簡単にできるので是非1度試してみてください。

スポンサーリンク

ご飯と相性抜群!トマトとふわふわ卵の炒め物

丼にしても美味しいです!

生で食べるイメージの強いトマトですが、サッと卵と炒めるだけで立派なおかずになるんですよ。ご飯に合うので丼にしても美味しいです。アレンジとしてニラやしめじなどのきのこを入れてボリュームアップしても。

また、トマトに含まれるリコピンですが油と一緒に加熱することによって吸収しやすくなるというメリットもあります。トマトの酸味が苦手な方はトマトを炒める時にしっかり加熱すると食べやすくなりますよ。

材料(1人分)

トマト 半分(小さめのものならまるごと1個)

卵 2個

顆粒鶏ガラスープの素 小さじ1

塩胡椒 少々

炒め油 適量

手順

①トマトをくし切りにする

②卵をボウルに割り入れて溶いておく

③フライパンに油をしき、卵を炒めて半熟になったら取り出す。

④トマトをサッと炒め、卵をフライパンに戻して炒めあわせる。

⑤鶏ガラスープの素、塩胡椒で味付けする。

スポンサーリンク

黄金比で簡単!スナップエンドウの味噌ディップ

夏にスーパーでよく見かけるようになるのが、スナップエンドウ。さやごと食べられるのと、その食感が好きで見かけてはついつい買ってしまいます。そのときに1番よくするのが味噌ディップです。農家の方に教えていただいたのですが美味しくて何度もリピートしているレシピです。スナップエンドウ以外にも、アスパラやキャベツなどにもよく合いますよ。

茹でたアスパラやキャベツにも好相性!

材料(1人分)

スナップエンドウ(もしくは好きな野菜) 適量

味噌 大さじ1

マヨネーズ 大さじ1

砂糖 大さじ1

手順

①スナップエンドウは茹でて筋を取る。

②味噌、マヨネーズ、砂糖を混ぜてディップソースを作る。

③スナップエンドウにディップソースをつけて食べる

スポンサーリンク

食感も美味しいズッキーニの焼き浸し

皮と身の食感が楽しめます

昔よりも随分知名度が上がったなと思う野菜の1つにズッキーニがあります。見た目はキュウリに似ていますが、実はカボチャの仲間なんです。皮ごと加熱してめんつゆに漬けるだけで立派な副菜になりますよ。皮と身の部分の食感の違いも美味しい一品です。カボチャやナスと一緒に作っても。

材料(1人分)

ズッキーニ 1本

めんつゆ(ストレートタイプ)適量

炒め油 適量

手順

①ズッキーニを皮ごと1cmほどの輪切りにする

②フライパンに油を熱し、ズッキーニを焼き目がつくまで炒める

③焼いたズッキーニを取り出し、めんつゆにしばらく漬ける

今回ご紹介したレシピはアレンジの効くものばかりなので、是非色々作って自分だけの夏野菜レシピを考えてみてください。美味しく食べて最後の夏野菜を楽しみ尽くしましょう!

タイトルとURLをコピーしました