賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

一人暮らし女子の本音。60歳になったとき働いていたい? アンケート結果#14

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

カーサミアでは一人暮らし女子の「リアルな暮らし」を知るべく、ライフスタイルに関するアンケートを行っています。

現時点での回答者は20~50代の一人暮らし社会人女性。正社員をはじめ様々な勤務形態の方がいらっしゃいます。首都圏在住の方を中心に、日本全国からご参加いただいています。

そのアンケート結果を発表する当シリーズ。第14回めは、一人暮らし女性の「将来」に関する回答をピックアップしてお届けします。

心配なことは?今後やりたいことは?60歳になったときにどうしてたい?などなど、集計しています。一人暮らし女性の本音が垣間見える結果になりましたよ。

スポンサーリンク

一人暮らし女性アンケート結果【将来

心配なことはなんですか?(複数選択)

いま心配なことについて、複数選択でうかがいました。

もっとも心配している人が多いのは「お金」で、82.1%となりました。

「老後」「仕事」「親」に関して心配している人も、それぞれ6割前後となっています。一方、「結婚」に関して心配している人は、比較的少なめの41%でした。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

複数の項目を選択された方が多かったです。いろんな心配が尽きないですよね。

今後、やりたいことはなんですか?(自由回答)

自由回答の内容を編集部で集計したところ、国内外問わず「旅行」と答えた方がもっとも多く、53.8%でした。コロナ禍で自由に旅行できない世相を反映していますね。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

集計では「その他」とした回答の中にも「お笑いライブに行きたい」「劇場に行きたい」「水族館に行きたい」など、コロナ禍で制限されがちなことを挙げる声が目立ちました。

続いて多かったのは「引っ越し・マンション購入・移住」などで、25.6%。カーサミアは運営会社が不動産会社のため、住まいに関して興味のある会員が多いようです。

一方で「結婚したい」と回答した方はわずか7.7%。前項で、結婚について心配していた人は41%だったことと比較すると、「結婚したいわけじゃない。…けど、心配」という方も一定数いるようです。

60歳になったとき、何をしていたい?(自由回答)

「60歳になったときにしていたいこと」を自由回答でうかがい、ワーク・ライフ・バランスのどちらを重視しているのか、カーサミア編集部で集計したところ、「ライフ重視」派が多数で、62%でした。

※「その他」には、どちらとも取れるため分類できなかった回答を含んでいます。

自由回答の一部をご紹介します。

ライフ重視派

週2~3程度でほどほどに働きながら、趣味に時間をかけたい
(30歳・女性・神奈川県・正社員)

趣味程度のスイーツ店開業
(35歳・女性・宮城県・契約社員)

テニスができていたらいいなと思う
(26歳・女性・奈良県・正社員)

東京で友達とルームシェア
(27歳・女性・東京都・正社員)

一軒家でガーデニング
(28歳・女性・千葉県・正社員)

都会の田舎で、のんびり猫と暮らす
(39歳・女性・東京都・正社員)

憧れの土地で生活。ゆるめに在宅ワーク。
(27歳・女性・千葉県・契約社員)

ワーク重視派

仕事を続ける。気さくに話の出来る友人などの人間関係をきちんと構築していたい
(34歳・女性・東京都・正社員)

バリバリ現役続行
(44歳・女性・香川県・フリーランス)

元気なうちは働きたい
(33歳・女性・千葉県・契約社員)

様々な将来の展望がある中で、ライフ重視の方も、約半数がなんらかの形で仕事をしたいと考えていました。

ゆるめに働きたい方と、バリバリ働きたい方を合わせると、過半数が「60歳になったときも仕事を続けたい」と考えていましたよ。

今回の集計では、多数派な「一人暮らし女性の【将来】の展望」は、以下のようになることがわかりました。

一人暮らし女性の【将来】の展望

  • 心配なことは「お金」をはじめ、「老後」「仕事」「親」
  • 今後やりたいことは「旅行」
  • 60歳になったときは、私生活を重視しつつ、何らかの形で働きたい

カーサミアでは引き続き、会員を対象にしたアンケートを行っています。

この集計結果に「共感できる!」という方も、「私の場合はこんな感じ」という方も、ぜひアンケートにご参加くださいね。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

回答者には謝礼もご用意しています。
ふるってご参加ください!

アンケート会員募集中:https://casamia.trust5.co.jp/blog/post_22347/

タイトルとURLをコピーしました