賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

手取りと家賃

”家賃の目安は手取りの3割”…と言われるけれど「首都圏は家賃が高い!一人暮らしで手取りの3割って無理じゃない?手取りの4割でも暮らしていける?生活費や貯金はどうなる?」そんなあなたに、家計簿シミュレーション&体験談&節約術をご紹介!
平均家賃が5万円のエリア、6万円のエリアなども条件ごとにご紹介しています。

おうち

東京近郊に家賃10万円で一人暮らし。どんな部屋に住める?必要年収は?

家賃を10万円程度(9万円以上〜11万円未満)にした場合、どんなお部屋に住めるのでしょうか。私たちは不動産”開発”会社が運営するメディアという第三者的な立場を活かして、一人暮らし女性の住まい探しに役立つ情報を発信しています。体験談によると、10万円程度の家賃では、新築や通勤便利な立地などかなり満足度の高いお部屋に住んでいる方が多そうです。一般的に、「家賃は手取りの3割」が理想とされています。ですから、手取り月収が30万円(額面月収で約38万円)以上あれば、ゆとりを持って家賃10万円のお部屋に住むことができます。しかし、若くて収入の少ない人が家賃の高いエリアに住む場合は、「家賃は手取りの4割」でもやむを得ないこともあるでしょう。手取り月収が25万円(額面月収で約32万円)あれば、節約しながら家賃10万円のお部屋に住むことも可能です。年収はボーナスの有無によって変わる部分が大きいですが、額面で約448万円~約532万円ほどでしょう。続いて、一人暮らしの平均的な家賃を統計から調べてみましょう。この記事では、「住生活基本法」という法律によって定められている最低居住面積(25㎡)前後の賃貸の平均家賃を「一人暮らしのお部屋の家賃相場」と考えることにします。東京都の平均家賃は6万8,767円(出典:平成30(2018)年 住宅・土地統計調査)。家賃10万円という予算は、東京都の平均と比較してもかなり余裕があり、選択肢も増えます。では、具体的にどんなお部屋になるのでしょうか?一人暮らしの家賃相場が10万円程度の自治体は、23区のうち千代田区と港区が平均賃料9万円から11万円に当てはまります。具体的にはどのような条件のお部屋になるのでしょうか?「土地統計調査」では広さ以外の条件がわからないため、LIFULL HOME’Sにて掲載されている「家賃相場」のデータを利用して、様々な条件ごとの家賃相場を見ていきましょう。「築年数5~10年」で検索したところ、目黒区・台東区・新宿区・江東区・文京区、品川区、墨田区、豊島区の8つの区が該当しました。多摩地域は、どこも平均家賃が9万円以下で、9万~11万円は該当なし。「バス・トイレ別/室内洗濯機置場」で検索したところ、中央区・渋谷区・目黒区・台東区・江東区・新宿区・品川区の8つの区が該当しました。女性の一人暮らしなら、セキュリティも意識したいところ。「オートロック&2階以上」で検索したところ、文京区・台東区・品川区・墨田区・豊島区・世田谷区・中野区・大田区の8つの区が該当しました。。東京都下(多摩地域)は、どこも平均家賃が9万円未満となっています。武蔵野市が8.94万円でいちばん高額な平均家賃でした。人気の条件「築年数が比較的新しい」「バス・トイレ別」「室内洗濯機置場」「2階以上」「オートロック」という条件をすべて満たしたお部屋は23区のうち18の区で検討できます。また、面積が40~49㎡の、少しゆとりのあるお部屋も選べます。墨田区・大田区・杉並区・北区・荒川区・練馬区なら、同じ予算でさらに広い50㎡~59㎡のお部屋も借りられそうです。逆に広さを妥協して一人暮らしにもやや小さめの19㎡以下のお部屋で探せば、港区も検討可能です。一方、条件と希望が見合わない場合は、近郊の埼玉・千葉・神奈川も検討することになるでしょう。多くの自治体で「20㎡~29㎡」のお部屋が家賃6万円未満であり、「40㎡~49㎡」の家賃相場が7万円前後です。10万円の予算があれば横浜市 西区、川崎市 中原区といった人気の街で、広めの「40㎡(誘導居住面積水準)以上」のお部屋も検討できるでしょう。続いて、家賃10万円前後で検討しやすい、編集部おすすめの街・吉祥寺、大井町、武蔵小山を紹介しています。さらに実際に家賃10万円のお部屋に住んでいる人に、どんなお部屋なのかをうかがってみました。「4階の1DKで、静かな環境。通勤時間は45分。不満らしい不満なし(34歳・女性)」「新築マンション、きれいなだけでなく収納も多め(36歳・女性)」と、満足して住んでいるようすが伺えます。家賃10万円は、平均賃料と比べて安い金額ではありません。しかし、そのぶん充実した一人暮らしを送ることができそうです。また、月10万円以上の住居費を払うのであれば、資産状況(貯金額など)にもよりますが、マンション購入を検討できますよ。将来のライフプランを考える際には、意識してみてくださいね。素敵なお部屋が見つかりますように。
おうち

東京近郊に家賃5万円で一人暮らし。どんな部屋に住める?必要年収は?

家賃を5万円程度(4.5万円以上〜5.4万円未満)にした場合、どんなお部屋に住めるのでしょうか?カーサミア編集部では不動産”開発”会社が運営するメディアという第三者的な立場を活かして、一人暮らし女性の住まい探しに役立つ情報を発信しています。一般的に、「家賃は手取りの3割」が理想とされています。ですから、手取り月収が17万円(額面月収で約22万円)以上あれば、ゆとりを持って家賃5万円のお部屋に住むことができます。しかし、若くて収入の少ない人が家賃の高いエリアに住む場合は、「家賃は手取りの4割」でもやむを得ないこともあるでしょう。手取り月収が13万円(額面月収で約15.5万円)あれば、厳しいですが家賃5万円のお部屋に住むことも不可能ではありません。年収はボーナスの有無によって変わる部分が大きいですが、額面で約186万円~約300万円ほどでしょう。続いて、一人暮らしの平均的な家賃を統計から調べてみましょう。この記事では、「住生活基本法」という法律によって定められている最低居住面積(25㎡)前後の賃貸の平均家賃を「一人暮らしのお部屋の家賃相場」と考えることにします。東京都の平均家賃は6万8,767円(出典:平成30(2018)年 住宅・土地統計調査)。家賃5万円という予算は、全国平均です。しかし、東京都内で探すなら、平均を2万円近く下回る予算です。物件を厳選する必要があるでしょう。では、具体的にどんなお部屋になるのでしょうか?一人暮らしの家賃相場が5万円程度の自治体は、23区内では存在しません。23区内で家賃の安いところは、葛飾区の平均家賃5万5,107円、江戸川区の5万9,546円となっています。広さを妥協して、一人暮らしにもやや小さめの19㎡以下のお部屋であれば、板橋区・5万4,286円、足立区・5万1,676円、葛飾区・5万2,111円等が候補になります。また、5万5000円をほんの少し超えることも許容するなら、練馬区(5万5,125円)と江戸川区(5万5,026円)も選択肢に入るでしょう。「最低居住面積」未満のお部屋ですので、長く住んでいると不満を感じることも多いと推測できます。しかし、一時的な住まいと割り切って暮らすこともできるでしょう。東京都下(多摩地域)ではどういったお部屋が選べそうか、見てみましょう。一人暮らしのお部屋の家賃相場が「5万円」の自治体は、14の自治体があります。比較的新しい「築年数5~10年」、人気の「バス・トイレ別、室内洗濯機置場」「オートロック&2階以上」といった条件も選べそうです。しかし、東京都下(多摩地区)でも、「40㎡~49㎡」という広めのお部屋を探すのは難しそうです。近郊の埼玉・千葉・神奈川の家賃相場も見てみましょう。一人暮らしのお部屋の家賃相場が5万円台の自治体では、一人暮らし向けの20~29㎡のお部屋はもちろん、少し広めの40㎡~49㎡のお部屋の選択肢も豊富です。家賃を抑えたいのであれば、このように郊外までエリアを広げることで、幅広い選択肢から選ぶこともできそうです。続いて、実際に家賃5万円のお部屋に住んでいる人に、どんなお部屋なのか体験談をうかがってみました。参考にしてくださいね。東京近郊(埼玉・千葉・神奈川)で家賃5万円のお部屋を探すなら、予算と相場がかけ離れていないエリアで探すほうが合理的でオススメです。まずは物件検索サイトで、予算に見合った家賃相場の駅を調べてみましょう。
おうち

東京近郊に家賃8万円で一人暮らし。どんな部屋に住める?必要年収は?

家賃を8万円程度(7.5万円以上〜8.5万円未満)にした場合、どんなお部屋に住めるのでしょうか?体験談によると、かなり満足度の高いお部屋に住んでいる方が多そうです。カーサミア編集部では不動産”開発”会社が運営するメディアという第三者的な立場を活かして、一人暮らし女性の住まい探しに役立つ情報を発信しています。一般的に、「家賃は手取りの3割」が理想とされています。ですから、手取り月収が27万円(額面月収で約34万円)以上あれば、ゆとりを持って家賃8万円のお部屋に住むことができます。しかし、若くて収入の少ない人が家賃の高いエリアに住む場合は、「家賃は手取りの4割」でもやむを得ないこともあるでしょう。手取り月収が20万円(額面月収で約25万円)あれば、節約しながら家賃8万円のお部屋に住むことも可能です。年収はボーナスの有無によって変わる部分が大きいですが、額面で約300万円~約468万円ほどでしょう。続いて、一人暮らしの平均的な家賃を統計から調べてみましょう。この記事では、「住生活基本法」という法律によって定められている最低居住面積(25㎡)前後の賃貸の平均家賃を「一人暮らしのお部屋の家賃相場」と考えることにします。東京都の平均家賃は6万8,767円(出典:平成30(2018)年 住宅・土地統計調査)。家賃8万円という予算は、東京都の平均と比較しても余裕があり、選択肢も増えます。では、具体的にどんなお部屋になるのでしょうか?一人暮らしの家賃相場が8万円程度の自治体は、23区のうち新宿区・文京区・台東区・江東区・品川区・目黒区といった副都心や人気の街も含む6区が候補にあがります。具体的にはどのような条件のお部屋になるのでしょうか?「土地統計調査」では広さ以外の条件がわからないため、LIFULL HOME’Sにて掲載されている「家賃相場」のデータを利用して、様々な条件ごとの家賃相場を見ていきましょう。「築年数5~10年」で検索したところ、家賃相場が7.61万円の板橋区をはじめ、5つの区が該当しました。多摩地域では、人気の吉祥寺駅がある武蔵野市が該当します。「バス・トイレ別/室内洗濯機置場」で検索したところ、北区の8.03万円や調布市の7.70万円をはじめ、3つの区と3つの市が該当しました。女性の一人暮らしなら、セキュリティも意識したいところ。「オートロック&2階以上」で検索したところ、江戸川区の相場7.55万円や三鷹市の8.27万円など、4つの区と3つの市が該当しました。また、複数の人気の条件を満たす物件は、23区内では江戸川区・足立区・葛飾区・板橋区・練馬区・荒川区といった、外周部の北部~東部の自治体で多そうです。東京都下(多摩地域)では、23区に隣接した狛江市や、JR中央線沿線の国立市・小金井市・国分寺市・立川市などが選べそうです。また、面積が40~49㎡の、少しゆとりのあるお部屋も選べます。もっと郊外までエリアを広げて検討できる場合は、同じ予算でさらに広い50㎡~59㎡のお部屋も借りられそうです。逆に広さを妥協して一人暮らしにもやや小さめの19㎡以下のお部屋で探せば、渋谷区も検討可能です。千代田区、中央区、文京区といった都心・副都心の区が選択肢に入ります。一方、条件と希望が見合わない場合は、近郊の埼玉・千葉・神奈川も検討することになるでしょう。多くの自治体で「20㎡~29㎡」のお部屋が家賃6万円以下であり、「40㎡~49㎡」の家賃相場が7万円前後です。8万円の予算であれば浦安市や横浜市鶴見区・神奈川区・青葉区・都筑区、川崎市高津区・麻生区、鎌倉市といった人気の街で、広めの「40㎡(誘導居住面積水準)以上」のお部屋も検討できるでしょう。続いて、家賃8万円前後で検討しやすい、編集部おすすめの街をご紹介します。小竹向原(東京都練馬区)は「池袋」まで直通5分と都心へのアクセスが良いです。その一方で、派手さはなく、静かで落ち着いた暮らしができそうな街。1Kや1DKのマンションが8万円前後。アパートであればもう少し安く住むこともできそうです。「経堂」駅は、老若男女たくさんの人びとの気配で活気に溢れた街です。経堂テラスガーデンや商店街など、駅前にあるお店の豊富さが印象的。家賃相場としては、1Kマンション・アパートが8万円弱。幅広い選択肢から選べそうです。三鷹(東京都三鷹市)はJR中央線と中央・総武線が通っていて、「新宿」や「東京」まで乗り換えなしで移動することが可能です。大きなふたつのショッピングモールがあり、「井の頭恩賜公園」や「三鷹の森ジブリ美術館」も近い緑豊かな環境です。家賃相場からすると、1Kマンションや、少し広めの1DKアパートなどが検討できそうです。それでは、実際に家賃8万円のお部屋に住んでいる人に、どんなお部屋なのかをうかがってみましょう。「実家にもほど近く、安心感のある新築マンション(32歳・女性)」「設備はやや古いが、ターミナル駅まで1駅(27歳・女性)」「家賃以外は、一切妥協なし!(25歳・女性)」など、満足して住んでいるようすが伺えます。家賃8万円は、平均賃料と比べて安い金額ではありません。しかし、そのぶん充実した一人暮らしを送ることができそうです。また、月8万円以上の住居費を払うのであれば、資産状況(貯金額など)にもよりますが、マンション購入を検討できますよ。将来のライフプランを考える際には、意識してみてくださいね。素敵なお部屋が見つかりますように。
スポンサーリンク
おうち

東京近郊に家賃7万円で一人暮らし。どんな部屋に住める?必要年収は?

家賃を7万円程度(6.5万円以上〜7.5万円未満)にした場合、どんなお部屋に住めるのでしょうか。カーサミア編集部では不動産”開発”会社が運営するメディアという第三者的な立場を活かして、一人暮らし女性の住まい探しに役立つ情報を発信しています。一般的に、「家賃は手取りの3割」が理想とされています。ですから、手取り月収が23万円(額面月収で約29万円)以上あれば、ゆとりを持って家賃7万円のお部屋に住むことができます。しかし、若くて収入の少ない人が家賃の高いエリアに住む場合は、「家賃は手取りの4割」でもやむを得ないこともあるでしょう。手取り月収が17.5万円(額面月収で約21.5万円)あれば、工夫しながら家賃7万円のお部屋に住むことも可能です。年収はボーナスの有無によって変わる部分が大きいですが、額面で約260万円~約400万円ほどでしょう。続いて、一人暮らしの平均的な家賃を統計から調べてみましょう。この記事では、「住生活基本法」という法律によって定められている最低居住面積(25㎡)前後の賃貸の平均家賃を「一人暮らしのお部屋の家賃相場」と考えることにします。東京都の平均家賃は6万8,767円(出典:平成30(2018)年 住宅・土地統計調査)。家賃7万円という予算は、全国平均からするとかなり余裕があります。東京都内で探すなら、平均程度の予算です。平均程度ということは、選択肢も増えるということ。では、具体的にどんなお部屋になるのでしょうか?一人暮らしの家賃相場が7万円程度の自治体は、23区のうち外周部をはじめとする墨田区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、練馬区が候補にあがります。副都心では豊島区が候補になりそうです。具体的にはどのような条件のお部屋になるのでしょうか?「土地統計調査」では広さ以外の条件がわからないため、LIFULL HOME’Sにて掲載されている「家賃相場」のデータを利用して、様々な条件ごとの家賃相場を見ていきましょう。「築年数5~10年」で検索したところ、家賃相場が6.87万円の葛飾区をはじめ、4つの区が該当しました。「バス・トイレ別/室内洗濯機置場」で検索したところ、江戸川区の相場6.99万円をはじめ、6つの区が該当しました。女性の一人暮らしなら、セキュリティも意識したいところ。「オートロック&2階以上」で検索したところ、該当するのは葛飾区の相場7.35万円のみでした。また、面積が40~49㎡の、少しゆとりのあるお部屋の家賃相場が7万円程度の自治体は、足立区と葛飾区でした。家賃7万円で一人暮らしに向いたお部屋を探すとなると、エリアは限定されてしまいます。もっと都心部に住みたい場合、広さを妥協して一人暮らしにもやや小さめの19㎡以下のお部屋で探せば、千代田区、中央区、文京区、台東区、目黒区、荒川区の6区です。千代田区、中央区、文京区といった都心・副都心の区が選択肢に入ります。一方、条件と希望が見合わない場合は、23区外を検討することになります。つまり、多摩地域や近隣他県です。多摩地区の多くの自治体の平均賃料は、家賃6万円以下です。しかし、住みたい街として人気の「吉祥寺」駅を含む武蔵野市と、それに隣接する三鷹市では、家賃7万円前後が平均となっています。国立市、狛江市、稲城市、西東京市では「40㎡~49㎡」という広めのお部屋の家賃相場が7万円前後でした。エリアを広げて検討できる場合は、より郊外に行けば、同じ予算でさらに広い50㎡~59㎡のお部屋も借りられそうです。また、近郊の埼玉・千葉・神奈川の家賃相場は、多くの自治体で20㎡~29㎡のお部屋が家賃6万円以下です。家賃7万円では、少し広めの「40㎡(誘導居住面積水準)以上」のお部屋も検討できそうです。続いて、家賃7万円前後で検討しやすい、編集部おすすめの街をご紹介します。西荻窪(東京都杉並区)の駅前は家賃相場も高めですが、駅から離れれば、家賃7万円前後で借りられる1Kアパートが見つかりそうですよ。日吉(神奈川県横浜市港北区)では、家賃7万円前後であれば、1Kマンション・1Kアパートが検討できます。和光市(埼玉県和光市)の家賃相場はやや安めで、1Kのマンションかアパートなら、駅前であっても現実的に検討できそうです。それでは、実際に家賃7万円のお部屋に住んでいる人に、どんなお部屋なのかをうかがってみましょう。「ロフトが大きく、ゆとりのあるお部屋(34歳・女性)」「広々60㎡超のマンションを購入(26歳・女性)」など、ゆとりを持って住んでいるようすが伺えます。家賃7万円という予算は、東京都の賃貸としては平均程度。23区内で探すと、広さやエリアなどいくつかの条件に絞って選ぶ必要があります。しかし、都下(多摩地区)や近郊(埼玉・千葉・神奈川)にエリアを広げるなら、幅広い物件が選べる予算です。体験談も参考にしてくださいね。すてきなお部屋と出会えますように!
おうち

東京近郊に家賃6万円で一人暮らし。どんな部屋に住める?必要年収は?

お部屋探しを考えるとき、いろんな希望もありつつ、まずは予算(家賃)が大切ですよね。「条件はいいけれど高すぎるお部屋」に住んでしまって、生活が苦しくなってしまうことは避けたいものです。それでは、家賃を6万円程度(5.5万円以上〜6.5万円未満)にした場合、どんなお部屋に住めるのでしょうか。統計をもとにまとめました。一般的に、「家賃は手取りの3割」が理想とされています。ですから、手取り月収が20万円以上あれば、ゆとりを持って家賃6万円のお部屋に住むことができます。なお、手取り月収で20万円ということは、額面月収では約25万円です。しかし、若くて収入の少ない人では「家賃は手取りの4割」でもやむを得ないこともあるでしょう。手取り月収が16万円あれば、工夫しながら家賃6万円のお部屋に住むことも可能です。なお、手取り16万円は、額面月収では約20万円です。年収はボーナスの有無によって変わる部分が大きいですが、240万円~350万円(額面)が目安です。一人暮らしの平均的な家賃は「平成30(2018)年 住宅・土地統計調査」によると、東京都で延べ面積が20~29㎡では6万8,767円、全国平均では5万0,113円です。家賃6万円という予算は、全国平均からすると余裕があります。しかし、東京都内で探すなら、平均以下の予算です。物件を厳選する必要があるでしょう。では、具体的にどんなお部屋になるのでしょうか?東京23区内でのお部屋を探そうとすると、なかなか厳しい結果になってしまいます。お部屋の広さを19㎡以下まで妥協すれば、選択肢が増えますね。長く住んでいると不満を感じることも多いと推測できます。しかし、一時的な住まいと割り切って暮らすこともできるでしょう。お部屋の広さやセキュリティなど、ある程度の条件と家賃を両立させるには、23区内では難しそう…という場合、23区外を検討することになります。東京都下(多摩地域)や埼玉・千葉・神奈川であれば、23区内に比べて家賃6万円程度でも選べるお部屋が多そうです。より郊外を検討できるのであれば、さらに幅広い選択肢から選ぶこともできそうです。家賃6万円前後で検討しやすい、編集部おすすめの街は、朝霞(埼玉県朝霞市)、南浦和(埼玉県さいたま市)、稲