賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

防災

防災 防災

災害時に頼れる人が少ない一人暮らしだからこそ、しっかり備えておきたい「防災」。

「水・非常食などの防災備蓄」「非常用持ち出し袋(防災リュック)」「台風への備え」「地震への備え」「避難の判断」などの情報を発信しています。

防災

防災ポーチにいらないものは? 3.11経験者がポーチの中身を公開

東日本大震災を経験した私が、防災ポーチに備えている必要最低限のものを紹介します。大切なのは「いざというときに備えて持ち歩く」こと。ティッシュ・マスクなど、外出する際に必ず持ち歩いているのであれば、防災ポーチから外してもよいと考えています。
防災

防災グッズの置き場所がない…。狭い賃貸でもしっかり備える方法は?

防災グッズは場所を取ってしまうと考えがちですが、工夫すれば狭い賃貸でも置くことができます。置き場所の案としては、玄関周り、ソファやベッドなどの収納付きの家具、スーツケースの中、ベランダなどがあります。
防災

【防災グッズ】カセットコンロはいらない?3.11経験者が考える必要性

私が東日本大震災を宮城県の自宅アパートで被災したときは「カセットコンロ」がとても役に立ちました。どのように役に立ったのか、必要性や、メリットデメリット、備える際の注意点もあわせてご紹介します。
スポンサーリンク
防災

地震に強いマンションの見分け方は?一級建築士が確認するのはこの5点

一級建築士として日頃から、マンションを設計している私が、地震に強いマンションの見分け方を解説します。物件を選ぶ際に気にするべきポイントについても紹介しているので、ぜひご覧ください。
防災

防災グッズで実際に役立ったものは?東日本大震災の経験者の備え

東日本大震災を宮城県の自宅アパートで被災し、停電と断水が続く中で避難生活を送った私が、被災時に「実際に役に立った防災グッズ」についてご紹介します。「防災専用に」として特別に備蓄していたものではなく、普段の生活の中で使っていたものでした。
防災

コンタクトレンズ派の災害対策、どうする?元販売員が教える”必要なもの

この記事では、元コンタクトショップ店員が、コンタクトレンズユーザーの災害対策について解説します。被災時の視力矯正はメガネの使用が最適解。とはいえ様々な理由でコンタクトレンズが必要という方のため、知っておいてほしい情報を紹介します。
防災

地震に強い「賃貸アパート」の選び方は?一級建築士が解説

現役で賃貸物件を設計している一級建築士が、地震が起きても被害が出にくいアパートについて解説していきます。地震に関しては建物の性能がダイレクトに影響するため、物件選びの際に注意したいポイント。液状化や津波、火災といった二次被害も確認しておきましょう。
防災

防災ヘルメットはいらない?【3.11経験談】揺れの最中は被れないが…

防災グッズの中に「ヘルメット」はいならいのでは?という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。東日本大震災を宮城県の自宅アパートで被災した筆者が、経験と併せて解説します。
防災

災害時に備えてメガネを持ち歩くべき?元眼鏡屋さんのおすすめ対策は

視力矯正が必要な人は、災害時に備えてメガネを持ち歩くのが理想的です。普段コンタクトレンズを使用している方も、水の使用が制限される環境ではメガネの使用がおすすめです。また、防災リュックにはメガネを防災グッズに入れておくことも忘れずに!
おうち

【2024年3月更新】東京都内で地震・災害に強い、一人暮らし女性におすすめの町は?

東京都や防災科研が出している震度予測や地震に関する危険度測定調査をもとに、宅建士の筆者が「地震に強い町のうち、一人暮らし女性におすすめの町」を紹介します。お部屋探しの際には、それぞれの町のリスクとともに、自分がどの程度まで許容できるのか、価値観やライフスタイルを考えてみてくださいね。
ペット

【犬の防災】防災グッズを買うだけじゃ足りない!愛犬を守る準備とは?

この記事では「一人暮らしで犬を飼っていて、地震などの災害に遭ってしまったときどうすればいいか。普段から備えるべき防災対策」などについて、犬のトレーニングサービスも行っているPeT2rainee(ペットレーニー)の代表トレーナー、高橋ルミさんが解説します。
防災

防災ポーチに、小銭はいくら必要?被災経験者たちが入れている金額は…

普段から持ち歩くことを想定している防災グッズ「防災ポーチ」。現金を入れておくことが推奨されていますが、「いくらの小銭を入れておくか?」について検討します。東日本大震災の経験者を含む2名の意見をうかがいました。参考にしてください。
ペット

【猫の防災】防災グッズを買うだけじゃ足りない!愛猫を守る準備とは?

この記事では「一人暮らしで猫を飼っていて、地震などの災害に遭ってしまったときどうすればいいか。普段から備えるべき防災対策」などについて、猫のトレーニングサービスも行っているPeT2rainee(ペットレーニー)の代表トレーナー、高橋ルミさんが解説します。