賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

災害時、なくて困ったもの【2023年アンケート結果】ランキングTOP5

防災
この記事は約11分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

台風、地震、大雨……。
これらによって起こる停電や断水、ガス供給停止を想定して、普段から何か準備をしていますか?

水や食料の備蓄くらいはしているけれど、ほかに何が必要になるかよくわからない…ということはないでしょうか。

今回カーサミア編集部では、実際に災害に遭った経験のある人にアンケートを実施。

“災害時、なくて困ったものランキング トップ5”としてまとめてみました。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

実体験に基づいた生の声なので、本当に必要な防災グッズは何か、どんなものをそろえておけばよいか、考える参考になると思います。

ぜひチェックして、災害がやって来てから慌てないように、足りないと思うものがあったら今のうちに用意しておきましょう。

それでは早速第5位から!

スポンサーリンク

災害時、なくて困ったものランキング第5位:ラジオ

停電でテレビが見られず、スマホのバッテリーもなくなって…。と困った人が多数|イメージ画像:写真AC

体験談「台風の影響で停電になりました。テレビがつきません。スマホは充電がなくなってしまい天気関連のニュースが見られませんでした。台風がどこにいるのか、いつ過ぎるのかわからず困りました」

災害時はとっても不安。
いまどういう状況なのか、情報が欲しいですよね。
しかし災害時には停電でテレビが見られないということになりかねません。
そんなときに限ってスマホのバッテリーが残り少ないということも。

そこで活躍するのがラジオです。

スマホのラジオアプリでもラジオ番組を聴けますが、長時間だとバッテリー切れが心配。

その点、電池式のポータブルラジオなら電池の持ちがよくて、単4電池2本で250時間以上の電池寿命があるモデルも発売されています。

普段ラジオは聞かないという人も、防災グッズとして小型の電池式ラジオを一つ持っておくといいでしょう。

スポンサーリンク

災害時、なくて困ったものランキング第4位:飲料水

断水になってから買おうとしても、売り切れている可能性が。重いので、通販で買って備蓄するといいでしょう|イメージ画像:写真AC

何はなくても“飲み水” がないと生きていられません。

体験談「地震で1日断水。でも、水を手に入れることができませんでした。大勢の人が近所のスーパーやドラッグストアに水を買いに行き、在庫切れだったからです」

今回のアンケートでも、このような回答がありました。
備蓄用としてミネラルウオーターを買っておくことをおすすめします。

1日に必要な水分が3リットル(農林水産省HPによる)として、3日から1週間分。
一人暮らしの場合は計21リットルくらい。

ウオーターサーバー用などの10〜20リットルといった大容量の水は運ぶのが大変です。
長期保存できるペットボトル入り飲料水セットを通販で買って置いておくといいでしょう。

また、周りの家は断水しなかったとしても、以下のようなケースもあるようです。

体験談「台風で寝ている間に停電になっていて、マンションの給水システムが止まり、朝起きて洗顔や歯磨きができなくて困りました」

特にマンション住まいの人は要注意です。

[Amazonブランド] Happy Belly 長期保存水 500ml×24本
Happy Belly (ハッピーベリー)
¥1,994 (¥83 / 本)(2024/02/29 07:13時点)
スポンサーリンク

災害時、なくて困ったものランキング第3位:モバイルバッテリー

連絡を取ったり、情報を得たり…スマホは生活必需品。モバイルバッテリーを充電しておくこともお忘れなく!|イメージ画像:写真AC

ネット検索、通話、買い物の支払い、動画や音楽視聴、ゲーム……。
スマホは1台で、なんでもできて便利。
すっかり生活必需品です。

ただ、ありとあらゆるサービスや機能が集中しているため、スマホが使えなくなるとなにもできないという恐れもあります。

なのに、スマホのバッテリーってあまり長持ちしませんよね。