賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

防災グッズ基本の4選。安くても災害時に役立つものは?【防災士解説】

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ニュースなどで災害の情報を目にするたびに、「防災グッズを用意しないと…」と頭では思いつつも、実際に用意するとなるとためらってしまうという方も多いのではないでしょうか。どのようなものを用意すべきかわからなかったり、費用を気にして用意することに踏み出せなかったりしますよね。

こんにちは、カーサミアライターのえなです。防災士という防災系の資格保有者である私が、防災に関する疑問を解決していきます。

今回は、「初心者がまずは買うべき防災グッズ」に関して紹介します。防災グッズはついつい特別で高価なものと考えられがちですが、案外リーズナブルに購入でき身近で揃えられます。この記事をきっかけに、防災グッズの準備をまずは一歩はじめてみてほしいです。

スポンサーリンク

質問:水・食料の次にまずは買うべき防災グッズは何?

水・食料の次に用意すべき防災グッズはなんでしょうか?
あまり金銭的な余裕がない生活をしているため、お店の防災コーナーを見たりネット検索をするだけで終わってしまいます。なのでまずこれを買うと良いという物があれば知りたいです。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

わかります、高額なものは買えませんよね。これから防災グッズを用意しようと思っている方に向けて、まずは買うべき防災グッズを伺ってみましょう!

スポンサーリンク

回答:まずは初心者が買うべき防災グッズ 4選

初心者にまず揃えてほしい防災グッズは、救急セット・簡易トイレ・モバイルバッテリー・懐中電灯|イメージ画像:イラストAC

水や食料以外に、まずは揃えてほしい防災グッズを4つ紹介します。

救急セット

災害時は、多くの傷病者が発生するため怪我をしても直ぐに病院で見てもらえるとは限りません。そのため、災害時に怪我をした際には自身で応急手当するしかない可能性もあり、救急セットは必ず用意しておきたいアイテムの一つです。

救急セットの中には次のようなアイテムを用意しておきましょう。いずれのアイテムも100均で手軽に揃えられます。

  • 絆創膏
  • 消毒液
  • ガーゼ
  • 包帯
  • テープ
  • はさみ
  • ピンセット
  • 爪切り など

細々と買い揃えるのを面倒に感じるなら、セットになった商品を買うのもよいでしょう。

簡易トイレ

簡易トイレとは、便器等に便袋を付けて、排泄後に吸水シートや凝固剤で水分を安定化させるものです。100均やホームセンターなどで購入できますよ。

災害時は、電気、上下水道などのライフラインが被害を受けトイレが使用できなくなる可能性があります。そのため、災害時にトイレで困らないよう簡易トイレを備えておく必要があるのです。

モバイルバッテリー

災害時は、家族へ安否連絡をする際や災害情報を収集するのにスマホは欠かせません。しかし、電気がストップしてしまった場合、スマホを充電できなくなりますよね。いざというときスマホが使えないという事態にならないためにも、モバイルバッテリーの用意は欠かせません。

モバイルバッテリーを選ぶ際には複数回充電ができるよう大容量のものを選び、充電ケーブルも複数本あわせて準備しておきましょう。

懐中電灯

懐中電灯は、災害の影響で停電してしまった際に安全に行動できるよう欠かせないアイテムです。懐中電灯を選ぶ際には、連続点灯時間が長いものを選ぶのがおすすめ。また、ラジオがついているなど、懐中電灯にプラスアルファの機能が備わっている商品を選ぶのもいいですね。

スポンサーリンク

その他必要な防災グッズはコレ!

まずは揃えてほしい4つの防災グッズを紹介しましたが、これら以外にも揃えてほしい防災グッズはたくさんあります。

どのような防災グッズを揃えればいいのかは、「大雨・豪雨・台風対策、非常用持ち出し袋・防災リュックの準備はOK?​​」を参考にしてください。過去の記事では、実際に私が揃えている防災グッズを写真付きでわかりやすく紹介している記事もありますよ!

スポンサーリンク

防災グッズを安価に揃えるコツを紹介

防災グッズをできるだけ費用をかけずに揃えたい方に向けて、安価に揃えるコツを紹介していきます。

自宅にあるもので案外揃えられる

「災害に備えて防災グッズを買わないと!」と特別に考える方も多いでしょう。しかし、わざわざ防災グッズを買わずとも、実は自宅にあるもので案外揃えられたり、代用できたりする場合があります。

例えば、衣類や衛生用品・日用品などは自宅にあるものでだいたい揃えられますよね。また、モバイルバッテリーや懐中電灯も新しく購入せずとも、既に一つは所持しているという方も多いのではないでしょうか。

その他にも、簡易トイレに関しては保冷剤で手作りが可能ですし、調理の際に必要なカセットコンロも空き缶で手作りできます。

それぞれの詳しい手作り方法は以下の過去記事をご覧ください。

保冷剤を非常時用トイレに再利用!方法と注意点は…【防災士解説】

保冷剤を災害用トイレに再利用する方法。注意点は?【防災士解説】
防災士という防災系の資格保有者である私が、保冷剤を「災害時の非常用トイレ」に再利用する方法を紹介します。実は、保冷剤は災害時に有効活用できるため、溜まってきたからと捨ててしまうのはもったいないですよ。災害時用の簡易トイレは、最低でも3日分~1週間程度を備えておくのが望ましいですが、ライフラインが長期間復旧しない場合、用意していた簡易トイレがなくなる可能性もありますよね。また、まとまった簡易トイレを用意するとなるとある程度の費用もかかるでしょう。ですから保冷剤を再利用した簡易トイレの自作方法を覚えておくと、役に立ちますよ。自作方法の前に、まず、簡易トイレの仕組みを説明します。一般的な市販の簡易トイレは、組み立て式のダンボールやトイレに便袋をつけ、排泄後に吸水シート・凝固剤を利用して水分を吸収します。使用後は、凝固剤で水分が吸収された便袋を処理します。保冷剤は「水」と「高吸水性ポリマー」という成分でできています。高吸水性ポリマーは、自重の数百~数千倍の重量の水を吸収する効果があります。そのため、保冷剤から高吸水性ポリマーのみを抽出することで、簡易トイレには欠かせない、排泄物を吸収してくれる「凝固剤」の代わりとして活用できるのです。では、具体的にどのように保冷剤を再利用して簡易トイレを作成できるのか、またどのように使用するのかを紹介していきましょう。小さめの保冷剤3〜4個で1回分のトイレとして使用可能です。また、「消臭入り」などと記載のある保冷剤なら、消臭効果も期待できます。なお、すべての保冷剤に消臭効果があるわけではないためご注意ください。また、保冷剤から取り出した高吸水性ポリマーは冷蔵庫で保管すれば半年ほどもつため、災害時に備えて作り置きも可能です。最後に、保冷剤を簡易トイレとして再利用する際の注意点を紹介します。1.保冷剤をシンクやトイレに流してはいけない 2.古い保冷剤には有害な成分「エチレングリコール」が使われていることがある 3.消臭剤や芳香剤として活用した保冷剤は、非常用トイレに適していない。ここまで、保冷剤から高吸水性ポリマーを抽出して再利用し、簡易トイレを作成する方法を紹介してきました。しかし簡易トイレを大量に手作りしたい場合には、高吸水性ポリマーや凝固剤が単体で販売されているものを災害時に向けてストックしておく方法もありますよ。まずは一度試してみてくださいね。

防災士が解説。段ボールでつらい避難所生活を改善する方法

100均も併せて活用する

防災グッズは、特別なものを買わずとも実は100均で一部グッズを揃えることが可能です。

例えば、簡易トイレ・懐中電灯・救急セット・日用品・衛生用品などだいたいのものを揃えられます。ただし、防災ヘルメットや防災リュックなど一部揃えられない商品もあるため注意してください。

また、100均で購入すればコストは抑えられますが、品質や安全が劣っている可能性もありますので、定期的に動作確認することが必要になる物も出てくることを覚えておきましょう。

具体的に100均で揃えられる防災グッズと注意点は、以下の過去記事を参考にしてください。

女性防災士が非常用持ち出し袋に入れるものは?100均グッズも活用中【一覧リスト付き】


100均防災グッズ、防災のプロが選ぶ「買っていいもの・ダメなもの」。購入時の注意点も

防災グッズがセットになった商品を買う

防災グッズを一つひとつ揃えていくよりも、防災グッズがセットになった商品を買うほうが意外と費用を抑えられるという場合もあります。

例えば、ダイソーでは以下のような軍手・アルミブランケット・マスク(3枚)・簡易トイレ(3個)がセットになった、「非常持ち出し4点セット(税込550円商品)」が販売されていたりします。そのほかにも、ネットなどでは防災グッズ複数点と防災リュックがセットになった商品も多数販売されています。

もし、防災グッズを本格的に揃えたいという場合には、一つひとつ揃える前にセットになっている商品と値段を比較してみるのもいいですね。

実際に災害を経験してみないと、防災グッズの必要性を実感するのは難しいですよね。しかし、一つでもいいので防災グッズを準備していることで、いざ災害に遭遇した際にそのアイテムがあなたの生活や、ときには命を守ってくれることに繋がるかもしれません。

今回紹介した防災グッズの中からまずは一つでもいいので、準備を始めてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました