【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

【まとめ】台風・大雨・豪雨対策、非常用持ち出し袋(防災袋)は準備OK?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

台風8号が近付いてきていますね。まだ穏やかな天気のうちに、非常用持ち出し袋の準備を整えてくださいね。

2021年も、日本各地で様々な水害が起きています。日本だけでなく世界的にも、ドイツやベルギー、北京などで大雨・豪雨による災害が起き、取り返しのつかない被害が出ています。被害に遭われた方々と地域が、一日も早く平穏を取り戻せることを願ってやみません。

大雨・豪雨・台風などによる水害は、誰もが他人事ではありません。

近年、豪雨が増加している背景には、温暖化の影響も指摘されています。SDGsをはじめ環境を意識した企業活動も進んでいますが、いますぐ温暖化を止めて降雨量をコントロールすることはできないでしょう。私たちはいつ水害に巻き込まれてもおかしくありません。

一人暮らし女性向けライフスタイルマガジン「カーサミア」では、一人暮らし女性にもできる防災情報を発信してきました。今回は過去記事から、【非常用持ち出し袋(防災袋・防災リュック)】に関する記事をピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

非常用持ち出し袋」に関する記事まとめ

※ニュースアプリ・外部配信サイト等で、リンクや画像が表示されない場合は「オリジナルサイト」よりご覧ください。

※アプリ・外部配信サイト等で、リンク・画像が正常に表示されない場合は、「カーサミア」にてご覧ください

避難所で役に立つものって何?

令和元年東日本台風の際、実際に避難所に行った方の体験談レポです。実際に役に立ったもの・役に立たなかったものをイラストとマンガで紹介しています。

Twitterで話題になったレポのため、目にした方も多いかもしれません。カーサミアでは作者の方の許可を得て、記事としてご紹介しています。

非常用持ち出し袋には何を入れる?

カーサミアで連載中の防災士さんが実際に用意している非常用持ち出し袋の中身を、写真でご紹介いただきました。

一覧表もありますので、ご自身の非常用持ち出し袋を用意する際の参考にしてください。

非常用持ち出し袋、最低限の中身は…?

防災グッズをアレもコレも…と詰め込んでいくと、重くなってしまいがちな非常用持ち出し袋(防災袋)。最低限の中身を、防災のプロ「防災士」さんに教えていただきました。

ひとつのリュックに全部詰め込まなくて大丈夫!

非常用持ち出し袋は「一次避難用」「二次避難用」に2種類作るのがベストです。

「一次避難用」は絶対に用意してほしいですが、余裕があれば避難が長期化した際に備えて「二次避難用」の準備もしてくださいね。

スマホは現代の命綱。充電グッズも忘れずに

停電時にスマホを充電するなら…おすすめ防災グッズ6選
災害時にスマホは、情報収集や家族や友人との連絡手段として欠かせないものです。そのため、災害時にもし停電してしまってもスマホが利用できるよう、充電できる防災グッズを用意しておきたいですよね。今回は防災士という防災系の資格保有者である私が、「停電時にスマホが充電できるおすすめ防災グッズ」に関して紹介します。災害時には何が起こるかわからないため、どのようなものを選べばいいのかわからないという方はもちろん、普段利用している充電グッズがあるという方も、ぜひ災害時のことを考え複数の充電グッズを用意してくださいね。(1)モバイルバッテリー:スマホを所持しているのであれば、1台はすでに持っているという方も多いのではないでしょうか。モバイルバッテリーは、小型ながら大容量のものが多いため、災害時のいざという時でも持ち出しやすく、電気がなくとも数回スマホを充電できるメリットがあります。用意する際は、できるだけ容量の多いものを選ぶのがおすすめ。20,000mAh程度のものを用意しておけば、フルで3回程度充電が可能です。(2)乾電池式充電器:電気が止まっていたとしても、乾電池さえあれば何度でも使えるといった利点があります。しかし、乾電池式充電器は防水機能を備えた商品が少ないため、雨などで濡れてしまうと壊れてしまうデメリットもあります。そのため、防水性のポーチなどに入れて備えておくといいでしょう。(3)ソーラー式充電器:電気や電池がなくとも太陽光さえあれば何度でも充電が可能であり、商品によってはライトや防水機能が備わった商品もあります。しかし、蓄電速度が遅いことや、天候により蓄電が左右されることがデメリットとしてあげられます。災害時に利用するサブの充電器として用意することをおすすめします。停電が長引くなど災害が長期化したときに役立つでしょう。(4)手回し式充電器:手回し式充電器とは、本体にハンドルが付いておりそれを回すことで電力を作ってくれる充電機器のことです。手回し式充電器の中には、ラジオやライトの機能も備わっているものもあります。自身の手で回すだけで充電できることは利点ですが、発電の際には音が大きいことや体力を消耗することが悪い点としてあげられます。蓄電速度も遅いことから、ソーラー式充電器と同様に災害が長期化したことを想定したサブの充電器として備えておくといいでしょう。(5)マグネ式充電器:マグネ式充電器とは、塩水とマグネシウムで電力を作ってくれる充電機器のことです。本体の中に、塩・マグネシウム棒・水を入れることで利用できます。マグネシウム棒一本で約10回ほどの充電が可能です。また、10年以上長期保存可能なため災害用として備えておくのにも適しています。災害時に塩水が手に入らない場合でも、代わりに海水で代用が可能です。しかし、充電速度はあまり早くないことや、マグネシウムがなくなってしまうと使えないこと、他の充電機器よりも値段が高く、持ち運びにくいというデメリットがあります。長期化した災害に備えてのサブの充電器として用意することをおすすめします。(6)シガーソケット式充電器:シガーケット式充電器とは、車の中にあるシガーソケットと呼ばれる円筒形の器具に差し込むことで利用できる充電機器。そのため、こちらは車がある人のみ活用できる充電機器です。車のエンジンをかけることで、充電が可能です。車のエンジンがかかるうちは何度も充電が可能であり、充電速度も比較的早いです。車を持っている一人暮らしの方はぜひ、車内にシガーソケット式充電器を一台備えておきましょう。また、車によってはシガーソケットが設置されていない場合もあるため、一度ご自身の車を確認してみてください。 また、災害に備えて、スマホの充電グッズと合わせて充電ケーブルや小型電源タップも用意しておきましょう。そしてスマホが充電できる防災グッズを用意することも大切ですが、災害時にできるだけスマホを長く利用できるよう、・液晶画面を暗くする・節電モードにする・圏外なら機内モードにする・アプリなどの通知を切るなどの、スマホの節電対策も覚えておきましょう。

スマホは、情報収集や家族・友人との連絡手段として、欠かせないツールです。災害時にもし停電してしまってもスマホが利用できるよう、非常用持ち出し袋には充電グッズを用意しておきましょう。

いざというときすぐに逃げられるよう、非常用持ち出し袋(防災袋・防災リュック)を準備してくださいね。この記事を読んだ方が、非常用持ち出し袋を準備する助けになれば幸いです。

カーサミアでは、ほかにも「防災」に関する記事を多数公開中です。

非常用持ち出し袋以外にも、「防災備蓄」「台風への備え」「避難の判断」などのテーマでたくさんの記事を公開していますので、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました