【一人暮らし女性が大災害に遭遇したら…】防災袋に用意しておくべきおすすめ防災グッズ

【一人暮らし女性が大災害に遭遇したら…】防災袋に用意しておくべきおすすめ防災グッズ

あなたは、首都圏近郊で一人暮らしをしている女性。大地震によって、避難所生活を余儀なくされたらどう行動しますか?

みなさんこんにちは、カーサミアライターのえなです。防災士という防災系の資格保有者である私が、防災に関する疑問を解決していきます。

今回は、防災袋に用意しておくべき便利な防災グッズを紹介していきます。一人暮らしの女性の場合、防災袋を用意しているという方はなかなか少ないのではないでしょうか?

ぜひ、これを機会に防災袋を用意し、いざという災害時に備えてくださいね。

一次避難用・二次避難用に分けて防災袋を用意しておこう

最近では、便利な防災グッズが数多く販売されていますよね。しかし、災害直後の緊急を要す際に、たくさんの防災グッズや備えを持ち出すことは難しく、防災袋の中に入れられるものは限られてしまいます。

そこで、災害時に防災グッズや備えを生かすために、一次避難用(非常用)二次避難用(防災用)に分けて防災袋を用意しておくという考え方を紹介していきます。

一次避難とは?一次避難用の防災袋の中身

一次避難とは緊急性を要する避難のこと。一次避難用の防災袋を用意しておこう。|イメージ画像:防災イラスト集 | 市民防災研究所

一次避難とは、地震による津波・建物の崩壊、台風や大雨による川の氾濫・浸水・土砂災害などで、緊急性を要する避難のことです。一般的に、各自治体が指定する避難場所(学校・公民館・公園など)へ避難します。

自分の命を脅かす危険性があるため、一刻も早い避難が重要であり、素早く避難できるように一日程度過ごせる必要最低限のもの(一次避難用の防災袋)だけを持ち出すことが重要です。

一次避難用の防災袋に用意しておくもの一覧

では、一次避難用の防災袋にはどのようなものを用意しておけばいいか、一例を紹介します。

以前ご紹介した記事「非常用持ち出し袋の中身、実際の避難で本当に必要なもの」では、大雨災害時による実際の避難で、本当に必要だと感じた防災袋の中身を紹介しているため、合わせてご覧ください。

必要な物購入できる場所
飲料水
最低でも1日分(1.5L程度)の飲料水が必要。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア、コンビニ、スーパー
非常食・食料
最低でも1日に必要な3食分の非常食や食料が必要。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア、コンビニ、スーパー
常備薬
目薬など自身に必要な常備薬を用意しておく。
ネット、ドラッグストア
救急セット(絆創膏・消毒液・ガーゼなど)
万が一、ケガをしたときに備えて用意しておく。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア、コンビニ
アイマスク・イヤホン
避難所の電気が消えない場合や、台風などで騒音が気になることがあるため、就寝時に必要となる。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
タオル
汗を拭いたり体をきれいにしたりと、1枚あれば多様に利用できる。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、コンビニ
折りたたみまくら
寝具が配布されるとは限らず、硬い床で就寝することになる場合もあるため、就寝時に必要となる。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
着替え・下着
最低でも1日分の着替え・下着が必要。
ネット、100円ショップ、コンビニ、アパレル専門店
モバイルバッテリー
情報収集や連絡手段として必要な、携帯電話の充電が切れないようにするため。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、コンビニ
マスク
避難所では人が密集するため、感染症などを予防するため。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア、コンビニ
メガネ
普段、コンタクトレンズやメガネを利用している方は用意しておく。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、メガネ専門店
ウエットテッシュ
身体をふく際や、水が使えない際など、多様に利用できる。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア、コンビニ
現金・貴重品
自宅を離れるため、現金や貴重品を身に着けておく。
生理用品
生理になった際に困らないよう用意しておく。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア、コンビニ
折りたたみマット
硬くて冷たい床で寝ることになる場合もあるため、必要となる。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
スリッパ
冬場の避難所は寒いことや、床に物が落ちていても危なくないように必要となる。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
ブランケット
就寝時に布団が配布されるとは限らないため、用意しておく。
ネット、ホームセンター、100円ショップ

参照:一時避難・二次避難・自宅避難の違いを知ろう|保存食から始める防災術

一次避難用におすすめ「防災グッズセット」

防災袋の中身を用意するのが大変という方におすすめなのが「防災グッズセット」です。必要な防災グッズが全てセットになっているため、購入し自宅に置いておくだけで、すぐに備えができますよ。

しかし、様々なグッズがセットになっている分、少し値段は高いです。ランキングやレビューなどを確認し、自分に必要な防災グッズが揃ったセットを探すのがおすすめです。

[山善] 防災リュック 30点 セット 幅32×奥行16×高さ43cm 一次避難用 給水バッグ 携帯用トイレ 大容量 レッド YBG-30R(Amazonで詳しく見る

二次避難とは?二次避難用の防災袋の中身

二次避難とは長期避難できる場所へ避難すること。二次避難用の防災袋を用意しておこう。|イメージ画像:防災イラスト集 | 市民防災研究所

二次避難とは、一次避難で安全が確保できた後、自宅が地震により倒壊してしまったり、何らかの問題で戻れなかったりする場合に、生活環境の整っている避難所などへ長期避難することです。

一次避難後は地震の余震など二次災害の危険性もあるため、必要な情報を入手しながら慎重に二次避難することが重要になります。自宅に戻っても危険性がないようであれば、二次避難用の防災袋を持って安全な避難所へ向かいましょう。

避難所生活が長期化した場合、限られた一次避難用の防災袋の中身だけでは生活に困ることもあるため、二次避難用の防災袋を用意しておくことも大切です。

以下は、一次避難場所と二時避難場所の図記号です。自宅近くのどの施設がこれらに指定されているのか、各自治体HPなどで確認しておきましょう。

「緊急避難場所=一次避難場所」「避難所=二時避難場所」|出典:避難場所等の図記号の標準化の取組

二次避難用の防災袋に用意しておくべき便利な防災グッズ一覧

では、二次避難用の防災袋にどのような防災グッズを用意しておけばいいか、一例を紹介します。

今回紹介しているような多くの防災グッズを用意したいという場合、通常サイズのリュックでは収まらない可能性も。そのため、旅行用など少し大きめのボストンバックに用意しておくのがおすすめです。

また、重たいものは体力的に持てない、一人暮らしで自宅にたくさんの防災グッズを置いておけないという場合は、自分が何を優先して必要としているのかを考えてみてください。例えば、寒がりの方なら「アルミ製保温シート」や「電池式カイロ」は、絶対用意しておきたいですよね。

防災グッズと特徴
(★マークは必ず用意してほしいもの)
購入できる場所
アルミ製保温シート
コンパクトなサイズにたためて軽いため、手軽に持ち運べるアルミ製の保温シート。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
LEDランタン
ガスなどの燃料を必要とせず、電池や充電で利用できるランタン。手軽に携帯できるような、コンパクトなサイズのものから販売されている。電池式の場合は、電池も合わせて備えておき、充電式の場合は定期的に充電しておこう。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
ドライシャンプー
次のパートで詳しくご紹介
ネット、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニ
消臭機能付きトイレットペーパー
次のパートで詳しくご紹介
ネット、ホームセンター、ドラッグストア
★防災用ホイッスル
次のパートで詳しくご紹介
ネット、ホームセンター、100円ショップ
歯磨きシート
シートで口の中を拭けば、歯の汚れやニオイを取り除いてくれる。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア、コンビニ
★簡易トイレ
次のパートで詳しくご紹介
ネット、ホームセンター、100円ショップ、ドラッグストア
ポータブルソーラー発電機
次のパートで詳しくご紹介
ネット、ホームセンター
★非常食
非常事態に役立つ食料のこと。備えておくべき具体的な非常食の詳細はこちらの記事を参照。
ネット、ホームセンター、100円ショップ、コンビニ、スーパー
カセットコンロ・ガスボンベ
災害時はライフラインが断たれてしまう可能性があるため、用意しておけば災害時でも加熱調理ができるようになる。ガスボンベ1個分の大きさくらいに折りたためるコンパクトなカセットコンロも販売されている。
ネット、ホームセンター
防災用ヘルメット
用意しておけば、災害時に飛来物や転倒してきたものから自分の頭を守ることができる。折りたためるコンパクトなタイプの商品もある。
ネット、ホームセンター
給水袋
次のパートで詳しくご紹介
ネット、ホームセンター、100円ショップ
ハンディ扇風機
充電や電池で利用でき、持ち運びが可能なコンパクトな扇風機。夏の避難所生活で役立つ。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
携帯用カイロ
充電や電池で利用でき、使い捨てタイプとは違い何度も使える。冬の避難所生活で役立つ。
ネット、ホームセンター、100円ショップ
布ナプキン
次のパートで詳しくご紹介
ネット、ドラッグストア

参照:一時避難・二次避難・自宅避難の違いを知ろう | 保存食から始める防災術

二次避難用におすすめの防災グッズ

二次避難用の防災袋に用意しておくべき防災グッズをいくつか紹介しました。

アイテム名だけでは具体的にイメージしにくい商品や、特におすすめしたい商品をこちらでは紹介していきます。どの商品も、 Amazonや楽天市場などのネットショッピングで購入可能です。

おすすめ防災グッズ①「ドライシャンプー」

ドライシャンプーは水を使わずに、髪や頭皮の汚れとニオイを取り除いてくれるシャンプーです。スプレー・泡・シート・パウダータイプなど、複数のタイプの商品が販売されています。

【スプレータイプ】

ダイアン パーフェクトビューティー ドライシャンプー (水のいらないシャンプー) 95g スプレー・ミスト フレッシュシトラスペア(Amazonで詳しく見る

【シートタイプ】

フレッシュケア ドライシャンプーシート 10枚入(Amazonで詳しく見る

おすすめ防災グッズ②「消臭機能付きトイレットペーパー」

消臭効果があるトイレットペーパーです。水が使えず、排泄物を袋に入れて捨てる際に、においを抑えることができるため役立ちます。

また、避難所の公衆トイレは大勢の被災者が利用するため不衛生になりがちですが、用いることでトイレ使用後の不快なニオイ予防につながります。

エリエール 消臭+(プラス) トイレットティシュー ダブル(37.5m) コンパクト8ロール(1.5倍巻き) フレッシュクリアの香り パルプ100%×4個(Amazonで詳しく見る

おすすめ防災グッズ③「防災用ホイッスル」

防災用ホイッスルは、災害時に周りに助けを求めたい際に役立ちます。例えば、地震や土砂災害などで瓦礫の下に埋まってしまい、自分の声では助けが求められない場合など。

また、LEDライト付きや、ボタンで音が出るタイプの商品などがあります。

ファイン 笛 防災用 救助笛 緊急 ホイッスル LEDライト ガードマン 災害時 非常時 防犯グッズ FIN-367(Amazonで詳しく見る

おすすめ防災グッズ④「簡易トイレ」

断水してしまったり、トイレが利用できなかったりする時に使える簡易的なトイレです。使い捨ての袋タイプや、組み立て式のダンボール・プラスティックタイプ、ペットボトル設置型など様々な商品があります。

また、避難所生活で大勢の人と同じトイレを利用したくないという方にもおすすめ。

【使い捨てタイプ】

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 簡易トイレ セット 50回分 (Aセット)(Amazonで詳しく見る

【組み立てタイプ】

サンコー 非常用 簡易トイレ 携帯 防災 日本製 排泄処理袋 凝固剤付 耐荷重120kg 携帯 R-39(Amazonで詳しく見る

おすすめ防災グッズ➄「ソーラーモバイルバッテリー」

燃料を必要とせず太陽で発電できるため、災害時の非常用電源として利用できます。こちらは、携帯電話の充電専用の商品ですが、その他の充電も可能で持ち運びに最適なコンパクトタイプのソーラーパネルも販売されています。

【30000mAh & ケーブル内蔵 & PSE認証済】 ソーラーモバイルバッテリー 大容量 急速充電 4台同時充電(Lightning+Micro USB+Type-C 3ケーブル内蔵+USBポート) 3way蓄電 ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 2個LEDライト付き 防水 耐衝撃 ソーラー充電器 スマホ充電器 災害/旅行/アウトドア用 防災グッズ iPhone/iPad/Android各種他対応 DeliToo (ブラック)(Amazonで詳しく見る

おすすめ防災グッズ⑥「給水袋」

断水している場合、給水車から水の供給を受けることになります。その際に、大量の水を入れられて、持ち運びや収納が簡単に行える給水袋が役立ちます。

東京都葛飾福祉工場 食品衛生法適合 非常用給水袋 4L -(Amazonで詳しく見る

おすすめ防災グッズ⑦「布ナプキン」

使い捨てナプキンとは違い、何度も洗って利用できる布タイプのナプキンです。

避難所生活の中で、生理でパンツが汚れてしまっても男性の目があり洗濯しにくいという問題があります。しかし、こちらの布ナプキンの場合、パッと見てハンカチのようにしか見えないため、気にすることなく洗濯できますね。

ネットだけではなく、雑貨屋などでも可愛い柄の商品が購入できるため、使い慣れておくためにも普段から利用しておくといいでしょう。

JEWLINGE (ジュランジェ) 布ナプキンお試し一体型5枚セット [ 防水布入布ナプキン5枚 / 24.5cm / あおぞら×ブルーステッチ] 生理布ナプキン (日本製)(Amazonで詳しく見る

一次避難用と二次避難用に分けて防災袋を用意しておく、ということを紹介しました。

一人暮らし女性の中には、「防災袋を置いておく場所がない」「あまりお金をかけたくない」という方もいるでしょう。一次・二次避難用ともに用意しておくのは大変ですが、せめて緊急時にすぐに持ち出せる一次避難用の防災袋だけでも用意しておいてほしいです

揃えるのが大変な場合は、今回紹介したように防災グッズがセットになった商品もありますし、100円ショップで費用を抑えてグッズを揃えることも可能ですよ。

災害に対する予備知識はこちらからチェック

知っておきたい防災の知恵
《災害発生前》
ライフラインの停止に備えて準備しておきたいアイテム
②防災袋に用意しておきたいアイテム

《災害発生時》
怪我をした際の応急処置法
家族や友人に連絡を取る方法

《災害発生後》
避難所で支給される食料・物品について
避難所でのお風呂やトイレについて
避難所生活に役立つアイデア

⑧避難所での女性問題(性被害など)
自身が行う救助活動・ボランティア活動
⑩自宅の後片付けについて

※記事の内容は執筆時点のものになります

防災カテゴリの最新記事