賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

自宅での毛布の洗い方を紹介。冬でも短時間で乾く、干し方の裏ワザも!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

冬に欠かせない毛布。肌に触れるものだから、いつも清潔にしておきたいですよね。しかし洗うのが難しかったり乾きにくかったりと、洗濯のしづらさに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。クリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信しています。

今回は、毛布の洗い方をご紹介します。寒い季節でも乾きやすい干し方も解説するので、ぜひ自宅でのお洗濯に挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

毛布を洗う前に確認すべきポイント

先に洗濯表示と洗濯機の容量を確認しよう│イメージ画像:写真AC

毛布を洗う前に、以下の2つを確認してください。

  • 洗濯表示
  • 洗濯機の容量

自宅で洗うのが難しそうなら、無理せずクリーニングに出しましょう。

洗濯表示

洗濯の前に必ず洗濯表示をチェックしましょう。2016年に変更されていますが、桶や手のマークがあれば自宅で洗えます。変更前の商品の場合、洗濯機のマークがあれば洗濯可能です。

桶にバツ印が付いているものは自宅での洗濯ができません。クリーニングに出してくださいね。

洗濯機の容量

容量が合っていないと、汚れが落ちなかったり洗濯機が故障したりする可能性があります。以下を目安にしてください。

  • 容量 5kg … 薄手のシングル1枚
  • 容量 7kg … シングル1枚
  • 容量 8kg … ダブル1枚(約4kgまで)

毛布の重さを調べるには、毛布を持って体重計に乗ったあと、自分の体重を引きます。取扱説明書でも確認できるので、見ておくと安心ですよ。

スポンサーリンク

自宅でできる毛布の洗い方

毛布は屏風たたみにして優しく洗おう│イメージ画像:写真AC

洗濯表示が洗濯可の場合は、自宅で洗えます。

洗濯機と手洗いでの方法を紹介するので、毛布に合った洗い方を試してください。

洗濯機での洗い方

容量が合っていれば洗濯機で洗うことができます。

傷みを防ぐため、毛布が入るサイズの洗濯ネットを使いましょう。

step1:洗う前に毛布のゴミを落とす

毛布には多くのホコリがたまっています。ベランダの物干し竿に毛布をかけ、手でパンパンとたたきホコリを落としましょう。

髪の毛などのゴミも事前に取ってくださいね。

step2:屏風たたみにして洗濯ネットに入れる

洗剤を毛布全体に行き渡らせるため、屏風たたみにします。毛布を広げて置き、端から山折りと谷折りを交互に行いじゃばら状にしてください。

細長くなったらくるくると丸め、大きめのネットに入れましょう。

step3:優しく洗えるコースで洗濯する

あれば「毛布コース」、なければ「手洗い」など優しく洗えるコースを選びます。

このとき、洗剤はおしゃれ着用のものを使いましょう。おしゃれ着用洗剤は、弱水流でも十分汚れが落ちるようにつくられています。

毛布は浮きやすいです。縦型洗濯機で洗う場合は、洗濯槽に水がたまったら一時停止し、毛布を押し沈めてください。このひと手間で汚れ落ちがアップしますよ。

お風呂(手洗い)での洗い方

毛布が洗濯機に入らないときは、お風呂で手洗いするのがおすすめです。

手間がかかりますが、より優しく洗えます。

step1:洗う前に毛布のゴミを落とす

洗濯機の場合と同じ方法で、あらかじめ毛布のゴミを取っておきます。

step2:浴槽にぬるま湯を張り、洗剤を入れる

生地を傷めにくく、汚れも落としやすいとされる30度のぬるま湯を浴槽に張ります。

手洗いでもおしゃれ着用洗剤を使いましょう。

step3:屏風たたみにして足で踏み洗いする

屏風たたみにした毛布をぬるま湯に浸し、足で踏み洗いします。途中で上下を入れ替えながら、全体をまんべんなく踏んでください。

水が濁ってきたら流し、新しいぬるま湯と洗剤を入れましょう。水が濁らなくなるまでくり返します。

step4:足踏みでよくすすぐ

水が汚れなくなったらすすぎます。浴槽にぬるま湯のみを入れ、洗うときと同じように足踏みしましょう。

洗剤成分が残ると、カビや雑菌が発生したり嫌なにおいの原因になったりします。洗剤の濁りがなくなるまでくり返し、しっかりすすいでくださいね。

step5:水気を取る

すすぎが終わったら、空の浴槽のなかで毛布を踏んで水気を取ります。

ある程度水分が取れたら、手で絞ってみましょう。できるだけ水気を取っておくと、干すときに楽ですよ。

スポンサーリンク

乾きやすい毛布の干し方

洗濯表示に合わせ、風通しのよい状態で干そう│イメージ画像:写真AC

まず洗濯表示を確認します。四角の左上に斜線があれば日陰干ししてください。

毛布を日向で干すと、色あせや傷みを起こす可能性があります。ベランダの日当たりがよい場合は、曇りの日など直射日光が当たらないときに干しましょう。

干すときは、2本の物干し竿を使ってM字にします。風通しがよくなり乾きやすいですよ。竿が1本しかない場合は、ハンガーを数本かけた上から毛布をかぶせると風の通り道をつくれます。

早く乾かすためには、途中で裏表をひっくり返すのも効果的です。

毛布を洗濯する前に、洗濯表示と洗濯機の容量を確認しましょう。洗濯可の場合は、優しいコースで洗ってくださいね。カビを防ぐため、しっかりと乾燥させることも忘れずに。

良質な睡眠のため、毛布を清潔に保ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました