思い出して食べたくなっちゃう世界の美味しいものたち③【チャイ処キングのナマステな日々-24】

思い出して食べたくなっちゃう世界の美味しいものたち③【チャイ処キングのナマステな日々-24】

ナマステ~

梅雨と言いますか雨季と言いますか、本当によく降りますね
私が子供のころはこんな降り方しなかったよな・・なんて考えちゃいます

さてさて

世界の美味しいものたち① タイ・ラオス・インド・ネパール

世界の美味しいものたち② スリランカ・イラン・トルクメニスタン

ときまして、今回は

ウズベキスタン・カザフスタン・キルギス編です!

なかなか行く機会もない国ですので、どうぞ旅行気分で見てってください~

ウズベキスタンの美味しいもの

それでは、早速お写真こちらから

はい、ドン!プロフです

こちらがウズベキスタンで食べた中でも1番好きな料理、

プロフ

です
プロフはウズベキスタンの代表料理で、いわゆる炊き込みご飯のようなもの

米と油と羊肉と人参と玉ねぎ、クミンが入っていて、油がかなり多めなのが特徴です

これが美味しいのよ・・

日本だとあまり食べられるところは多くないかもしれませんが、中央アジアの料理を扱っているお店ならあると思いますので是非お試しを!!

自分で作ってみたい・・という方、便利なこの世の中ですので検索すればレシピ出てきます!
「ウズベキスタン」「プロフ」でチェケラーです

私もウズベキスタン滞在時にお宿のお母さんに作り方を教えてもらいました
さて、そのレシピをどこにやったか・・・

見つかり次第アップしますので、少々お待ちくださいね 笑

お宿のお母さん

因みにサマルカンドのお宿です

プロフ調理中

大きい鍋で羊肉と人参を炒めます

プロフ調理中

そして、その上に米を入れて炊くと言いますか蒸すと言いますか
とにかく一つのお鍋で作っていきます

「プロフ食べたいな~作るか!」
と思って羊肉買って冷凍庫にぶち込んで早半年・・ 

そろそろ作らないとな、と書きながら反省中でございます

そしてウズベキスタンでハマった食べ物がもう二つ!
一つがこちら

この山もりの人参!

市場で売ってる人参のキムチ!!

ここでも!
ここでも!
ここでも!
ここでも!

ってくらい、市場でよく売っているのを見かけました

いわゆるお総菜屋さんみたいなところで山盛りにして売ってます

人参以外のキムチもある


なぜキムチ・・?と最初は疑問に思ったのですが、

「中央アジアにはその昔、朝鮮半島から強制移住させられた朝鮮民族が多くいた」

ということを知り、朝鮮の文化がここにあるのはそれが理由なのか、と納得

知らないことを新しく知るのはいいことです

色々思うところはありますが、
この人参キムチがとっても美味しい!

ってことだけは、ここでお伝えしておきます

パンとキムチ

よくこの人参キムチをパンにはさんで食べてました

そして、もう一つの美味しいウズベキスタンはこのパン!!

サマルカンドナン!!

大きい

ウズベキスタンでは地域によってパンの形状が違って、
その中でも美味しくて有名なのがサマルカンドのナンなんです

ナン屋さん

因みに、トルクメニスタン近くの地域・ヒヴァのパンはこちら

柄がかわいい
この器具買ったけど1回も使ってない・・

これはカットしてある写真ですが、本来は薄べったくて丸いです
そして、色んな種類の柄があってとてもかわいい

でも、美味しさは断トツでサマルカンドナン!!

ってことで、ウズベキスタンに行ったら

・プロフ
・人参キムチ
・サマルカンドナン

を是非ともお試しください~!!

カザフスタンの美味しいもの

さて、お次はカザフスタン・・・

と言いたいところなんですが、カザフスタンは最大都市のアルマトイしか行ってません

アルマトイはかなりの都会で、草原と馬を想像していた私は衝撃でした

でも、ここで言えるのは!!

先ほども書いたように朝鮮民族が多く住む中央アジアでは、

韓国料理が美味しい!!

ってことで、韓国料理に舌鼓をうちました

スンドゥブ・・!

カザフスタン料理の紹介なくてすみません。。

キルギスの美味しいもの

さて、気を取り直してキルギス!

着いたら雪降ってました

まさかの気温-15度という極寒の地でございました(3月)

中央アジアは基本的に食べ物が似ています

ここでもプロフは美味しいです

ここでもプロフ!

そしてトルクメニスタンやウズベキスタンでも食べたマントゥ

マントゥ

あまり馴染みのある国ではありませんが、実は世界一周旅行者たちには割と有名なんです

なんでかって言いますと・・・

「南旅館」

という有名な日本人宿があるんです

南旅館のリビング

信じられないかもしれませんが、日本人ばかりが集まる日本人宿がここキルギスにもあるんです(しかも団地の一室)

キルギスの美味しいものたちの思い出は、ここ抜きでは語れません・・・!!!

ってことで、次回キルギスでの美味しい思い出と忘れられない思い出をセットにしてお送りします

これがFさんによる南旅館のシェア飯・・!

なんだかんだで中央アジアはとっても好きなので、また行きたい地域です

ただ、英語がなかなか通じなくてロシア語必須なのが難しいところ・・

皆さんの旅行欲と食欲が少しでも刺激できたらいいなと思います!

それではまた書きます

※記事の内容は執筆時点のものになります

連載|チャイ処キングのナマステな日々カテゴリの最新記事