賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

キレイを保つ毎日掃除のコツ。忙しい平日はこれだけでOK

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

おうち時間が増えた今。心地よく過ごすためにも、部屋をキレイに保ちたいと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、毎日掃除の時間をたっぷりとるのは難しいですよね。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。クリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信しています。

今回は、キレイなお部屋を保つためにやるべき最低限のお掃除を紹介します。忙しい平日はこれだけやればOKです。ぜひ実践してみてくださいね!

スポンサーリンク

キレイを保つ毎日のお掃除

「汚れがたまると大変な場所」を中心に、無理のないペースで掃除しよう│イメージ画像:写真AC

さっそく平日やっておきたいお掃除を紹介します。しかし「忙しくて全部は無理……!」という人もいるかもしれません。

そんなときは、毎日すべてをやらなくても大丈夫! 網羅することより、少しずつでもいいので続けることを心がけましょう。

たとえば紹介するお掃除を半分に分け、1日ずつ交互に行うのもOK! 汚れをためない程度に、自分に合った頻度を見つけてくださいね。

リビング

リビングは床掃除を中心に行いましょう。床がキレイだと、部屋全体が整っている印象になりますよ。

日々のお掃除にはフローリングワイパーがおすすめです。たとえば朝起きてから出かけるまでの間、フローリングワイパーをかけながら部屋を移動してみてください。それだけで家じゅうの床掃除ができますよ。

また、ラグやカーペットを敷いている人はコロコロもしましょう。髪の毛やホコリは時間が経つと絡まるので、余計に取りづらくなります。その日のうちに取り除くと楽ですよ。

キッチン

自炊する人は、料理をするたびにキッチンを拭きましょう。油や調味料などは、固まると厄介です。付着してすぐなら落としやすいので、毎回拭いて汚れをためないようにしてください。

調理台やコンロが清潔だと、お料理がいっそう楽しくなりますよ!

玄関

玄関は土やホコリがたまりやすい場所です。家の顔でもあるので、いつも清潔にしておくと気持ちがいいですよ。

平日のお掃除は、たたきを掃くだけで十分。出かけるついでにやれば、無理なく続けられます。

浴室

カビや汚れが付きやすいので、こまめにお手入れしましょう。こする必要がなく、吹きかけてから流すだけでいい洗剤もありますよ。

使用後は水を拭き取ったり換気したりし、水気を残さないよう心がけてください。

洗面所

放っておくとピンクカビや黒カビ、ぬめりが発生する洗面所。手を洗うついでにハンドソープでこすり洗いしておきましょう。

洗面所掃除におすすめなのはマイクロファイバークロス。鏡の水拭き・水栓磨き・洗面ボウルのこすり洗いと丸ごとお掃除できちゃいます。

トイレ

一人暮らしだと、1日の使用回数は多くありませんよね。しかし汚れをためると掃除が大変になるので、平日は便器や床の拭き掃除を中心に行いましょう。使い捨てできるお掃除シートが便利ですよ。

便器内に汚れが付いた場合は、その都度落としてくださいね。

スポンサーリンク

掃除のハードルを下げるコツ

サッと取りかかれたり、ついで掃除できたりする環境をつくろう│イメージ画像:写真AC

疲れていると先延ばししてしまいがちな掃除。そこで、掃除のハードルを下げるコツをご紹介します。

  • 掃除道具は使う場所の近くに収納する
  • ものをたくさん置かない
  • ついで掃除をする
  • 平日掃除では完璧を目指さない
  • ゴールを決める

使う場所ごとに掃除道具を置いておくと、すぐ取りかかれるので楽ですよ。他にも床やテーブル、棚の上にものを置かないようにするだけで、掃除のハードルはぐんと下がります。

忙しい平日は、完璧を目指す必要はありません。「汚れを持ち越さないこと」を意識し、しっかり掃除は時間のある休日に行いましょう。

どうしてもやる気が出ないときは「ドラマがはじまるまで」「お風呂が沸くまで」のように、ゴールを決めるのが効果的。やりはじめてみると、夢中になるかもしれません。

毎日のお掃除は「キレイにする」よりも「汚れをリセットする」と考えるといいでしょう。普段からリセットしておけば、しっかり掃除も簡単で済みます。

無理をしないお掃除を習慣にし、お部屋をキレイに保ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました