【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

スクイジーなら簡単にプロ仕上げ!使い方&選び方、まるっと紹介します

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

窓掃除などで使われるスクイジー。「窓掃除はぞうきんでいいよね?」「使いこなすのが難しそう」と思っていませんか? でも実は、簡単にプロ並みの仕上がりを実現できるお掃除アイテムなんですよ。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。クリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信しています。

今回は、スクイジーの使い方やメリットをご紹介します。スクイジーを使いこなすと、お掃除がもっと手軽で楽しいものになるはずです。ぜひ取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク

スクイジーを使うメリット

スクイジーなら「キレイ・楽・早い」を叶えてくれる│イメージ画像:写真AC

「窓掃除はぞうきんでいいよね?」と考えている人もいると思います。もちろんぞうきんでも可能ですが、スクイジーには以下のようなメリットがあるんです。

  • 拭いた跡が残らない
  • 繊維がつかない
  • 短時間で掃除できる
  • 高所の水切りもしやすい
  • 冬でも冷たい思いをせずに済む

ぞうきんだと拭き跡が残ったり繊維くずがついたりしますが、スクイジーならその心配がありません。だから仕上がりがとてもキレイなんです。

しかも手順が少ない分、ぞうきんよりも短時間で掃除ができるんですよ。広範囲の水気と汚れを一気に落とせるのも嬉しいポイントです。柄の長いスクイジーを使えば、高所の掃除も楽チン。

このように「キレイ・楽・早い」を叶えてくれるのがスクイジーなのです。

スポンサーリンク

スクイジーの使い方

スクイジーの使い方は、濡らしたあと水を切るだけ│イメージ画像:写真AC

ここからはスクイジーの使い方を解説します。

間違った使い方をすると十分な効果を発揮できないので、正しいやり方を覚えましょう。

step1:汚れてもいい布を敷く

床や窓枠に水などが染み込むと、サビ・傷みの原因になります。汚れてもいい布や新聞紙を敷き、濡れるのを防ぎましょう。

掃除しやすいよう、カーテンもまとめておいてくださいね。

step2:水または洗剤を吹きかける

水をスプレーボトルに入れ、窓に吹きかけます。全体をしっかり濡らしておくと、スクイジーのすべりが良くなって汚れが落ちやすくなりますよ。

水だけでも十分キレイになりますが、汚れが気になるときはガラス用洗剤を使いましょう。窓がひどく汚れている場合は、先に水拭きで拭き取ってください。

step3:スクイジーで水を切る

スクイジーのゴム部分が窓に対して水平になるように置き、一番上から下に向かってまっすぐすべらせます。列の間に隙間ができないよう気をつけながら、一列ずつ行いましょう。

このとき、スクイジーを少し傾けたまま下ろすと水の切れが良くなりますよ。

窓ガラスに水分が残るのを防ぐため、一列終わるごとにゴムの水を拭き取ってくださいね。

step4:スクイジーを真横に動かして仕上げる

最後の列の一番下まですべらせたら、スクイジーを90度傾けます。そのまま漢字の「一」を書くように、真横に動かしましょう。こうすることで、窓全体の水切りができます。

窓ガラスや窓枠に水滴が残っている場合は、キッチンペーパーで拭き取れば完了です。

スポンサーリンク

スクイジーが使える場所

スクイジーは凹凸のないツルツルした場所に使える│イメージ画像:写真AC

とても便利なスクイジーですが、すべての場所に使えるわけではありません。スクイジーが適しているのは以下の通りです。

  • 窓ガラス
  • お風呂の壁
  • キッチンの人工大理石
  • キッチンのステンレス台

表面に凹凸があるザラザラした場所や、すりガラスには使えないので注意しましょう。

スポンサーリンク

スクイジーの選び方

スクイジーを選ぶときはゴムの密着具合に着目しよう│イメージ画像:写真AC

スクイジーは以下のようにさまざまな種類があります。

  • アルミ製
  • ステンレス製
  • 真鍮製
  • プラスチック製

それぞれメリットとデメリットがありますが、一番使いやすいのはステンレス製でしょう。手頃な値段で手に入るうえ、サビに強く適度な重みがあるからです。

スクイジーは100均にも売っているので、とりあえず使ってみたいという人は試してみてください。

しかし、スクイジー選びでもっとも重要なのはゴムの密着性です。窓にピタッとくっつくと、一度でキレイに水切りできるからです。選ぶときはゴムの密着具合にも着目しましょう。

「UZIPAL」のスクイジーは使い勝手が良く、どこにでも馴染むスタイリッシュさが特徴です。フックに引っかけられるので、収納にも困りません。スクイジー選びで迷ってしまうなら、ぜひ使ってみてください。

スクイジーは「簡単にキレイ」を叶えてくれるお掃除アイテムです。窓以外にも使えるので、1つ持っておくと助かりますよ。

使い終わったら、ゴム部分の水気と汚れを拭き取ります。ゴムの劣化を防ぐため、直射日光の当たらない場所で保管してくださいね。

スクイジーで楽しくお掃除しましょう!

タイトルとURLをコピーしました