【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

窓ガラス・網戸・サッシの掃除方法!たまった汚れも簡単に落とせる

窓ガラス・網戸・サッシの掃除方法!たまった汚れも簡単に落とせる
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ふと窓の外を見たとき、汚れに気づいてがっかりしたことはありませんか? とはいっても窓や網戸、サッシの汚れは放置するとどんどんたまっていくので、掃除するのが億劫ですよね。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。クリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信しています。

今回は、窓ガラスと網戸、サッシの掃除方法をご紹介します。窓からの眺めもインテリアの一部です。ぜひ参考にして、お掃除してみてくださいね!

スポンサーリンク

窓ガラスの掃除方法

窓ガラスは汚れの度合いに合わせた方法で掃除しよう│イメージ画像:写真AC

まずは窓ガラスの掃除方法を紹介します。

窓ガラスは、外側→内側の順に掃除しましょう。汚れがひどい外側から掃除することで、内側の汚れがよく見えるようになります。

網戸やサッシまでまとめて掃除する場合は、サッシ→窓ガラス→網戸の順です。汚れが飛ばず、効率よくお掃除できますよ。

マイクロファイバークロス

軽い汚れなら、タオルとマイクロファイバークロスだけでも汚れを落とせます。

タオルを水で濡らして絞ったら、上の角から拭きましょう。そのあとマイクロファイバークロスで乾拭きして仕上げます。タオルより拭きムラができにくいため、キレイに拭きあがるんですよ。

拭き掃除のコツは、「コの字」に拭くことです。拭いた部分が少し重なるようにすると、全体を均等に掃除できます。

新聞紙

軽い汚れには新聞紙もおすすめです。新聞紙の細かい繊維が、汚れをよく絡めとってくれます。インクに含まれる油分のおかげで、つやも出るんですよ。

まず新聞紙をクシャクシャに丸め、水で濡らします。それを使って窓ガラスをこすりましょう。仕上げに丸めた新聞紙で乾拭きしてください。

水あかが気になるときは、マイクロファイバークロスなどで仕上げ拭きすると安心です。

スクイジー

スクイジーを使えば、水気と汚れを一気に落とすこともできます。とても便利なのでおすすめですよ。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

スクイジーなら簡単にプロ仕上げ!使い方&選び方、まるっと紹介します
窓掃除などで使われるスクイジー。「窓掃除はぞうきんでいいよね?」「使いこなすのが難しそう」と思っていませんか? でも実は、簡単にプロ並みの仕上がりを実現できるお掃除アイテムなんですよ。今回は、クリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信している私が、スクイジーの使い方やメリットをご紹介します。スクイジーを使いこなすと、お掃除がもっと手軽で楽しいものになるはずです。ぜひ取り入れてみてくださいね!スクイジーには以下のようなメリットがあるんです。・拭いた跡が残らない・繊維がつかない・短時間で掃除できる・高所の水切りもしやすい・冬でも冷たい思いをせずに済む ぞうきんだと拭き跡が残ったり繊維くずがついたりしますが、スクイジーならその心配がありません。だから仕上がりがとてもキレイなんです。ここからはスクイジーの使い方を解説します。間違った使い方をすると十分な効果を発揮できないので、正しいやり方を覚えましょう。・step1:汚れてもいい布を敷く・step2:水または洗剤を吹きかける・step3:スクイジーで水を切る・step4:スクイジーを真横に動かして仕上げる 窓ガラスや窓枠に水滴が残っている場合は、キッチンペーパーで拭き取れば完了です。 スクイジーはさまざまな種類があります。一番使いやすいのはステンレス製でしょう。手頃な値段で手に入るうえ、サビに強く適度な重みがあるからです。100均にも売っているので、とりあえず使ってみたいという人は試してみてください。しかし、スクイジー選びでもっとも重要なのはゴムの密着性です。窓にピタッとくっつくと、一度でキレイに水切りできるからです。選ぶときはゴムの密着具合にも着目しましょう。使い終わったら、ゴム部分の水気と汚れを拭き取ります。ゴムの劣化を防ぐため、直射日光の当たらない場所で保管してくださいね。

セスキ炭酸ソーダ

汚れがひどい場合は、セスキ炭酸ソーダを使いましょう。

窓ガラスのおもな汚れは以下の通りです。セスキ炭酸ソーダは、これらの汚れに強いんですよ!

  • 外側 … 土ボコリや花粉、黄砂など
  • 内側 … 手あかやホコリ、キッチンに近ければ油汚れなど

まずセスキスプレーをつくります。

セスキスプレーの作り方
・水500mLに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1の割合で混ぜ、スプレーボトルに入れる
・2~3ヶ月以内に使いきる

布をセスキスプレーで濡らし、窓ガラスを拭きます。布はどんなものでもOK! 白残りしないよう水拭きし、乾拭きで仕上げてください。

液だれの跡が付くのを防ぐため、窓ガラスに直接スプレーしないようにしましょう。

高所の掃除方法は?

手が届かない高所は、フローリングワイパーで掃除しましょう。

セスキ炭酸ソーダを含ませた布をフローリングワイパーに取りつけ、ゴムで固定すれば準備完了です。先ほどセスキ炭酸ソーダの章で紹介した方法を参考にし、同じように拭き掃除してください。

マンションなどで外側の掃除が難しい場合は、「両面ガラスクリーナー」も検討してみましょう。

2つのクリーナーが磁石でくっつくので、窓を両側から挟んで同時に掃除できるものです。手が届く範囲にしか使えませんが、外に出ることなく外側を掃除できますよ。

スポンサーリンク

網戸の掃除方法

網戸の掃除は使い捨てアイテムを使うと楽チン│イメージ画像:写真AC

網戸は想像以上に汚れているので、使い捨てのアイテムを使うとあとが楽です。

湿らせた布やスポンジにセスキスプレーを吹きかけ、外側と内側の両方から拭きましょう。網戸を挟むようにして両側から拭くと時短できます。仕上げに水拭きしてくださいね。

高い場所は、フローリングワイパーを使います。ウェットシートを取りつけ、柄の長さを調節して拭きましょう。

それでもすっきりしないときは、メラミンスポンジでこするのがおすすめです。網目の汚れもかき出せますよ。ポロポロと落ちたごみは、掃除機で吸ってください。

スポンサーリンク

サッシの掃除方法

サッシはホコリをとってから水拭きするのがおすすめ│イメージ画像:写真AC

まず、ブラシでレールの端に向かってホコリなどを払います。汚れが集まったら、掃除機で吸いましょう。そのあと、水で濡らした布を使ってサッシ全体を水拭きします。

布が届かない隅などは、爪楊枝に濡らしたキッチンペーパーを巻いて拭いてみてください。

こびりついた汚れには重曹

土ボコリなどがこびりついている場合は、重曹を使いましょう。

重曹に水を少し加え、ペースト状にします。汚れた部分に乗せ、歯ブラシを使ってこすりつけてください。仕上げにしっかり拭きとれば完了です。

黒カビには塩素系漂白剤

サッシは結露がつきやすいので、カビが発生することがあります。そんなときは、片栗粉と塩素系漂白剤で落としましょう。

片栗粉と塩素系漂白剤を混ぜてペースト状にし、カビに塗ります。5分ほど放置したあと拭きとれば、黒カビが落ちますよ。手荒れしないよう、ゴム手袋をつけると安心です。

スポンサーリンク

窓掃除に最適なタイミングと頻度

簡単なお手入れは月に1度、大掃除は6月と12月に行おう│イメージ画像:写真AC

窓掃除に最適なのは、曇りの日と雨が上がった直後です。どんよりとした天気だと窓が反射しづらいので、汚れがよく見えるからです。湿度が高いので、汚れが落ちやすいというメリットもあります。月に1度を目安にお手入れしましょう。

網戸やサッシなどの大掃除は、6月と12月の年2回行うのがおすすめです。春は花粉や黄砂が飛ぶので、落ち着いた6月ごろがぴったり。また黒カビを予防するため、結露が発生しやすい冬もちょうどいい時期ですよ。

窓ガラスは、汚れの度合いによって掃除方法を工夫しましょう。網戸やサッシも適度にお手入れすると、とてもすっきりしますよ。

窓は汚れが付きやすいだけでなく、目立ちやすいです。おうち時間をより素敵なものにするため、ぜひお掃除してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました