賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

眼鏡が壊れた!自分でできる、ベストな応急処置方法を眼鏡士が解説

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

視力矯正が必要な人にとって必需品の眼鏡。突然壊れてしまったらなんにも見えなくて焦りますよね。

こんにちは!眼鏡を50本以上所有しているカーサミアライターのあんどうです。認定眼鏡士として、女性の眼鏡ライフに役立つ情報を発信しています。

この記事では、眼鏡のフレームが折れてしまった時に自分でできる応急処置のやり方と、眼鏡屋さんで修理できる壊れ方について解説します。快適な眼鏡ライフに役立ててくださいね♪

スポンサーリンク

絶対ダメ!眼鏡が壊れた時にやりがちな応急処置

眼鏡が折れたりパーツが外れたりしたら、なんでもいいからくっつけたくなる気持ち、わかります。

でもその応急処置が原因で、より悪化してしまうことがあるんです。ここでは眼鏡破損時のNG応急処置の例を紹介します。

接着剤を使う

物をくっつけたい時に真っ先に思い浮かぶ接着剤は、眼鏡フレームやレンズの大敵です。

接着剤が眼鏡フレームやレンズに付着するとコーティングを溶かしてしまい、白く変色したり変質したりします。これが原因で修理に出しても断られたり、より時間がかかってしまうことも。

眼鏡のパーツは細いので、接着剤でくっつけてもすぐ取れてしまい危険です。他の方法で応急処置しましょう。

自分で歪みや広がりを直そうとする

テンプル(つる)や鼻パッドがねじ曲がってしまった眼鏡、自分で直そうとするのはNG|イメージ画像:写真AC

歪んだり広がったりはしているけど折れてはいない、という眼鏡は、頑張れば自分で直せそうな気がしますよね。

しかし!大きく変形した眼鏡のパーツは金属疲労が起きている可能性が高く、ちょっとの力で簡単に折れてしまうことが多いです。素人判断で手を加えたことで、一層修理不可能になってしまったら悲しいですよね。

眼鏡屋さんなら専用の工具が揃っているので、意外とその場で直せることも。無理をせずに相談しましょう。

スポンサーリンク

眼鏡が壊れた時、自分でできる応急処置

真ん中から折れてしまった眼鏡。これは焦ります|イメージ画像:pixabay

接着剤は使っちゃダメ!歪みや広がりを自分で直そうとするのもダメ!と言いましたが、眼鏡がポッキリ折れてしまった場合は、あるものを使えば応急処置できます。

本当は眼鏡屋さんにすぐ持ち込んでほしいですが、どうしても行く時間がない人はこちらで紹介する方法を試してみてくださいね!

クリップを伸ばして巻き付ける

普通のゼムクリップを伸ばして巻き付ける。折れた眼鏡の応急処置に|イメージ画像:写真AC

真っ直ぐ伸ばしたゼムクリップを、眼鏡の折れた部分にぐるぐると巻きつけて固定します。1本ではぐらつく場合、2本使って1本めを補強するように重ねて巻き付けるとよいでしょう。

ただし、ゼムクリップを使った応急処置は手軽にできるものの、作業中にフレームやレンズに傷をつけやすいです。

細かい作業に自信がない方には、次に紹介する方法をおすすめします。

添え木をしてテープで巻く

あると便利なマスキングテープは眼鏡の応急処置にもおすすめ|イメージ画像:写真AC

しっかり固定はされないけれど、眼鏡を傷める心配が少ないので、一般の人が応急処置をするならテープを使うのがベター。

添え木は、爪楊枝の尖っている部分を切ったものでOK。眼鏡の折れた部分に添えて、その上からテープをぐるぐる巻きつけます。

セロテープだと見栄えが…!と気になる場合は、お気に入りのマスキングテープを使ってみてください。眼鏡と同系色のものなら目立ちにくいですし、きれいに剥がせますよ♪

スポンサーリンク

これ直せる?眼鏡屋さんですぐ修理できる壊れ方

眼鏡のことで困ったらできるだけ早くお店に相談を|イメージ画像:写真AC

細かなパーツが組み合わされてできた眼鏡は、壊れ方もさまざまです。内容によっては眼鏡屋さんですぐに直せることも多いんですよ。

ここではパターン別に、眼鏡屋さんですぐに修理できる内容と、所要時間を紹介します。

購入店舗以外だと、パーツがなかったり、修理中に壊れてしまっても保証ができなかったりと、断られる可能性が高いです。

眼鏡の修理は、原則購入したお店に持ち込みましょう。

レンズが外れちゃった!

修理所要時間:5〜10分

眼鏡を何かにぶつけたり、レンズ留めのネジがゆるんでレンズが外れてしまった場合は、眼鏡屋さんに持ちこめば入れ直してもらえます。

自分で入れ直すのは、レンズを痛める可能性もありますし、しっかり入っていなくて車の運転中にまた外れちゃった!となると危険なのでおやめくださいね。

レンズが割れちゃった!

修理所要時間:即加工できるものなら30分〜

落としたり踏んだりしてレンズが割れてしまった場合は、眼鏡屋さんでレンズ交換するしかありません。

ヒビが入った程度でも、そのままかけ続けると目を傷つけてしまったり、視界不良で事故を起こしかねなかったりと危険なので絶対にやめてくださいね。

眼鏡屋さんにもよりますが、特殊な眼鏡や度数のレンズを使っていなければ、当日30分程度で交換できることも。

ネジや鼻パッドが外れちゃった!

修理所要時間:5分

眼鏡のツルをつなぐ部分のネジや、鼻パッドが取れてしまった場合も、眼鏡屋さんはパーツを常備しているので、持ち込めばすぐに取り付けてもらえます。

ネジは自然にゆるむものなので、外れる前に定期的に締め直してもらいましょう。一緒に他の部分のメンテナンスやクリーニングをお願いするのもいいですね!

眼鏡が壊れてしまったら、すぐに眼鏡屋さんに相談するのが一番ですが、難しい時もありますよね。慌てず適切な方法で応急処置すれば、さらに眼鏡を傷めることなく修理に出すまで保たせることができます。

メガネ女子のみなさん!いざという時に困らないように、この記事で紹介したことを覚えておいてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました