賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

クリンネストの2021年ベストバイ!安いのに大活躍の商品とは

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

もうすぐ2021年が終わりますね。今年は「よりシンプルで十分な仕上がりを」をテーマにもの選びをしてきました。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。クリンネスト1級の資格を持っており、暮らしに役立つ情報を発信しています。

今回は、2021年にもっとも買ってよかったいち押しのアイテムをご紹介します。安いのに多用途で使えて大活躍する商品です。ぜひ取り入れてみてください!

スポンサーリンク

クリンネストの2021年ベストバイ

ミヨシの「白いせっけん」は、肌と環境に優しくて手に入りやすい純石鹸│イメージ画像:写真AC

筆者の2021年もっとも買ってよかった商品は、ミヨシの「白いせっけん」です。

白いせっけんは無添加の純石鹸で、洗浄力が高いのに肌に優しいのが特徴です。赤ちゃんや敏感肌、アトピーの人でも使うことができ、ネットのレビューでは「皮膚科ですすめられた」という人も多いんですよ。

値段は安く、筆者の近所の薬局では3個入り378円で売っています。ドラッグストアやスーパーで手に入るので、いつでも買えて安心。

石鹸生活をはじめたい人にぜひ使ってほしいおすすめの石鹸です。

スポンサーリンク

「白いせっけん」のおすすめの使い方6選

「白いせっけん」は全身洗える│イメージ画像:写真AC

肌と環境に優しい・洗浄力が高い・安いといいことづくしな白いせっけんですが、実はそれだけではありません。「使い方の幅広さ」も魅力の1つなんです。

ここからは、白いせっけんのおすすめの使い方を6つご紹介します。

ふきんやランチョンマットの手洗い

テーブルや調理台の食品汚れを拭くふきん。白いせっけんを少しこすりつけてから揉み洗いすると、簡単に汚れを落とせますよ。洗濯機に入れたり煮沸消毒をしたりする前に軽く洗っておけば、より清潔に使えます。

筆者が特に感動したのはランチョンマットにも使えることです。蛍光増白剤が含まれていないので、「洗濯前に予洗いしたいけど、色落ちは避けたい」という望みを叶えられます!

お気に入りの布製品のお手入れに使ってみてください。

食器洗い

純石鹸である白いせっけんなら、食器も安心して洗えます。食器用洗剤より洗浄力は弱いですが、食事に使った食器なら問題なく汚れが落ちますよ。

油が多いフライパンなどは、先に油を吸い取ったり重曹を振りかけたりしてから洗えば問題ありません。

食器洗いに使用するときは、スポンジで十分泡立ててから洗いましょう。ぬるぬるが残りにくく、泡切れがよくなります。

冬は手荒れがひどくゴム手袋が必須でしたが、白いせっけんで食器洗いをするようになってから手が荒れづらくなりました! おかげでゴム手袋が不要になり、サッと洗い物にとりかかれるので助かっています。

ハンドソープ

無添加で肌に優しいので手洗いに最適です。肌荒れしにくいので、季節を問わず使えます。

最近は手を洗う機会が増えているので、肌と環境に優しい石鹸を選びたいですよね。白いせっけんならどちらも叶えられますよ。

ボディソープ

手だけでなく、体も洗えるんです。肌本来の油分を必要以上に洗い流してしまうことがないので、洗い上がりもつっぱりにくいですよ。

筆者は乾燥肌ですが、冬でも問題なく使えています。

洗顔

優しい石鹸なので、洗顔にも安心して使えます。肌バリアを壊さないので、乾燥や肌荒れを引き起こしにくいんですよ。

洗浄力に優れて毒性が少ない純石鹸なので、石鹸落ちコスメや日焼け止めを落とすのにもぴったり。

体と顔を一緒に洗えるので、時短もできます。

シャンプー

体と顔だけでなく、髪にまで使えるのが白いせっけんの特徴です。体じゅうを洗えるのでかなりの時短に! ボトルを減らせるため、お風呂掃除も楽になりますよ。

白いせっけんで洗髪するとアルカリ性になるので、酸性のリンスで中和するときしみが和らぎます。ミヨシの「無添加 せっけん専用リンス」とあわせて使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

「白いせっけん」を使ってみて感じたよいところ

使用感のよさはもちろん、在庫管理やお風呂掃除が楽になった│イメージ画像:写真AC

筆者は日常のさまざまな場面でミヨシの「白いせっけん」を使用しています。白いせっけんを使いはじめてからいいことがたくさんあったので、そちらも紹介しますね。

  • 肌荒れしにくい
  • 環境に優しい
  • 真っ白で四角い見た目に癒される
  • 安い
  • 手に入りやすい
  • 多用途に使える
  • 在庫管理が楽
  • ゴム手袋が不要になった
  • 洗い物のハードルが下がった
  • ボトルを減らせる
  • お風呂掃除が楽になった

使い方の章でお話しした通り、使用感はとてもよく満足しています。手が荒れにくいのでお皿洗いにすぐとりかかれるようになり、心の負担が減りました。

また、在庫管理がしやすくなったのも大きなメリットです。洗剤やボディソープなどの種類が多いと、ストックの補充が大変ですよね。今は白いせっけんの数だけを確認すればいいので簡単になりました。収納場所も省スペースで済みますよ!

ミヨシの「白いせっけん」は、筆者の今年のテーマだった「よりシンプルで十分な仕上がりを」にぴったりな商品でした。思いがけないメリットも多く、まさにベストバイです。

無添加なので、なかには仕上がりが物足りないと感じる人もいるかもしれません。特に食器洗いやシャンプーなどは、専用の商品の方がさまざまな効果がプラスされているでしょう。

しかしその分洗浄力が強くて肌荒れしやすかったり環境に負担をかけてしまったりなどのデメリットもあります。

白いせっけんならそのような悩みを解決できるだけでなく、十分な働きをしてくれます。今使用しているものに満足していないなら、一度無添加の純石鹸を使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました