賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

ナチュラル洗剤でキッチン大掃除!重曹・セスキ・クエン酸で丸ごと綺麗

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

油や食品、水あか、石鹸カスが付きやすいキッチン。こまめにお手入れしているつもりでも、実は汚れが残っているかもしれません。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。クリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信しています。

今回は重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸を使ったキッチンの掃除方法をご紹介します。ガンコ汚れが付きやすいキッチンですが、ナチュラル洗剤ですっきり落とせます。ぜひ新年を迎える前の大掃除に役立ててくださいね!

スポンサーリンク

重曹・セスキ・クエン酸を使ったキッチンの掃除方法【水回り編】

さまざまな汚れが付いている水回りの掃除には、アルカリ性と酸性両方のナチュラル洗剤を使おう│イメージ画像:写真AC

まず、水回りの掃除方法から紹介します。

キッチン掃除で使う「セスキスプレー」と「クエン酸スプレー」の作り方は以下の通りです。

セスキスプレーの作り方
  • 水500mLに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1の割合で混ぜ、スプレーボトルに入れる
  • 2~3ヶ月以内に使いきる
クエン酸スプレーの作り方
  • 水100mLに対してクエン酸小さじ1の割合で混ぜ、スプレーボトルに入れる
  • 1~2週間以内に使いきる

シンク

シンクには食材のタンパク質汚れや油汚れなどが多く付いています。アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを使うと汚れが落ちますよ。

重曹かセスキ炭酸ソーダをシンクに振りかけ、スポンジで磨きます。重曹は水に溶けにくく粒子が残りやすいので、こすりすぎて傷つけないよう注意してください。セスキスプレーを吹きかけて拭き取ってもOKです。

その後クエン酸スプレーで中和させ、仕上げに水拭きすれば完了です。

排水口

排水口には油や食品といった酸性汚れと、石鹸カスなどのアルカリ性汚れの両方が付いています。そのため、重曹とクエン酸を使って掃除するのがおすすめです。

排水口のフタやごみ受けを外し、重曹とクエン酸を1:2の割合で混ぜた粉末を排水口に振りかけます。発砲するので1時間放置し、水で洗い流してください。

外したパーツは粉末を振りかけ、スポンジや歯ブラシなどでこすると汚れが落ちますよ。

蛇口

蛇口は水あかで汚れやすいので、クエン酸を使います。クエン酸スプレーを蛇口に吹きかけ、拭き取るだけでピカピカになりますよ。

ガンコ汚れにはクエン酸パックが効果的です。汚れに布やキッチンペーパーをかぶせ、クエン酸スプレーをかけて濡らします。そのまま10分ほど放置したあと拭き取ってください。

蛇口の根元や継ぎ目などの細かい部分は、重曹と歯ブラシを使って磨きましょう。仕上げにクエン酸をスプレーしておくとキレイになりますよ。

スポンサーリンク

重曹・セスキ・クエン酸を使ったキッチンの掃除方法【コンロまわり編】

ガンコな油汚れが多いコンロまわりも、ナチュラル洗剤で掃除できる│イメージ画像:写真AC

続いてはコンロまわりの掃除方法を解説します。

コンロ周辺はガンコな油汚れが多い場所ですが、ナチュラル洗剤で十分キレイにできますよ。

調理台・コンロまわり

調理台やコンロまわりは油や食品がついているので、水だけでは汚れが落ちません。

アルカリ性のセスキスプレーで拭き取ったあと、クエン酸スプレーで拭きあげましょう。クエン酸には除菌作用があるので、調理台掃除にぴったりですよ。

ガスコンロ

セスキ炭酸ソーダと重曹を使えば、ガスコンロのガンコな焦げつきも落とせます。他にも、飲みかけのお酒(アルコール)も使えますよ。

詳しい掃除方法はこちらの記事を参考にしてください。

五徳の焦げつきの掃除方法!放置したガンコ汚れも簡単に落とせる
調理に欠かせないコンロは、いつも清潔にしておきたいですよね。しかし、五徳のガンコな汚れが落とせず、そのままにしていませんか?五徳の焦げつきを落とす簡単な方法をご紹介します。汚れをためないための予防法も解説するので、「コンロ掃除は大変そう」と思っている方はぜひ参考にしてくださいね!五徳の焦げつきは、油やふきこぼれなどの酸性汚れです。反対の性質をもつアルカリ性のセスキ炭酸ソーダや重曹を使うと、汚れが中和されてよく落ちますよ。step1:セスキスプレーで拭き取る:まずはセスキスプレーと布で、目立つ汚れを拭き取りましょう。先に大きな汚れを落とすと、このあとのつけ置きでこびりつきが取れやすくなります。また、軽い汚れなら、食器用洗剤でも落とせます。お皿と同じように、泡立てたスポンジで洗ってください。ほかに、アルコール(お酒)も油を溶かす性質をもつので使えます。五徳にお酒をかけてたわしでこすり、水で洗い流しましょう。飲み残したお酒を有効活用できますが、アルコールは引火性があるので注意が必要です。水でよく洗ったあとは、しっかり乾かしてくださいね。step2:セスキ水でつけ置き:お湯3Lに対してセスキ炭酸ソーダ大さじ2の割合で溶かし、セスキ水をつくります。そこに五徳を入れ、汚れの落ち具合を見ながら1~6時間つけ置きましょう。セスキ炭酸ソーダは、お湯の温度が高いほど洗浄力が強くなります。汚れがひどい場合は、熱いお湯を使うとよく落ちますよ。汚れが浮き上がったら、ブラシなどでこすってください。仕上げに水洗いすれば完了です。step3:それでも落ちない焦げは重曹で磨く:つけ置きでも落ちないガンコな焦げつきは、重曹で磨くのがおすすめです。汚れに重曹をふりかけ、濡らしたたわしやブラシでこすりましょう。最後に水でしっかり流してくださいね。五徳にこびりついた汚れを落とすのは大変です。温かいうちにふき取る・焦げとサビの防止にサラダ油を塗るなど、日頃からお手入れをし、汚れをためないようにしましょう。コンロが綺麗だと、お料理がより楽しくなりますよね。五徳を清潔に保ち、おうちごはんを充実させましょう!

IHクッキングヒーター

普段のお手入れはセスキスプレーで拭くだけで十分です。焦げつきが気になるときは、セスキスプレーでパックしましょう。

詳しい掃除方法はこちらの記事を参考にしてください。

IHについた焦げの落とし方!こすらない方法で傷つけず綺麗に
毎日拭いていても、IHクッキングヒーターにできてしまう焦げ付き。水だけでは落ちないし、ゴシゴシこすると表面が傷つきそうで怖いですよね。今回はIHにこびりついた焦げつきの落とし方と、焦げをつけないための予防法をご紹介します。アルミホイルやラップでこする方法もありますが、IHの表面を傷つける可能性があるのでおすすめしません。この記事では、こすらない方法を紹介します。ぜひやってみてくださいね! IHの焦げつきの落とし方:IHの焦げつきは、セスキスプレーでパックすると落とせます。焦げつきのおもな原因は、油や調味料などの酸性汚れです。そのためアルカリ性のセスキ炭酸ソーダを使うと、中和されてよく落ちるんですよ。焦げがついた部分に乾いた布をかぶせ、セスキスプレーを吹きかけます。2~3時間放置し、仕上げに水拭きすればOKです。【セスキスプレーの作り方】・水500mLに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1の割合で混ぜ、スプレーボトルに入れる・2~3ヶ月以内に使いきる セスキスプレーは油や汗、皮脂汚れに強いので、お洗濯でも大活躍! ぜひ使ってみてくださいね。セスキスプレーで落とせない焦げつきには、IH専用クリーナーを使用しましょう。焦げ専用なので、汚れがしっかり落ちます。スポンジタイプや塗るタイプ、ヘラタイプなどが販売されています。表面を傷つけないよう、こすらなくていいタイプの商品を選んでくださいね。◆IHに焦げをつけないための予防法:焦げつきは放置すればするほど落ちにくくなります。簡単な方法で予防して、汚れをためないように心がけましょう。(1)毎日セスキスプレーで拭く:IHについた汚れは、水だけでは完全に落とせません。油や食材の汚れを残さないよう、1日1回はセスキスプレーで拭きあげましょう。白残りするのを防ぐため、最後は水拭きで仕上げてくださいね。(2)焦げつき防止マットを敷く:IHの焦げつき予防には、「焦げつき防止マット」もおすすめです。焦げだけでなく、調理器具による傷も防いでくれる優れものなんですよ。汚れたときだけ洗えばいいので、「毎日拭くのは面倒……」という人にもぴったり。デザインが豊富なので、ぜひお気に入りのものを見つけてください。キッチンが華やかになり、お料理がもっと楽しくなりそうですね!

魚焼きグリル

重曹で焦げつきを磨き落とします。油が気になるときは、食器用洗剤や石鹸も使いましょう。

グリルの油汚れを予防するためには、魚を焼く前に受け皿に重曹を敷き詰めておくのがおすすめです。重曹が魚の油を吸収するので、お手入れがぐんと楽になりますよ。

使用後は敷き詰めた重曹に水を少し加え、これを使って掃除すればもったいなくありません。

換気扇

換気扇のガンコ汚れにはセスキ炭酸ソーダのつけ置きが効果的です。年に数回はフィルターなどを外してお手入れしましょう。

部品がしっかり浸かるサイズの容器または袋を用意し、お湯を入れます。セスキ炭酸ソーダはお湯の温度が高いほど洗浄力が増すので、できるだけ熱いお湯を使ってください。

お湯3Lに対して大さじ2の割合でセスキ炭酸ソーダを溶かします。汚れの落ち具合を見ながら、数時間から半日放置しましょう。

浮き上がった汚れをブラシなどでよく落とし、仕上げに水ですすぎます。しっかり乾燥させたら完了です。

キッチンにはさまざまな汚れが付いており、ガンコ汚れも多いです。しかし重曹・セスキ・クエン酸の3つがあればキレイになりますよ。

食品を扱うキッチンの掃除には、体に優しいナチュラル洗剤がぴったりです。ぜひ試してみてくださいね!

過去記事では他にもナチュラルなお掃除として、重曹を使った電子レンジの掃除方法も紹介しています。こちらも併せてご覧くださいね。

タイトルとURLをコピーしました