賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

電子レンジは重曹でお掃除!たった4ステップで簡単キレイ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
かさみやちゃん
かさみやちゃん

電子レンジを簡単にキレイにする方法、お掃除のプロに教えていただきました!

電子レンジの頑固な汚れに悩んでいませんか? 食品を温める家電だから、掃除グッズは安全なものを使いたいですよね。

こんにちは。カーサミアライターのいずみです。クリンネスト1級の資格を持っており、ナチュラルクリーニングにはまっています。

この記事では、重曹を使った電子レンジのお掃除方法をご紹介します。ピカピカになるのはもちろん、安全で簡単な方法なので、ぜひ最後まで読んで実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

電子レンジ掃除に重曹がおすすめな理由

重曹はアルカリ性なので、酸性の油汚れがよく落ちる|イメージ画像:写真AC

電子レンジのお掃除には、重曹がおすすめです。なぜなら、重曹はアルカリ性の性質を持っているから。

電子レンジ庫内の主な汚れは油汚れです。油汚れは酸性なので、反対であるアルカリ性の重曹で掃除をすると中和でき、キレイに落とせます。

また、重曹は天然素材なので、人体への負担が少ないという特徴があります。だからこそ、食品を扱う電子レンジの掃除にぴったりなんですよ。

スポンサーリンク

重曹を使った電子レンジの掃除方法

掃除方法はとても簡単。重曹水をレンジで加熱し、ふき取るだけ|イメージ画像:写真AC

step1:重曹を水に溶かす

耐熱容器に水200mlと重曹大さじ2杯を入れ、よく溶かします。

耐熱容器はどんな形のものでも大丈夫ですが、蒸気が庫内に広がりやすいよう、口の広い器がおすすめです。

step2:電子レンジで加熱する

作った重曹水を耐熱容器のまま電子レンジに入れ、ラップをせずに600Wで5分温めます。加熱することで蒸気が庫内に広がり、汚れを浮かせてくれるんです。

温め終わったら、扉を閉めたまま10分程放置しましょう。

step3:ふき取る

キッチンペーパーや布を使って、庫内をふき取ります。蒸気のおかげで汚れがふやけているので、サッとなでるだけでキレイに。

温めた重曹水で布を濡らし、それでふき取るのも効果的です。その場合は、大きめの耐熱容器を使うと布を浸しやすいですよ。

step4:クエン酸スプレーを吹きかける

仕上げにクエン酸スプレーを吹きかけ、水拭きすれば完了です。アルカリ性が中和されるので、より安心ですよ。

クエン酸スプレーの作り方は、水100mlにクエン酸小さじ1を混ぜるだけ。スプレー容器に入れ、1~2週間以内に使いきりましょう。

スポンサーリンク

重曹で電子レンジを掃除するメリット

重曹は安全なだけでなく、節約にもなる|イメージ画像:写真AC

汚れが落ちやすい

先ほどご紹介したように、電子レンジ庫内の汚れは油汚れ(酸性)がメインです。そのため、反対の性質を持つ重曹(アルカリ性)を使うことで、しっかりと汚れを落とせます。

天然素材なので安全

重曹は自然界に存在しており、食用にも使われるほど安全性が高い素材です。そのため、食品を温める電子レンジの掃除にも安心して使うことができます。

環境への負担が少ないのもおすすめポイントです。

手に入れやすい

重曹はドラッグストアやホームセンター、100円ショップなどで購入できます。どこでも手に入るので助かりますね。

節約になる

重曹は電子レンジ以外にもさまざまな場所に使えるので、洗剤を買いそろえる必要がなく節約になります。

電子レンジ用、コンロ用、換気扇用など、場所ごとに洗剤や掃除グッズを買うとかなりの金額になってしまいますよね。

重曹なら100円ショップにありますし、ドラッグストアでも300円程度で買えるので、費用をおさえたい人にぴったりです。

スポンサーリンク

重曹がないときの代用方法は?

重曹の代わりに、セスキ炭酸ソーダも使える|イメージ画像:写真AC

重曹が使えないときは、セスキ炭酸ソーダで代用しましょう。

セスキ炭酸ソーダは、重曹と同じアルカリ性の性質を持っています。しかも、重曹よりもアルカリ度が強いので、洗浄力もばっちりですよ。

耐熱容器に250mlの水とスプーン1杯のセスキ炭酸ソーダを入れて混ぜ、重曹と同じように加熱してふき取ればOK。

庫内の汚れの度合いに合わせて使いわけてもいいですね。

電子レンジをキレイに保つには、付着した食品や水分をその都度ふき取ることが大切です。そして1~2か月に一度、重曹を使ってスペシャルケアをしましょう。

重曹でお掃除をして、おうち時間をより快適にしてくださいね。

かさみやちゃん
かさみやちゃん

1~2ヶ月に一度なら続けられそうです♡

さっそくやってみます…!

ナチュラル洗剤でキッチン大掃除

ナチュラル洗剤でキッチン大掃除!重曹・セスキ・クエン酸で丸ごと綺麗
油や食品、水あか、石鹸カスが付きやすいキッチン。こまめにお手入れしているつもりでも、実は汚れが残っているかもしれません。今回はクリンネスト1級の資格を持っている私が、重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸を使ったキッチンの掃除方法をご紹介します。ガンコ汚れが付きやすいキッチンですが、ナチュラル洗剤ですっきり落とせます。【水回り編】 シンク:シンクには食材のタンパク質汚れや油汚れなどが多く付いています。アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを使うと汚れが落ちますよ。重曹かセスキ炭酸ソーダをシンクに振りかけ、スポンジで磨きます。重曹は水に溶けにくく粒子が残りやすいので、こすりすぎて傷つけないよう注意してください。セスキスプレーを吹きかけて拭き取ってもOKです。その後クエン酸スプレーで中和させ、仕上げに水拭きすれば完了です。 排水口:排水口には油や食品といった酸性汚れと、石鹸カスなどのアルカリ性汚れの両方が付いています。そのため、重曹とクエン酸を使って掃除するのがおすすめです。排水口のフタやごみ受けを外し、重曹とクエン酸を1:2の割合で混ぜた粉末を排水口に振りかけます。発砲するので1時間放置し、水で洗い流してください。 蛇口:蛇口は水あかで汚れやすいので、クエン酸を使います。クエン酸スプレーを蛇口に吹きかけ、拭き取るだけでピカピカになりますよ。【コンロまわり編】調理台やコンロまわりは油や食品がついているので、水だけでは汚れが落ちません。アルカリ性のセスキスプレーで拭き取ったあと、クエン酸スプレーで拭きあげましょう。クエン酸には除菌作用があるので、調理台掃除にぴったりですよ。 ガスコンロ、IHクッキングヒーター:セスキ炭酸ソーダと重曹を使えば、ガスコンロのガンコな焦げつきも落とせます。他にも、飲みかけのお酒(アルコール)も使えますよ。IHなら普段のお手入れはセスキスプレーで拭くだけで十分です。焦げつきが気になるときは、セスキスプレーでパックしましょう。魚焼きグリル:重曹で焦げつきを磨き落とします。油が気になるときは、食器用洗剤や石鹸も使いましょう。換気扇:換気扇のガンコ汚れにはセスキ炭酸ソーダのつけ置きが効果的です。年に数回はフィルターなどを外してお手入れしましょう。キッチンにはさまざまな汚れが付いており、ガンコ汚れも多いです。しかし重曹・セスキ・クエン酸の3つがあればキレイになりますよ。食品を扱うキッチンの掃除には、体に優しいナチュラル洗剤がぴったりです。ぜひ試してみてくださいね!
タイトルとURLをコピーしました