賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

お洋服にカビ…!種類によって取り方は違う?今すぐできる予防法は?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

久しぶりにクローゼットの奥から取り出した服。よく見るとカビが付いていた、という経験はありませんか? ちゃんと洗濯していても、衣類にカビが発生することがあるんですよ。

こんにちは、カーサミアライターのいずみです。暮らしに役立つ情報を発信しています。

今回は、服に生えたカビの落とし方をご紹介します。正しい手順を踏めばカビは落とせる可能性があります。捨てる前に試してみてくださいね!

スポンサーリンク

服にカビが発生する理由

湿度と温度、栄養分がそろうとカビは発生しやすくなる│イメージ画像:写真AC

ちゃんと洗濯していても、洋服にカビが発生してしまうことがあります。その原因はおもに「クローゼット」と「洗濯機」です。

そもそもカビは、以下の3つがそろうと発生しやすくなります。

  • 65%以上の湿度
  • 20~35度の温度
  • 栄養分

クローゼットはこの条件にぴったり。閉ざされた空間で風通しが悪いため、湿気がこもります。そしてたまったホコリや服に染みている汗・皮脂がカビのエサに。

また洗濯機からカビが移る可能性もあります。洗濯槽は一見キレイですが、裏側はびっしりとカビが生えていることも。湿気がこもりやすく、石けんカスや髪の毛がカビの栄養分になるので要注意です。

スポンサーリンク

服に生えたカビの取り方

カビ取りには酸素系漂白剤が有効│イメージ画像:写真AC

白カビと黒カビで落とし方は異なりますが、どちらの場合も酸素系漂白剤を使用します。粉末タイプのほか、「ワイドハイター」などの液体タイプでもOKですが、粉末タイプの方が除菌力も漂白力も強いのでおすすめです

コートやニット、色柄物などつけ置きが難しい服はクリーニングに出してくださいね。

白カビ

  1. 外でカビを払い落とす
  2. 消毒用エタノールをたっぷり吹きかける
  3. 酸素系漂白剤を規定量加えて洗濯する
  4. 完全に乾かす

白カビは表面に付着しているだけなので、比較的簡単に落とせます。消毒用エタノールと酸素系漂白剤を使ってしっかりと除菌しましょう。

黒カビ

  1. 綿棒などを使ってカビに酸素系漂白剤を塗り込む(液体タイプのみ)
  2. 器に40度以上のお湯と、記載量の酸素系漂白剤を入れて混ぜる
  3. 2にカビが付いた服を入れ、落ち具合を見ながら30分~2時間つけ置く
  4. カビが落ちたら優しくもみ洗いをしてすすぐ
  5. 通常の洗濯をしてよく乾かす

黒カビは繊維の深くまで入り込んで根を張るので、つけ置きして酸素系漂白剤をしっかりと染み込ませましょう。ブラシでこするとカビが奥に入り込むので注意してください。

酸素系漂白剤はアルカリ度が高いので、皮膚のタンパク質を落としてしまいます。もみ洗いするときはゴム手袋をしてくださいね。

塩素系漂白剤が手についてしまったときの対処法はこちら

ハイターが手についた!! ヌルヌルを解消する正しい対処法は?
ゴム手袋の着用が推奨されている塩素系漂白剤。しかし容器を触るだけだからと素手で使用して、液ダレ等が「手についちゃった!」と焦った経験はありませんか? 今回は、クリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信している私が、ハイターなどの塩素系漂白剤が手についてしまったときの対処法をご紹介します。しっかり落とさないと危険なので、最後まで読んで正しくケアしましょう!付着したハイターを洗い流すとき、手がヌルヌルしたことはありませんか?これは強いアルカリ性であるハイターが、皮膚のタンパク質を溶かしているからです。つまり「ヌルヌル=付着した塩素系漂白剤」ではないんですよ。ハイターを落とさずに放置すると、やけどのような状態になる可能性があります。手についたときはできるだけ早く対処しましょう。ハイターが手につくと、独特なにおいもします。プールでかいだような、少しツーンとした香りです。このにおいは塩素が原因です。正しく対処すればヌルヌルだけでなく、においも落とせるので安心してください。もしも塩素系漂白剤が手についてしまったときは、まずは流水で洗い流します。たっぷりの水を使い、時間をかけて洗うのがポイントです。可能ならハンドソープも使いましょう。ハイターなどの塩素系漂白剤はアルカリ性です。そのため酸性のアイテムを使って中和させましょう。たとえばお酢、レモン、クエン酸等です。仕上げにハンドクリームなどでケアすれば、より安心ですよ。痛みが続いたり、皮膚が炎症を起こしていたりするときは治療が必要です。できるだけ早く病院へ行ってくださいね。カビも落とせるハイターは、キッチンやお風呂などで活躍する洗剤です。頼もしい洗剤ですが、強力なぶん扱いに注意が必要です。ゴム手袋やマスク、メガネ、換気などで体を守る、容器を移し替えない、酸性の洗剤と混ぜないの3点に気をつけ、安全に使ってくださいね!
スポンサーリンク

今日からできる服のカビ予防

服の汚れをしっかり落とし、クローゼットや洗濯槽を清潔にしよう│イメージ画像:写真AC

大切な服を守るには、カビが発生しないよう予防することも重要です。

今すぐはじめられる対策を4つご紹介します。

洗濯槽の掃除

「洗濯していれば洗濯槽もキレイでしょ?」と思うかもしれませんが、実は石けんカスや汗、皮脂などの汚れがたまります。そのうえ濡れている状態が長く続くので、カビが生えやすいんですよ。

酸素系漂白剤や塩素系漂白剤を使い、月1回を目安に洗濯槽のお手入れをしましょう。詳しい方法はこちらの記事を参考にしてくださいね。

洗濯槽掃除はオキシクリーンで!おすすめアイテムベスト3をご紹介
「洗濯槽がなんだか臭い」「洗濯物にピロピロが付いた」という経験はありませんか?実はそれ、洗濯槽に潜む汚れやカビが原因なんです。今回は、クリンネスト1級の資格を持っている私が、洗濯槽掃除におすすめのアイテムを3つご紹介します。衣類をキレイにする洗濯機は、いつも清潔にしておきたいですよね。ぜひ参考にして、洗濯槽のお手入れをしてみてください!「槽洗浄コース」がある洗濯機は、以下を参考にして水(お湯)とお掃除アイテムを入れたあとボタンを押すだけでOKです。専用のコースがない場合の掃除方法も、ドラム式・縦型洗濯機それぞれに紹介しています。【おすすめアイテム】第1位:オキシクリーンなど酸素系漂白剤。日本版はドラッグストア、アメリカ版はコストコで買えますよ。おもな違いは、界面活性剤と香料の有無です。日本版はどちらも入っていないので、体と環境に優しいという特徴があります。アメリカ版は両方入っており、より洗浄力が高いです。ちなみに、ドラッグストアではオキシクリーン以外の酸素系漂白剤も売っています。こちらも洗濯槽掃除に使えます。ドラム式洗濯機をオキシクリーンで掃除したいときは、「オキシクリーン 洗濯槽クリーナー 粉末タイプ」を使いましょう。第2位:キッチンハイター(塩素系漂白剤)。キッチンハイターなどの塩素系漂白剤は「汚れやカビを溶かす力」が強いです。そのため酸素系漂白剤に比べるとカビが浮きにくく、汚れをすくう手間が少ないでしょう。また、殺菌力があるのも大きな特徴です。酸素系漂白剤と交互に使うことで、より清潔に保てますよ。ただし、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤を混ぜると危険なので、日にちをあけて使ってくださいね。第3位:重曹。ナチュラル洗剤として人気の高い重曹も洗濯槽掃除に使えます。消臭作用があるため、嫌なにおいにも効果が期待できるでしょう。しかし洗浄力が弱く、時間がかかるデメリットがあります。重曹は水に溶けにくいので、詰まってしまう可能性がある点も注意しなければいけません。また、ドラム式には使えません。それぞれメリットとデメリットがあるので、汚れの度合いに合わせて選んでください。

クローゼットの換気

クローゼットはカビが好む湿度と温度、栄養分がそろいやすい場所です。服は間隔を空けて収納し、窓を開けたり扇風機の風を当てたりして空気を循環させましょう。

ホコリや繊維くずをためないよう、こまめにお掃除するのも効果的ですよ。

クローゼットのカビ対策6選【春から注意】発生したときの対処法も紹介
クローゼットは、カビが発生しやすい場所でもあるんです。きちんと対策しないと、大切な衣類にもカビが移ってしまうかもしれません。今回はクリンネスト1級の資格を持っている私が、クローゼットのカビ対策と、カビが生えてしまったときの対処法をご紹介します。衣替えのついでに、ぜひ実践してみてくださいね!洋服を収納するクローゼットは、カビが発生しやすい場所と言われています。クローゼットは閉ざされた空間であることが多く、空気がよどんでいます。そのため湿気がこもり、カビが生えやすくなるのです。また衣類を収納するので、ホコリが出やすいのも原因です。ホコリや衣類に付いている汗・皮脂はカビのエサになるので、繁殖を促進してしまうんですよ。カビは65%以上の湿度、20~35度の温度、栄養分の3つがそろうと発生しやすくなります。きちんと対策し、カビにとって居心地のよい環境をつくらないよう心がけましょう。ここからはカビ対策を6つご紹介します。・余裕をもって収納する:衣類は隙間を空けて収納してください。風通しがよくなり、湿気がこもりにくくなりますよ。・空気を循環させる:換気して空気を循環させ、湿度を調整しましょう。クローゼットの扉を開けたまま部屋の窓を開けておくのが効果的ですよ。・クローゼットの掃除をする:クローゼットにホコリがたまるとカビのエサになるので、こまめに掃除をしましょう。・着た服は手入れしてから収納する:着用した衣類はそのまま収納してはいけません。ブラシなどで表面の汚れを取ってからしまいましょう。・完全に乾いてから収納する:洗濯した衣類は、完全に乾いてからしまいましょう。湿気が残っているとカビが生えやすくなりますよ。・除湿グッズを置く:クローゼットの中に除湿グッズを置くのもおすすめです。もちろん市販の除湿剤や乾燥剤でもOK! 防虫効果のあるものなら一石二鳥ですね。きちんと対策していても、カビが生えてしまうことがあるかもしれません。そんなときは放置せず、すみやかに除去しましょう。まず衣類をすべて出します。乾いた布に消毒用エタノールを吹きかけ、カビが生えている範囲の外側から中心に向かって拭いてください。換気をし、しっかりと乾燥させれば完了です。それでも取れないカビには、台所用の塩素系漂白剤を使います。まずは窓や扉を開けて換気してくださいね。マスクやゴム手袋を使用すると安心です。

服の汚れを落とす

食べ物や皮脂、泥などの汚れはカビの大好物です。衣類に残っているとカビのリスクが高まるので、しっかりと落としましょう。食品汚れと皮脂はアルカリ性洗剤、泥は石けんを使うとよく落ちますよ。

また、脱いだ服をそのまましまうのはおすすめしません。染み込んでいる汗がカビのエサになってしまうからです。一度着た服は洗濯するか、一晩ハンガーにかけて湿気を飛ばしてから収納してくださいね。

服を完全に乾かす

洗濯した服は、しっかりと乾燥させてから収納しましょう。水分が残っているとカビが発生しやすくなります。取り込む前に触って確認すると安心ですよ。

密閉できる収納ケースやタンスだと濡れた状態が長く続いてしまうので、特に気をつけてくださいね。

服に白カビや黒カビが生えてしまっても、落とせる可能性があります。捨てる前に試してみてください。

カビが発生しないように予防することも大切です。清潔に保つため、日ごろから心がけましょう!

タイトルとURLをコピーしました