【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

話題のみつろうラップとは?節約&脱プラしながらエコな生活

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

プラスチックごみの削減が推奨され、さまざまな変化が起きている昨今。環境のために、個人でも脱プラを心がけたいですよね。

こんにちは。カーサミアライターのいずみです。暮らしに役立つのはもちろん、心も満たす情報をお伝えしています。

今回は、プラスチック製ラップの代わりに使える「みつろうラップ」をご紹介します。初めて知った方にもわかりやすく解説するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

みつろうラップとは?

みつろうラップとは、布(コットン)にミツバチの巣から取れる「ろう」を染みこませて作るラップのことです。

手の温かさで柔らかくなるので、どんな器や食材にもフィット。冷やすと固まるので、冷蔵庫に入れればしっかりフタをしてくれるんですよ。

しかも100%天然素材なので、体にも環境にも優しいラップなんです。

みつろうラップには、他にもこんなメリットがあります。

  • 繰り返し使えるのでエコ(半年~1年ほどもつ)
  • 保湿性と抗菌性、適度な通気性があるので、鮮度を保てて長持ちする
  • 幅広い使い方ができる
  • 自分好みに手作りできる

環境への優しさと実用性を兼ね備えたみつろうラップ。プラスチックごみが問題になっている今、プラスチック製ラップの代わりに使えるとして話題になっています。

スポンサーリンク

みつろうラップのおすすめの使い方

みつろうラップは食材の保存やランチにぴったり│イメージ画像:pixabay

多用途に使えるのもみつろうラップの特徴です。

ぜひ日常のさまざまな場面で役立ててください。

使いかけの野菜や果物に

みつろうラップは安全な素材で作られているので、食品をそのまま包んでも大丈夫。保湿性と抗菌性、さらには通気性もあるので、使いかけの野菜や果物の保存にぴったりです。

断面を包むようにして使えば、乾燥を防いで鮮度を保てますよ。

器のフタとして

プラスチック製ラップと同じように、器のフタとしても使えます。

手のぬくもりで柔らかくなるので、器にかぶせたあと手で包むとしっかりフィットしますよ。

パンやおにぎりの保存に

みつろうラップの保湿効果は、パンやおにぎりの乾燥も防ぎます。おいしい状態で保存してくれるので、お弁当にもいいですね。お気に入りのみつろうラップを使えば、ランチタイムが楽しくなりそう!

ごみを出さないので、アウトドアにもおすすめです。

使ったあとのお手入れ方法は?

みつろうラップを使ったあとは、水で優しく手洗いしてください。ゴシゴシこすったり、絞ったりするのはNGですよ。

汚れが気になるときは、薄めた食器用洗剤を使うと綺麗になります。

洗ったあとは自然乾燥し、風通しの良い場所で保管しましょう。広げた状態かふんわり巻いた状態で置いておくと、傷みにくく長持ちしますよ。

スポンサーリンク

みつろうラップの作り方

みつろうラップは手作りできるので、自分好みのサイズ・デザインで作ってみるのもおすすめ。

用意するものはこの5つです。

  • アイロン台(なければ汚れてもいいバスタオル3~4枚)
  • アイロン
  • コットン100%の布
  • クッキングシート(布より大きいサイズ)
  • みつろう(粒タイプ)

みつろうは、近所で取り扱っているお店がなければ通販でも買えますよ。

ミツロウ(精製)ビーズワックス 100g 【蜜蝋/みつろう/粒状/ホワイト/漂白タイプ】
アッシュ(ASH-Aroma Spa Hospitality)
¥680 (¥7 / g)(2021/06/30 15:41時点)

step1:アイロン台に紙を敷く

アイロン台を保護するため、アイロン台全体に大きな紙を敷きます。

紙は新聞紙などで構いません。

step2:クッキングシート→布→みつろうの順に置く

敷いた紙の上に、クッキングシート→布の順に置きます。布は裏表どちらが上でもOK。

次に、布の上にみつろうを乗せます。目安は10cm角あたり3gほど。布の外にはみ出すのを防ぐため、端には乗せないようにしてください。

step3:アイロンでみつろうを溶かす

みつろうの上にクッキングシートを重ね、低温(80~120度)のアイロンを当てます。みつろうが溶けてきたら、布の中心から外側に向かってアイロンを動かしましょう。

布全体に均等に染みこませると、使いやすいみつろうラップになります。余分なみつろうはクッキングシートに押し出してくださいね。

step4:完全に冷ます

みつろうが布全体に浸透したら、しっかり冷まします。

布をクッキングシートからはがして干しても、そのままクッキングシートの上で冷ましてもOK。作る枚数などに合わせて、やりやすい方を選んでください。

みつろうラップが完全に冷めれば完成です。

スポンサーリンク

みつろうラップを使うときの注意点

みつろうラップは熱に弱いので注意。はちみつアレルギーの人や乳児は使用NGです│イメージ画像:写真AC

とても便利なみつろうラップですが、使うときの注意点があります。

まず、はちみつアレルギーの人は使用を控えましょう。みつろうとはちみつは別物です。しかしどちらもミツバチから作られるものなので、念のため避けてください。

同じ理由で、赤ちゃんにも使わない方が安心です。乳児ボツリヌス症にかかるのを防ぐため、1歳未満の乳児にははちみつを与えてはいけません。小さい子どもが遊びに来るときなどは、使用しないでくださいね。

またみつろうラップは、電子レンジでは使えないので要注意です。みつろうは62~63度の熱で溶けてしまいます。熱いものを包んだり、高温になる場所で保管したりしないよう気をつけましょう。

みつろうラップは、環境に優しく自由度の高いエコなラップです。繰り返し使えるので、節約にもなります。

お気に入りのみつろうラップを取り入れて、脱プラを目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました