賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

UVカットサングラスでシミ・ソバカスを防ぐ! 眼鏡のプロが選び方を解説

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

紫外線が気になる季節になりましたね。日焼けはお肌が黒くなるだけではなく、シミやソバカス、肌老化の原因になるので絶対に避けたいところです…!

こんにちは!カーサミアライターのあんどうです。女性の眼鏡ライフに役立つ情報を発信しています。

顔や体のUV対策はばっちりでも、目から入った紫外線が原因で肌が日焼けしたり、目のトラブルを引き起こしたりすることがあります。

今回は、本格的な夏が始まる前に入手したい、UVカットサングラスの選び方を紹介します!

スポンサーリンク

UVカットサングラスが必要な理由。目から日焼けするってどういうこと?

強い紫外線は目にも悪影響を及ぼす|イメージ画像:写真AC

体同様、目も長時間強い紫外線を浴び続けると日焼けします。と言っても、目がこんがり小麦色になるわけではありません。

では、目から入った紫外線が体にどのような影響を及ぼすのかについて解説します。

目の痛みや充血を起こす

海水浴やスキーに行った後、目の痛みや充血、涙が出る、光が眩しく感じるといった症状に悩まされたことがある人は多いのではないでしょうか。

それらの症状は「雪目(電気性眼炎)」や、「結膜炎」などといった目の病気である可能性が高いです。

目が強い紫外線を浴び続けて、角膜の表面に傷がついて炎症を起こすことで発症します。

白内障の原因になる

強い紫外線を浴び続けると、ダメージが積み重なって目の細胞が破壊されてしまいます。

その影響が水晶体にまで及ぶと「白内障」になることも。

白内障は、水晶体が白く濁って視力低下などを引き起こす目の病気です。原因は加齢や遺伝によるものが大半ですが、紫外線が影響を及ぼすこともあります。

一度白内障になると元に戻すことはできません。濁ってしまった水晶体を手術で取り除いて眼内レンズを入れる手術が必要になります。

シミやソバカス、肌老化の原因になる

私たちは目から入った光を脳に伝えて処理することで、「目が見える」ようになっています。

その過程で光の一種である紫外線が目に入ると、脳は「体が日差しにさらされている!」と判断して、肌を守るためにメラニン色素を出そうとします。

すると、肌が直接紫外線を浴びた時と同様に皮膚に日焼けの症状があらわれ、ひいてはシミやそばかす、肌老化の原因となってしまうのです。

スポンサーリンク

目からの日焼けを防ぐ!UVカットサングラスの選び方

目からの日焼けを防ぐUVカットサングラス|イメージ画像:写真AC

紫外線から目を守り、目からの日焼けを防ぐにはUVカットサングラスが有効です。

とはいえ、サングラスならどんなものでもいいという訳ではありません。

ここでは、眼鏡のプロがUVカットサングラスの選び方のポイントを解説します。

紫外線カット率99%以上のサングラスを選ぶ

一番重要なのは、紫外線カット率が99%以上のレンズを使用しているサングラスを選ぶことです。

紫外線は四方八方から降り注いでいるので、背面から入った光がレンズの裏面で反射して、目やその周辺に紫外線が到達することもあります。

徹底するなら、レンズの裏面にもUVカットコートが施されているものを選ぶとよいでしょう。

レンズの色は濃すぎないものを選ぶ

レンズの色は濃すぎず、目が透けるくらいが良い|イメージ画像:写真AC

レンズの色が濃ければ濃いほどUVカットできると思われがちですが、眩しさが抑えられるだけで、紫外線のカット率には影響しません。

それどころか人間の目には、視界が暗いと瞳孔を大きくして光を吸収しやすくする性質があります。

濃い色のレンズが使われているサングラスをかけると、当然視界が暗くなります。すると瞳孔が大きくなるので、紫外線を吸収しやすくなってしまいます。

普段使いのサングラスであれば、レンズの色は目が透けて見えるくらいで十分です。ある程度眩しさも抑えたいなら、可視光線透過率が40〜70%程度のものを選ぶとよいでしょう。

クリアレンズでも紫外線対策になります。紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線までカットできる「UV420」というレンズもあるので、伊達メガネとして持つのもオススメです。

トレンドは色が薄めのカラーレンズ

近頃はごく薄いカラーレンズを使ったサングラスがトレンドです。

サングラスはかけたいけど、濃い色のレンズだと気取ってるみたいで恥ずかしい…と感じていた人でも、薄いカラーレンズなら気負わずかけられます。マスクをしながらかけても怪しく見えません。

さらに!レンズの色の効果で肌色が明るく見えるなど、女性に嬉しいお化粧効果も期待できるんですよ!

眼鏡屋さんで相談すれば、気に入った眼鏡フレームに好きなカラーレンズを入れてオリジナルサングラスを作ることもできます。

最近使ってないなぁ、という眼鏡があれば、カラーレンズに入れ替えてサングラス風眼鏡として使うのもアリですね。

レンズが大きいデザインを選ぶ

レンズが大きめでカーブが強いデザインはカバー力が高い|イメージ画像:写真AC

徹底的にUVカットできるサングラスが欲しい!という人は、レンズが大きくて、目の周辺をすっぽり覆うようにカーブがかかっているデザインを選びましょう。

サングラスと顔の隙間から、紫外線が入り込みにくいようにカバーできます。

さらにツバが広い帽子や日傘を併用すれば、紫外線対策はバッチリです!

眼病を引き起こすだけでなく、シミやソバカス、肌老化の原因にもなる怖い紫外線。目の保護にはUVカットサングラスが必須です!

紫外線カット率が99%以上で、色が濃すぎないレンズを使ったサングラスを選んでくださいね。

レンズの色や機能、フレームデザインに悩んだら、眼鏡店の店員さんに相談しましょう!

UVカットサングラス選びのポイントをしっかりおさえて、今年の夏は目も日焼け知らずで快適にすごしてください♪

タイトルとURLをコピーしました