捨てる前に試してみて!保冷剤を消臭剤として再利用♪

捨てる前に試してみて!保冷剤を消臭剤として再利用♪

デパートなどのスイーツショップでお買い物をすると、冷蔵が必要なものには「保冷剤」がついてきますよね。

もう冷凍庫にも入れるスぺースもないし…というか、そもそもたくさんあっても使い道ないし…と思ってる方、いらっしゃいませんか?

実はその「保冷剤」、買い物後の移動中の温度管理だけではなく、リサイクルして違う使い方も出来るんですよ!

ということで、今回は「保冷剤」のおすすめの再利用方法をご紹介します!

title.jpg

まずは「保冷剤」として再利用

保冷剤.jpg
意外ともらうことが多い保冷剤

まず一つ目は日常の「保冷剤」や「冷却剤」として
溶けてしまった保冷剤は冷凍庫で再度凍らせることで、同じように使うことが出来ますよね。

そんな保冷剤は夏のお弁当や、お出かけの際の冷却グッズなどとしても大活躍!凄まじい猛暑に家から保冷剤を持って出て、首や額に当てて涼んだことがある人も多いのではないでしょうか。

summer.jpg
うなだれるような暑さには、保冷剤が良い役目を果たしてくれます

持ち帰れば、何回でも再利用できるのも便利ですよね。
繰り返して使うときは、袋が破けていないかきちんとチェックしましょう。

「保冷剤」を「消臭剤」として再利用

続いて二つ目、「保冷剤」を「消臭剤」として再利用する!これがおすすめ再利用方法です!

保冷剤の成分

まずは保冷剤を確認しておきましょう。
保冷剤は主に「水」で出来ていて(約98%)、残りの成分は水を固める性質を持つ「高吸水性ポリマー」というもので構成されています。
「においは水分にくっつく」という特性を活かすことで、高吸水性ポリマーを使って消臭効果も図ることができるんです。

その代表的な商品は「紙オムツ」。赤ちゃんにとって欠かせないアイテムです。確かに、吸水性と消臭性を兼ね揃えているイメージがありますね。

それから、ドラッグストアなどで買えるお部屋の消臭剤や芳香剤(消臭剤+香り)もおおよそ同じ成分で構成されているんですよ。

image2.jpg

部屋の中をいつでも快適に保ちたい…と思って、消臭剤を色々なところに置くと、それなりに費用が掛かって悩ましいですよね。
そこで、保冷剤を再利用した消臭剤が活躍します!

保冷剤を再利用した消臭剤の作り方

作り方はいたってシンプル!
これなら不器用な方でも簡単にできますよ。

工程はこれだけ。
常温で解凍した保冷剤の中身を、好きな容器に移す。

なんてシンプルなんでしょう。

ちなみに、解凍した際に袋の外から触ってジェル状のタイプだけが消臭剤としてリサイクルできますので、ご注意くださいね!(解凍したら液体になるタイプもあります)

袋から中身を出すときは「ウニウニ~」って出てきますが、容器に移すとなめらかに収まります。

消臭剤.jpg
手元に容器がなかったので、ラッピング袋を代用

容器に移したあとは、季節に合わせた小物を乗せたり、アロマオイルなどを垂らして香りをつければ完成です!もちろんそのままでもOKですよ。

使っていくうちに保冷剤が減ってきたら、追加してくださいね。

消臭剤2.jpg
涼し気になるように、ビー玉と貝殻を入れてみました♪

保冷剤再利用の消臭剤を入れるおすすめ容器

市販の消臭剤の空き容器や、ジャムの空き瓶などでもいいのですが、もう少しインテリア性にもこだわりたい…という方のために、アイテムを探してみました。

ある程度しっかりした容器ならなんでも大丈夫です。口が広めのほうが消臭効果は高くなります。

ぜひお好みの容器で試してみてくださいね。

小型の金魚鉢

壁掛けタイプの金魚鉢(Amazonで詳しく見る

こんな感じの金魚鉢なら、どんなインテリアにも合わせやすいです。

壁掛けタイプだとどこにでも掛けられるのもいいですね。水槽用のストーンとなんかと一緒に入れてもオシャレです。

一輪挿しの花瓶

津軽びいどろの一輪挿し(Amazonで詳しく見る)

そのまま置いてもいいですし、造花を挿したらもっと可愛い!
ちょっと口が小さめなので、消臭効果が弱くなってしまうかもしれません。 でも可愛い…!
トイレよりはリビングなど、そこまで強力な消臭効果がなくてもいい場所に向いていると思います。

しかもこれはいろんな色があって、色の名前も「夏空」「桜風」「星月夜」「花雲」など。
何から何まで可愛いです。

アクセサリートレイ

陶器のアクセサリートレイ(Amazonで詳しく見る)

かわいいアクセサリートレイに入れたら、保冷剤再利用でも生活感ゼロですね。造花の花弁を散らしても素敵かも!

おしゃれ系の灰皿

ヴィンテージ感のある灰皿(Amazonで詳しく見る)

こちらは甘さ控えめなお部屋に。ヴィンテージ系やブロカントスタイルと似合いそうです。多肉植物と並べてもいいですね。

トレイや灰皿は口が大きく開いているので、消臭効果も期待できますよ♪

保冷剤の捨て方:基本は「可燃ゴミ」

消臭剤として再利用も終わったし、さて捨てよう。と思ったときの捨て方です。「保冷剤」は基本的に、可燃ゴミとして出せますよ。

※お住まいの市町村により、ごみの分別方法が異なる場合があります。必ず事前にご確認ください。

捨てる場合の注意点は、中身をトイレや水道に流さないこと。水気のある所に流してしまうと「高吸水性ポリマー」の効果で、水を吸収して詰まる原因となりますよ!

powder.jpg

「消臭剤」としてリサイクルした「保冷剤」は、玄関・キッチン・洗面所・トイレなどの空気が籠りやすいところで、しっかりパワーを発揮してくれる頼れるアイテム。 置いておくだけなのでとても地味ですが、手軽にお部屋を快適空間にしてくれますよ。

保冷剤を再利用するだけで、お金を掛けずに日用品の出費を抑えることもできるなんて嬉しいですよね!ぜひ一度試してみてくださいね。

節約術に興味がある方は、こちらの記事もどうぞ。

※記事の内容は執筆時点のものになります

暮らしの知恵カテゴリの最新記事