【アンケート】あなたの「リアル」教えてください >>

ボーナスなし、手取り20万円未満でもできる貯金術|具体的な貯金術5選も紹介(後編)

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

前回は貯金に対する考え方、準備の仕方を解説しました。自分はいくら貯められそうか、イメージは沸いたでしょうか?

連載の後編は具体的な貯金術の解説です。今まで貯金ができなかった人も、すでに貯金をしている人も、「こんなやり方もあるんだ」と、参考になれば幸いです。

こんにちは、カーサミアクラブ・ライターの畑です。私もかつては貯金ができない人間でした。

スポンサーリンク

具体的な節約&貯金術5選

いよいよ貯金の実践編! イメージ画像:写真AC

ここでは少額からできる節約&貯金術について紹介します。日常のちょっとした見直しで、1年後のお財布事情が大きく変わるはずです。

①おにぎり1個でもOK! お弁当を手作りしよう

働くオトナ女子にとって、3食すべてを自炊するのは難しいことだと思います。
では、「おにぎり」を用意してみるのはどうでしょう?

ランチタイムにコンビニを利用した場合、おにぎり1個が120円だったとして、2個で240円。週5勤務で18日間出勤したとしたら、240円×18日=4,320円の節約になります。

②買い物や美容院代を見直そう

洋服代や美容院代を節約するなんてありえない。女性であればそう思われるかもしれません。でも、貯金をするのであればある程度のガマンも必要です。

毎月の買い物を2カ月に1回にする、2カ月に1度の美容院を2カ月半にするなど、サイクルを見直すだけで1年間の出費が変わります。

③節約が苦手なら定期預金を利用しよう

性格的に節約が苦手という人には定期預金がおすすめです。
お給料の口座、生活費の口座とは別に貯金用の口座を用意して、毎月自動的に貯金用口座へ入金されるように設定しましょう。

手取りが18万円だった場合、1万円を貯金口座に回すとします。最初から17万円で生活すると考えれば、面倒なやりくりもありません。なかば強制的なやり方ですが、確実に貯金ができ、1年後には12万円があなたの手元に。

④不用品は捨てずに売ろう

クローゼットや引き出しの奥に、使わないまま放置している物はフリマアプリやネットオークションに出しましょう。私はこれで3万円の臨時収入を得ました。

読まなくなった本や旅行のテンションで買ってしまったお土産など、「えっ、こんなものも売れるの?」なんてこともあってバカにできません。お金ももらえて部屋も片付き、一石二鳥です。

⑤小銭貯金をやってみよう

SNSで話題になっている「365日貯金」もおすすめです。1~365まである数字と同じ金額を貯金箱へ入れていくだけで、1年間で6万6,795円貯まるというもの。小銭貯金はゲーム感覚で楽しく続けられます。

また、クレジットカードや支払いアプリで付与されたポイントは、ネットショップや実店舗での買い物に利用できます。全額ポイント支払いをすることで、お金を使わずに済みます。

私は自分のご褒美に買うコンビニカフェにポイントを利用して、浮いたお金を小銭貯金用の貯金箱に入れています。

長続きのコツは無理をしないことです。イメージ画像:写真AC

今回、紹介した貯金術をいきなり全部やれとは言いません。最初から高い金額を貯金しようとすると、あっという間に無理が出てしまいます。これならできそうかも、と思ったものからチャレンジしてみてください。

今日からあなたも貯金女子! 無理なく楽しく続けて、1年後のお財布をパンパンに膨らませましょう!

スポンサーリンク

食費節約におすすめ、自炊レシピ

節約でみなさんが考えるのは、やっぱり自炊による食費節約!

食費節約といっても「毎日納豆ご飯」「カップラーメンばかり」というのは少し寂しいもの…。健康のことも考えて、野菜を中心に自炊したいところです。

というわけで、カーサミアは時短レシピや節約レシピ、自炊の基本に関する記事をたくさん公開しています。

コンビニで買える食材だけですぐ作れる「コンビニ飯アレンジ」や、作り置きしてお弁当にも持って行ける「節約レシピ」、自炊初心者さんが揃えておきたい調味料キッチン用品も紹介していますので、ぜひご覧ください。

もっと読む

スポンサーリンク

手取り20万の生活費シミュレーション&体験談

「家賃は手取りの3割」が目安と言われていますが、東京で一人暮らしをするなら、3割って無理じゃない…?というわけで、3割よりも多めの家賃を払うとどんな暮らしになるのか、シミュレーションしてみました。

実際にその家賃で生活している人の体験談も掲載!

「手取りと家賃」の記事一覧

手取り17万・家賃6万で一人暮らし
手取り17万・家賃7万で一人暮らし
手取り18万・家賃6万で一人暮らし
手取り18万・家賃7万で一人暮らし
手取り18万・家賃8万で一人暮らし
手取り19万・家賃7万~8万で一人暮らし
手取り20万・家賃6万で一人暮らし
手取り20万・家賃7万で一人暮らし
手取り20万・家賃8万で一人暮らし
手取り20万・家賃9万で一人暮らし
手取り21万・家賃8万~9万で一人暮らし
手取り22万・家賃8万で一人暮らし
手取り22万・家賃9万で一人暮らし
手取り23万・家賃9万~10万で一人暮らし
手取り24万・家賃9万~10万で一人暮らし
手取り25万・家賃10万~11万で一人暮らし

スポンサーリンク

部屋の条件を妥協せず、家賃を節約する方法

「ある程度便利な場所で、広めで、セキュリティがあって、…の条件は妥協できないから、家賃は節約できない」と思い込んでいませんか?

そんなことありません。
手取り23万円の一人暮らし女性は「家賃がもったいない」と中古マンションを購入し、【家賃を資産に変える】という節約をしながら、充実した新生活を送っていますよ。

手取り25万円の一人暮らし女性は、「いまの賃貸より、収納と設備の充実したお部屋に住みたい!」と新築マンションを購入しました。

ランニングコストも含めた住居費は、月9.5万円を予定しています。

【新築マンション】購入体験談
「住宅ローン控除に興味があったので、広いお部屋を選びました!」
【体験談】一人暮らしでマンション購入。彼女が迷いなく買えた理由は…
一人暮らしでマンション購入って、実際どうなの?動機やきっかけ、物件選び、間取りと価格、住宅ローンや返済プランのこと、将来のこと…気になるけれど、実際の知人には聞きづらいですよね。というわけで、一人暮らしで実際に新築マンションを購入した女性に体験談をインタビューしました。彼女は大阪で一人暮らし中。関西特有の事情もありますが、一人暮らしで購入を決断するまでの心の動きは、全国のマンション購入検討中の女性と共通の部分も多いはず。きっと参考になる部分もあると思います。一人暮らしで購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。奈那さんの購入したマンションは、2LDKで広々。収納も充実しています。【新築マンションの物件について】場所:いまの賃貸と同じ最寄り駅で、より駅に近い場所(駅徒歩分数の短い場所)、広さ: 2LDK(55㎡)、月々の住居費(住宅ローンの返済額+管理費・修繕積立金などのランニングコスト):約9.5万円(予定)――さっそくですが、マンション購入を考え始めたきっかけは?「20代のころから住宅ローン控除に興味がありました。35歳を迎えたことで、まじめに考え始めて。」――2LDKの広いお部屋を購入していますが、どんな条件で探したのですか?「住宅ローン控除を受けられる広さであること・立地や設備などが、長く住むことを考えつつ、売ったり貸したりできる物件であること という条件で、よく知っている便利な場所に新築マンションの計画があったので、これだ!と。」――ここ以外に、どんな物件と比較検討しましたか?「実は、新築も中古も、ほかは全然見ていないんです。立地と収納と設備で、ここ以上の物件はないと確信しました。」――よく知っている便利な場所だったとのことですが、ほかの物件と比較検討せずに買ったというのは、ずいぶん迷いがないですね。「父が元不動産会社勤務で、相談できましたから。父が”いい物件だ”と太鼓判を押してくれたので、なにかあっても売ったり貸したりできる物件だという安心感があります。あえて言うなら、住宅ローンのことくらい」【資金計画】物件価格:約4000万円、諸費用:約200万円(予定)、自己資金:1000万円、ローン借入額:約3200万円【住宅ローンの返済プラン】月々のローン返済額:約8.3万円、ボーナス払い:0円、借入先:民間金融機関、金利種類:変動、返済期間:35年「まだ先のことではあるのですが、だいたいこのくらいで計画しています。住宅ローンの返済額に、管理費・修繕積立金などを加えた月々の支払額は、9.5万円くらいを予定しています。少し不安かも…と言いましたが、深く心配しているわけではありません。万が一自分が死んでも団信(団体信用生命保険)がありますし。」――今の住居費が7.1万円で、入居後の住居費は9.5万円。月々2万円以上増えることになりますね。生活はきつくなってしまいませんか?【現在(賃貸居住時)の家計簿】月収(手取り):約25~27万円(残業により変動)、生活費の合計:約19万円、月の貯蓄:約6~8万円【固定費】住居費(家賃+管理費):7.1万円、通信費:1.3万円、保険料:0.5万円【変動費】食費+日用品:4万円、趣味+美容+交際費:5万円、水道光熱費:0.5~1万円「食費と日用品は4万円、趣味+美容+交際費は合計5万円以内になるよう意識しています。内訳は月によって違うのですが、趣味とエステにはお金をかけていると思います。メリハリをつけて使っています。」――最後に、購入検討中の読者へのアドバイスをお願いします。「こだわる部分を決めると、探しやすいし、決断しやすいと思います!すてきなお部屋を見つけてくださいね。」

タイトルとURLをコピーしました