賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

ズボラさんでもできる食費節約術!お茶パックでマイボトル習慣

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

食費の節約術といえば、外食を我慢したり、食べたいものを我慢したり…と、「我慢」をするのが当たり前だと思い込んではいませんか。

こんにちは。最近ベーグルにハマっているカーサミアライターのきたやまあさみです。

今回ご紹介するお茶パックを使った食費節約術は、お手持ちの水筒とお茶パックだけでできる、とっても簡単な節約術です。

「ズボラゆえになかなか食費の節約ができなくて困っている…」という人は、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

お茶パックを使って月1万円の食費節約!

マイボトルなら市販のドリンクを購入する場合に比べて月1万円の節約に

冷えたお茶が入った水筒を持つ手
マイボトルを常に持ち歩いて、月20,000円の食費を節約できました!  イメージ画像:写真AC

市販のペットボトル飲料(500ml)を自販機などで購入した場合、1本で160円ほどかかってしまいます。カフェに入ってしまうと、1杯300円~の出費になることも珍しくありません。

一方、お茶パックの場合、50杯分のお茶パックが入った大容量パックが1つ400円前後なので、1日のドリンク代は10円前後(水道代込)に抑えられます。 ボトル代、カートリッジ代を含めたとしても、1カ月以内に元をとることができますよ。

お茶パックで水出ししたお茶を水筒に入れて持ち歩くようにすれば、1カ月の飲み物代を大幅におさえることも難しくはありません。

私はお茶パックでマイボトル習慣を続けた結果、月10,000円ほどの食費を節約することができました。

簡単で続けやすいから結果がすぐ出る!

グラスに注がれた緑茶とボトル
寝る前にお茶パックを水に入れておくだけでOK! イメージ画像:写真AC

お茶パックを使った節約術は、他の食費節約術に比べて、簡単で取り組みやすいのが最大の魅力です。

夜寝る前に、水を入れたボトルにお茶パックをぽんっと入れておくだけで、翌朝には飲むことができる手軽さも、ズボラさんにはうれしいポイントですね。

スポンサーリンク

実践!お茶パックのマイボトルで食費節約

水道の蛇口に浄水器カートリッジを取りつける

机に並んだ家庭用浄水器のパッケージ
自宅の蛇口に浄水器をつけておけば、いつでもおいしいお茶が作れます

お茶パックを使った節約法を実践するには、あらかじめ自宅の水道の蛇口に浄水器カートリッジをつけておく必要があります。そうすれば、蛇口をひねっただけでそのまま飲んでも安全な水が出るので、いつでも簡単においしいお茶が作れます。

ちなみに、浄水器の本体とカートリッジは家電量販店またはインターネットでの購入が可能です。

値段は、本体とカートリッジのセットで4,000円前後。1つのカートリッジで約半年間はもつので、頻繁に買い替える必要はありません。また、2回目以降はカートリッジのみの取り換えで良く、作業がとても楽ですよ。

お気に入りのマイボトルにできあがったお茶を入れる

水色の水筒とバンダナがかけられた手提げかご
冬はホットにすれば、通勤時間も寒さ知らず!  イメージ画像:写真AC

お茶パックでお茶を作る手順は以下のとおりです。

① 500mlのボトルに水を注ぐ

② ①にお茶パック1袋を入れ、ボトルを振ってお好みの濃さにする

手順どおり、お茶パック1袋に対して500mlの水で水出ししても良いのですが、2Lの水で水出ししても、しっかりとお茶の味が出ます。大きなボトルで一気に作れて便利な上、節約にもなりますよ。

夏は水出し、冬はホットに、季節ごとのアレンジもおすすめ!冬の朝の通勤時間などに温かいお茶を飲むと、ふわっと心がほぐれます。

※お湯出しの場合は、耐熱性のボトルもしくは急須などを使ってください。水出しの場合に比べて濃く出やすいので、お湯を注いで20秒ほどでサッと早めにお茶パックを取り出すのが、おいしくつくるポイントです。

お湯を注ぐ時は、くれぐれもやけどにご注意くださいね。

今回は、ズボラさんでもできる食費節約術「お茶パックでマイボトル習慣」をご紹介しました。お茶パックを使ったマイボトルを持参することで、簡単に月2万円の食費節約がかないます。

お気に入りの水筒に温かいお茶を入れて持ち歩けば、寒い冬でもお財布・体ともにほかほかです!夏は水出しのお茶が爽やかでおすすめ。

ぜひ試してみてくださいね。

マイボトルにおすすめドリンクはこちら

マイボトルのお手入れはこちら

水筒・マイボトルの洗い方!茶渋・サビ…悩み別の簡単お手入れも紹介
水筒・マイボトルの基本的な洗い方と、悩み別のお手入れ方法をご紹介します。私はクリンネスト1級の資格を持っており、さまざまなお掃除情報を発信しています。お気に入りのマイボトルを長く使うためにも、ぜひ参考にしてくださいね!【水筒の洗い方】水筒には「ステンレス」と「プラスチック」があります。どちらも洗い方は同じです。step1:すべてのパーツを取り外す すべてのパーツを取り外し、バラバラにします。パッキンも毎回外してくださいね。 step2:食器用洗剤で洗う 本体とパーツを軽く水で濡らしたら、食器用洗剤で洗います。本体の底まで手が届かない場合は、柄つきスポンジがおすすめです。柄の部分をまわすと、側面もしっかり洗えますよ。本体の口とフタ、パッキンには、柔らかいスポンジを使いましょう。汚れが残ると雑菌が繁殖してしまうため、丁寧に洗ってくださいね。柄つきスポンジは100均で買えますよ。 step3:すすいで十分に乾かす 泡が残らないよう、しっかりすすぎます。ぬるま湯を使うと乾きやすいですよ。本体外側の水気は、すぐに布で拭き取りましょう。濡れたまま放置すると、サビや水あとの原因になります。本体内部とその他のパーツは、自然乾燥で十分水気をとってください。【悩み別の水筒お手入れ方法】水筒をしばらく使っていると、食器用洗剤では落ちない茶渋やサビ、白い汚れが付着することがあります。においや茶渋:においや茶渋が気になるときは、酸素系漂白剤を使いましょう。一週間に一度行うと、汚れがたまらず清潔を保てます。酸素系漂白剤の分量は、パッケージの表示を守ってくださいね。 斑点状のサビ:ボトル内部に斑点状のサビができることがあります。これは、水の中の鉄分が付着したものです。ぬるま湯で10%に薄めた食酢を本体に入れ、30分放置します。よく洗ったあとしっかり乾燥させれば落ちますよ。 白い汚れ:白い汚れは、水道水に含まれるカルシウムやミネラル分です。クエン酸を1~2%ほど入れたぬるま湯をつくり、本体に入れて3時間放置しましょう。しっかりすすいで完全に乾かせば完了です。また、水筒を洗うときは、以下の3点に注意しましょう。・食洗機で洗ってはいけない・かたいスポンジで洗ってはいけない・ステンレスボトルには塩素系漂白剤を使ってはいけない 節約にもなるマイボトル。清潔を保ち、長く使ってくださいね!

食費節約のコツをまとめた記事はこちら

自炊で節約。一人暮らしの上手なやりくりに必要な、たった2つのこと
自炊をして節約をしたいけどどうすればいいかわからない・自炊をしたけど逆に食費が増えた…など節約が上手くいかない人へ、予算の決め方と節約のコツをお伝えします。まずは平均的な食費と見比べて、どれくらい節約するのか目標を定めましょう。一般的には食費は手取り月収の15%以内が理想なので、手取り月収が20万円なら3万円を目安にしてみましょう。ちなみに、2021年10~12月の政府の家計調査では、働く独身女性の平均食費は35,635円でした。平均から約5000円節約した「1ヵ月で食費3万円」という目標は、少しがんばれば達成できそうですよね。「1ヵ月で食費3万円」のためには、1日あたり1000円が目安になります。ですが、外食だと1食で1000円かかることも珍しくないですよね。先ほど紹介した平均食費でも、外食だけで7484円。もし不要な外食が多いのなら見直すことをおすすめします。1回でも外食を減らせることができるなら、かなり食費節約に貢献できるからです。次に、自炊で節約するためのポイントを2つご紹介します。・予算を決める:節約するためには、まずは予算を決めることからはじめます。米や調味料など毎回買わないものもありますよね。さらに1ヶ月は4週間よりも少し長いです。こうしたことををふまえると、1週間に6000円が目安になります。この6000円の中には外食代も含まれます。もし、外食をするならその分を考えて買いものをしましょう。・使いきれない食材は冷凍する:安いからと買っても、使いきれなかったら無駄になってしまいます。冷凍できる食材は冷凍保存しておく習慣をつけましょう。食材を捨てるのはお金を捨てるのと変わりません。冷凍できる食材は、鮮度が高いうちに冷凍保存しておきましょう。基本的に1ヶ月を目安に使い切ります。食材を冷凍・解凍しやすいように、なるべく重ならないように並べて密封するのがコツです。 はじめのうちは外食をすることで予算オーバーになるかもしれません。ですが、諦めないで長く自分のペースで続けていくことが大事です。冷凍も上手に取り入れて節約を成功させてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました