賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

鶏胸肉の下味冷凍だけで1週間、献立プランを公開!【節約料理】

自炊・料理
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

この記事では節約の味方・鶏胸肉の下味冷凍について、筆者が実践している1週間分のレシピをご紹介しながら、パサつきやすい鶏胸肉をおいしく食べる方法を紹介します。

こんにちは、食物検定1級保持、自炊歴20年のカーサミアライターの山本です。お手頃食材を美味しく食べるコツを発信しています。

お手頃な価格で購入できる鶏胸肉、せっかくですから節約のためにガマンして食べるのではなく、美味しく食べたいですよね。

簡単なコツを紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

【質問】冷凍保存した鶏胸肉、どうすればおいしく料理できますか?

不景気な昨今、お財布にも余裕がないので、鶏胸肉が安いときにまとめ買いして冷凍しています。

しかし、いろんなレシピや動画サイトを見て調理するのですが、煮ても焼いても固くてパサパサで、おいしくなりません。おいしく食べるためにはどうしたらよいのでしょう?

【回答】鶏胸肉は「下味をつけてから冷凍保存」すると、おいしく料理できます!

山本 まゆな
山本 まゆな
教えてくれたのは…

新しいもの・家事楽アイテムが好きなフリーランスライター。
高校から家政科で専門的に料理を学び、自炊歴は20年以上。節約食材やいつもの食材を、ちょっとの手間で「おいしい料理」にするのが得意です。

多趣味で思い立ったらすぐ行動する性格。食物検定1級・美容師免許・ヘアケアマイスター・洋裁和裁資格有り。

山本 まゆなさんをフォローする

鶏胸肉はそのまま冷凍保存するよりも、あらかじめ食べやすくカットした状態で下味をつけておく方が、味が染み込むので美味しくなります。また、料理をするときに時短になります。下味のバリエーションが増えると料理のレパートリーも広がりますよ。

鶏胸肉は下味冷凍保存がおすすめの理由

  • 下味をつけることで、お肉が柔らかくなり、劣化を防げる
  • 味がついているので調理が簡単になる
  • 少ない調味料でも味がしみるので節約になる
かさみやちゃん
かさみやちゃん

下味冷凍保存には、こんな魅力があるんですね!

スポンサーリンク

鶏胸肉の下味冷凍保存、基本の方法

1.鶏胸肉を食べやすいサイズに切る

まずは真ん中の線に沿って2つに分けます│筆者撮影

まずは、中心の分かれ目をカットする。

繊維を切るように一口サイズに│筆者撮影

②のように、繊維を断つように切ると食感がやわらかくなります。縦に繊維が通っているなら、横にカットするようなイメージです。

ちなみに私はいつもキッチンバサミで切っています。そうすることでまな板が汚れないだけでなく、力もいらないので時短で処理できます。

2.チャック付き保存袋に鶏胸肉と調味料を入れる

なるべく空気を抜いて保存しましょう│筆者撮影

このとき、なるべく平らになるように入れるのがポイントです。そうすることで冷凍・解凍しやすくなるだけでなく、味も馴染みやすくなります。

調味料は鶏胸肉にしっかり絡ませて空気が袋に入らないように閉じて冷凍保存してくださいね。冷凍保存で約1ヵ月を目安に使いましょう

3.料理するときは冷蔵庫で解凍

冷蔵庫でじっくり解凍するのがコツです│筆者撮影

夜に料理で使いたいなら、朝のうちに冷蔵庫に入れておくといいですよ!ゆっくり解凍するとドリップがでにくくなります

急ぎの場合は電子レンジの解凍機能で解凍するのもOKです。

お肉の「ドリップ」について、詳細はこちら。

4.油をひいて弱火にしたフライパンで焼く

両面焼いたら蓋をして中まで火を通します│筆者撮影

基本的には鶏胸肉を【弱火】で両面焼いて、最後に蓋をして弱火で蒸し焼きにすると中はしっとりと仕上がります。

スポンサーリンク

鶏胸肉の下味レシピ1週間分

最後に1週間分のレシピを紹介します。

レシピは鶏胸肉1枚分ですので、夕飯+翌日のお弁当でちょうどいい分量。お弁当派ではない人は、冷凍するときに半量ずつに分けてくださいね。

月曜日:ごま油×鶏がらスープの素×片栗粉で簡単唐揚げ風

揚げ焼き前に片栗粉をまぶしてサクサクに仕上げます│筆者撮影

【材料】

  • 鶏胸肉 1枚
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 片栗粉 適量

一口大に切った鶏胸肉を袋に入れ、ごま油と鶏がらスープの素を馴染ませる。片栗粉を全体にまぶして平らにしてから冷凍保存します。

じっくり解凍後、もしベチャっとしていたら調理前に追加で片栗粉をまぶし、油をひいたフライ版で揚げ焼きにすると完成です!

ごま油の風味と鶏がらスープの味が効いた唐揚げは、翌日のお弁当にもぴったり♪

火曜日:めんつゆで鶏チャーシュー

中までしっとり仕上がります│筆者撮影

【材料】

  • 鶏胸肉 1枚
  • めんつゆ 大さじ3
  • 水 大さじ3

鶏胸肉は大きい塊のままでOKです。袋に入れたらめんつゆを適量(分量外/鶏胸肉全体に馴染むくらい)入れて冷凍保存します。

じっくり解凍したら、オリーブオイルをひいたフライパンにひいて弱火で5分ずつ両面焼きます。両面焼けたら水大さじ3・めんつゆ大さじ3をフライパンに入れたら蓋をして弱火で10分中まで火を通したら完成です。

中がしっとりと仕上がります。甘めが好きな人は砂糖を少し加えるのもおすすめです。

水曜日:カレー粉×ケチャップ×ヨーグルトでタンドリーチキン

カレー風味が食欲を促進します│筆者撮影

【材料】

  • 鶏胸肉 1枚
  • トマトケチャップ 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ2
  • カレー粉 大さじ1
  • プレーンヨーグルト 大さじ3
  • 塩 小さじ1/2

一口大に切った鶏胸肉に材料をまぶして冷凍保存します。じっくり解凍して、油を入れたフライパンで焼いていきます。このとき袋の中の調味料も一緒に焼きましょう

鶏胸肉に火が通ったら、調味料の水分を軽く飛ばして完成です。

木曜日:砂糖×醤油×みりんで照り焼きチキン

ちょっと甘めで美味しいです│筆者撮影

【材料】

  • 鶏胸肉 1枚
  • 砂糖 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ1

鶏胸肉を一口サイズに切ってすべての調味料馴染ませて冷凍保存します。じっくり解凍したら、フライパンに油をひき両面焼いた後に蓋をして中までしっかりと火を通します。

気分で七味やコチュジャンなどの辛み調味料を入れると、違ったテイストになりますよ♪

金曜日:オリーブオイル×砂糖×塩であっさりチキン

さっぱりとした中に甘味も感じられます│筆者撮影

【材料】

  • 鶏胸肉 1枚
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ2

一口大に切った鶏胸肉にすべてをまぶして冷凍保存します。じっくり解凍してフライパンに油をひいて両面焼きます。蓋をして中まで火が通れば完成です。

シンプルですが甘味も感じられて病みつきになる味付けです。

土曜日:焼き肉のタレでBBQチキン

タレは煮詰めるとトロッと鶏胸肉に絡みます│筆者撮影

【材料】

  • 鶏胸肉 1枚
  • 焼き肉のタレ 適量

一口大に切った鶏胸肉に焼き肉のタレをまぶして冷凍保存します。じっくり解凍してタレごとフライパンで焼いたら完成です。

焼き肉のタレ味はご飯が進みます♪タレで味が変わるので、お気に入りを見つけてくださいね。

日曜日:マヨネーズ×薄力粉×パン粉でチキンカツ風

マヨネーズで衣がしっかりと定着します│筆者撮影

【材料】

  • 鶏胸肉 1枚
  • 薄力粉 適量
  • マヨネーズ 適量
  • パン粉 適量

一口大に鶏肉を切ったら、袋にいれて薄力粉→マヨネーズ→パン粉の順番でまぶします。じっくりと解凍した後、フライパンで揚げ焼きしたら完成です。

冷凍してもサクサクのチキンカツができるんです♪好みでソースなどをかけて食べてくださいね。

Q
鶏胸肉の冷凍保存はどうすれば美味しく食べられますか?
A

冷凍保存をするときにあらかじめ下味をつけておくと、食べるときにパサつきにくく美味しく食べられます。

じっくり解凍した後はすでに味がついているので、料理の時短にもつながりますよ。バリエーションもたくさんあるので、味を変えて毎日のご飯を楽しみましょう。