賃貸の不動産会社が教えてくれないお部屋の選び方とは? >

衣替え、引っ越しに。もう着ない服で「古着deワクチン」始めませんか?

トレンド
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

衣替えのときに出てきた、しばらく着ていないお洋服・もう使わないバッグ。
捨てるのはしのびないけれど、売れる気もしない…。そんなお洋服やバッグを、世界の子どもたちにワクチンを届ける「古着deワクチン」に役立てませんか?

こんにちは、カーサミア編集部です。一人暮らし女性の暮らしに役立つ情報を発信しています。

今回は、お片付けのときに嬉しい商品「古着deワクチン」をご紹介します。

スポンサーリンク

引っ越し、衣替え、新生活の片づけに。衣類を手放すことが社会貢献につながります

「古着deワクチン」は、誰でも簡単に手軽に利用できる“お片づけ商品”です。

専用回収キットを購入し、回収袋に不要な衣類バッグ・靴・アクセサリー・帽子などのファッション小物を詰めて送るだけ。

不要とはいえ、わざわざ有料で服を回収してもらうなんて…?
と思われるかもしれませんが、このサービスの一番の魅力は、片づけをして単に部屋がすっきりするだけでなく、「世界の誰かに幸せを届けられる」ということ。

社会貢献というと、何をするか、何から始めてよいかと悩むこともありますが、古着deワクチンは、あくまで片づけの延長で気軽にできるのが魅力。

億劫な片づけも、良いことに繋がっていると思えば前向きに楽しく取り組めそう。

お部屋も気持ちもすっきり、さらにはこの世界の誰かが笑顔になる──そんな新生活を始めてみませんか?

あなたの服が、5人の子どもたちの命を救う

古着deワクチン回収キットを購入すると、代金の一部が運営会社を通じて、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付されます。

1キットにつき5人分のポリオワクチンが、ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツに届けられます。

お片付けをしてワクチンを届けることができるのが、「古着deワクチン」の最大の魅力。でもこれだけじゃないんです。

あなたの服が再利用され、誰かのお気に入りに

回収された衣類等は、千葉県木更津の国内拠点を経由して、カンボジアの直営センターに輸出され、現地で販売・再輸出が行われます。

あなたが愛用してきた品が、世界の誰かのお気に入りになるかも…。素敵ですね。

あなたの服が、新しい雇用を生み出す

回収キットの製造・梱包・発送は、国内の福祉作業所で障がいのある方たちの手で行われています。

また、国内の輸出拠点ではフィリピン人女性が活躍。カンボジアの直営センターでは障がいのある方やかつてストリートチルドレンだった若者たちが働き、地域の雇用の場となっています。

国内・国外、それぞれの場所での雇用創出に繋がるんですって!

利用は簡単!「古着deワクチン回収キット」を購入し、袋に詰めて送るだけ

1.古着deワクチン回収キットを購入

ご自宅にキットが届きます。

2.回収袋に不要な衣類を詰める

回収袋は薄手の衣類なら約100着以上入る大容量。

入れられるのは、衣類のほか、カバン、靴、アクセサリーもOK。
送れるもの・送れないものについての詳細は、回収キット購入ページをご確認ください。

3.準備ができたら佐川急便に集荷を依頼

回収袋には印字済みの伝票がすでに貼ってあるので、伝票を準備・記入する必要はありません。配送料もかかりません。

最初にキットを購入したら、配送料を気にせず送れるのは嬉しいですね…!

スポンサーリンク

回収キット販売サイトはこちら

古着deワクチン回収キット  3,700円 (税込) 送料400円 (税込)
※お届けまで2週間ほどかかります

家庭画報ドットコムでの販売が始まりました!(期間限定)
https://www.kateigaho.com/article/detail/176029

▼公式サイト
https://furugidevaccine.etsl.jp/
通常版のほか、「ギフト版」、より手軽な「ミニ版」もありますよ。

大切にしてきたお洋服が、海を越えて、世界のどこかで誰かの幸せに繋がる…。
そう思えば、手放すことに対して前向きな気持ちになれそうです。

服だけでなく、バッグや靴などのファッション小物も入れられるので、引っ越しのお片付けにもピッタリ。
新生活に備えて、お部屋をスッキリさせてみませんか?

いらない服の活用法6選!大切な思い出をムダにしない
もう着ないけど捨てるのはなんだかもったいない、思い出が詰まった服たち。ゴミとして捨てるのは心が痛みますよね。この記事では、いらない服の活用法を6つご紹介します。いらない服でも、さまざまな活用法があります。定番の「売る」「譲る」のほか、「回収(リサイクル)」「寄付」など社会貢献につながることや、「リメイク」のアイデア、「交換する」新しいサービスなども紹介しています。売るときは、リサイクルショップや宅配買取、フリマアプリなどを利用すれば、いらない服を売ることができます。リサイクルショップと宅配買取は、すぐに手放したい人や大量に売りたい人におすすめです。査定結果を見てから売るかどうかを決められますよ。フリマアプリは、自分で値段設定できるのが魅力です。そのため、ハイブランドや思い出深い洋服も手放しやすいでしょう。リサイクルやリユースのために、回収に出すのもおすすめです。回収に出すと特典を受けられるブランドもあるので、利用してみてください。また、自治体によっては古着の回収を行っているところもあります。寄付としては、「古着でワクチン」などの仕組みがあります。着なくなった服を国内外の必要な人のもとへ届けたり、回収した古着の売上金を寄付したりすることもできます。お気に入りの服だから手放したくない……と思う服は、リメイクで他のものに生まれ変わらせてみましょう。大切な洋服を最後まで活かせますよ。また、家族や友人に譲るのは、大切に使ってもらえる安心感がありますよね。ほかにも着なくなった服を交換するイベントもあります。大切な洋服こそ、ただ捨てるのではなく活かす方法を考えてみてはいかがでしょうか。着なくなった服でも、さまざまな形で活かせるので、ぜひ検討してみてくださいね!