20代で年100万円貯金しよう!一人暮らし女性必見!3年で300万円貯める方法

20代で年100万円貯金しよう!一人暮らし女性必見!3年で300万円貯める方法

一人暮らしを楽しんでいる20代女性の中にも、趣味や将来のために「年100万円貯金しよう!」と思っている方もいるのではないでしょうか?

こんにちは。カーサミアライターの芦原です。

「年間貯金額100万円を目指す」のはとても素晴らしいことですよね。しかし、収入が少ない20代女性が自身の収入と支出を把握せずに、貯金に励んでしまうと予定通りに貯蓄ができず、ツラい気持ちになることも……。

「私の収入で年間100万円を貯金できるのかな?」

「年間100万円を目指すには、どれぐらいの収入が必要になるのだろう?」

「年間貯金額100万円を目指すには、何をしたら良いのかな?」

このような不安や疑問を解消しながら、20代女性が1年間で100万円を貯金するためにはどうするべきか。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ私が、カーサミア読者の皆さんの目線で一緒に考えていきたいと思います。

20代女性の貯金方法は“キャリアアップ”がおすすめ

1年間で100万円を貯金するには、何を始めれば良いのだろう。|イメージ画像:ピクスタ

20代女性の貯金方法には、節約」「保険」「投資」「副業」「キャリアアップが挙げられます。

それぞれの効果について確認していきましょう。今回は効果だけでなく、リスク・取り組みやすさと併せて「おすすめ度」としてまとめていますので、参考にしてくださいね。

1. 節約(おすすめ度 ★★)

給与が上がらないために、支出を減らそうと節約に励む方もいます。節約を始めると、1 ヶ月の お金の流れを把握できるようになり金銭感覚を養えます。金銭感覚を養う意味での節約はおすすめです。

転職サービス「doda」が実施した「平均年収ランキング最新版【年齢別】」の調査結果によると、20代女性の平均年収は319万円となっています。実際は、社会保険料や税金が差し引かれるので、手取り年収は約260万円になるでしょう。

(参考:税金・社会保障教育 税金・社会保障料シミュレーション

賞与2ヶ月分と仮定した場合は、月額17.3万円で生活していかなければいけません。(※1)総務省が公表している「家計調査(2019年度最新版」によると、1人暮らしの生活費の平均額は16.4万円のため、ギリギリの生活になることが分かります。

このことから、一人暮らしの20代女性がいくら節約に励んでも、年間の貯金額は50万円程度が限界であると考えられます。過剰な節約生活を続けてしまうと、時間を消費して、心も荒んでいくので注意してください。

(※1)参考
◆年収内訳/手取分
・年収手取 2,600,000円
・月額手取 173,000円*12ヶ月=2,076,000円(月額手取合計)
・ボーナス手取 262,000円*2回=524,000円(ボーナス手取合計)
⇒2,076,000円+5,240,000円=2,600,000円(年収手取合計)

「節約」のおすすめ度

効果 ★☆☆☆☆ 収入自体が少ないので、大きな金額に繋げるのは難しい
リスク ★★★☆☆リスクは少ないけれど、時間分の費用対効果が得られにくい
取り組みやすさ ★★★★☆思い立った時に始められる
総合点/おすすめ度★★☆☆☆気軽に始められる貯金方法だけど、想像以上の効果が見込めない

2. 保険(おすすめ度★★)

貯金が苦手という方におすすめの方法が保険です。終身保険や老後資金に備えた個人年金など、さまざまな保険商品があります。

収入から毎月一定額が差し引かれるので、貯金に対して苦手意識を持つ人でも、堅実的に貯金に励んでいくことができるはずです。また、契約期間まで貯金を続けると保険会社の運用収益として利息も付きます

さまざまな恩恵が受けられる保険ですが、契約満了期間まで引き出せないなどのデメリットもあるので、注意が必要です。諸事情で契約の解約をする場合は、貯金してきた金額に解約返戻率が掛けられた金額が戻ってきます。

20年以内の解約であれば、基本的に掛け金より少なくなってしまいます。20代女性は、結婚・転職など予想しないライフイベントがあるので、引き出せない保険はあまり良い貯金方法とはいえません。

「保険」のおすすめ度

効果 ★★★☆☆ 自動的引き落としされるので、貯金が苦手な方でもお金を貯められる
リスク ★★☆☆☆保険商品は中途解約しにくいので注意が必要
取り組みやすさ ★★★★☆誰でも気軽に始められる
総合点/おすすめ度★★☆☆☆気軽に始められる貯金方法だけど、中途解約がしにくいことに注意する

3.投資(おすすめ度★★★)

収入が上がらず、将来に不安を感じている方が興味を持つのが投資です。本業の収入とは別の収入を得たいという動機で、投資を始めとする資産運用に興味を持つ人が多いです。

『東洋経済オンライン』の記事によると、投資で儲けている個人投資家の割合は40.9%、損をしている割合は59.1%という結果が出ています。この結果から分かるように、投資のリスクは高いです。

手元資金に余裕がある方であれば、投資で資産運用をしても良いと思いますが、手元資金が少ないのに投資を始めるのは、極めて危険な行為なので控えておきましょう。

また、投資にはノウハウが必要になるため、勉強しなければいけません。高度な知識を身につければ、投資で大きく儲けることも夢ではありません。

「投資」のおすすめ度

効果 ★★★★★ お金自体に働いてもらうことで資産を増やすことができる
リスク ★★☆☆☆投資は損失ができることもある
取り組みやすさ ★★☆☆☆投資に関するノウハウが必要
総合点/おすすめ度★★★☆☆資産運用で貯金を増やすこともできるけど、リスクがあることを自覚する必要がある

4.副業(おすすめ度★★★★)

2018年4月に大手企業が副業解禁に踏み出しました。副業をすれば、本業とは別の収入が得られます。

副業で成功するためにはスキル・人脈・コミュニケーション能力が必要ですが、近頃はクラウドワークスなどのサービスが登場したことにより、副業が身近なものになっています。副業で収入を得ることができて、それを全額貯金に回せば、1年で100万円も夢ではありません。

しかし、総合人材サービス・パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームである株式会社パーソル総合研究所が調査した「副業の実態・意識調査」の調査結果によると、2018年の時点で副業を行っている人は10.9%です。この数値から分かるように、本業に取り組みながら副業するのは難しいことが分かります。しかし、覚悟を決めて取り組めば大幅の収入アップが見込めるでしょう。

「副業」のおすすめ度

効果 ★★★★★ 本業とは別の収入源が得られる
リスク ★★★☆☆兼業は想像以上に難しい
取り組みやすさ ★★☆☆☆副業で収入を得るためには、スキル・人脈・コミュニケーション能力が求められる
総合点/おすすめ度★★★★☆兼業は大変だが、覚悟決めて取り組めば、副収入が得られて貯金に回すことができる

5.キャリアアップ(おすすめ度★★★★★)

貯金を増やすために、最もおすすめの方法がキャリアアップです。現在の勤務先で昇格を目指すのか、転職をしてキャリアの上昇を目指していくのか検討して、その目標に向かって頑張ることがキャリアップです。能力を上げていくことで、収入アップが期待できます。

副業とは異なり、本業に集中するだけなので大きな負荷は掛かりません。また、年齢が若いほうがキャリアアップも実現しやすいです。20代女性は収入が低い傾向があるので、1年間で100万円の貯金を目指すのであれば、キャリアアップを目指していきましょう。

「キャリアアップ」のおすすめ度

効果 ★★★★★ キャリアップすれば収入が増える
リスク ★★★★★20代のキャリアップは成功しやすい
取り組みやすさ ★★★★★現在の仕事に集中すればキャリアップできる
総合点/おすすめ度★★★★キャリアップは、仕事に集中すれば良いので大きな負担がなく収入アップが期待できる

年収アップが期待できる20代女性のキャリアアップ方法

20代だとキャリアアップもしやすい。|イメージ画像:ピクスタ

20代女性が1年間100万円の貯金を目指すのであれば、キャリアップをしていき、収入を増やすことが大切だということを理解していただけたと思います。次に、その具体的なキャリアアップ方法について解説します。

将来的に何を目指すのか明確にする

キャリアアップを目指すなら、自分のキャリアプランを明確にしておくことが大切です。将来的に自分はどうなりたいか、どのような仕事に携わりたいかを定めなければ、キャリアアップは目指せません。

自己分析をして、自分の強みや弱み・好きなこと・得意なことを洗い出し、価値観を明確にしましょう。そして、長期的目標から短期的目標まで立てて、その目標に向かっていきます。

キャリアの描き方

今の時代、キャリアアップに関する考え方は多様化・細分化しています。そのため、どのようなキャリアの描き方があるかを把握しておきましょう。

  1. 役職やポストの上昇
    キャリアアップの度合いを役職やポスト、年収等で捉える
  2. 組織や周囲への貢献度向上
    組織内メンバーや顧客、社会への価値貢献の度合いでキャリアの度合いを捉える
  3. 専門スキルを高める
    キャリアの上昇度合を携わっている技能・知識の専門性の高まりで捉える
  4. 複数のスキルを高める
    仕事の幅を広げていき、関与できることをキャリアの成長になると捉える

補足:目標が見つけられない場合の対処方法

自分のキャリアプランを明確にしなければいけませんが、自分では気付かない長所がある場合もあります。そのため、キャリアプランが描けない場合は、信頼できる人に自分の強み・弱みを聞いてみることをおすすめします。

第三者が教えてくれる自分の魅力を活かしたキャリアプランを描く方法もあるので、周りの人を頼りにしてみましょう。

20代女性は年100万円貯金するために“年収380万円”を目指そう

実際に貯蓄シミュレーションをしてみよう。|イメージ画像:ピクスタ

20代一人暮らしの女性は、キャリアアップで年収アップをするのが貯金の近道と理解していただけたのではないでしょうか。収入アップは、30代の平均年収を目標に目指してみましょう。

dodaが実施した「平均年収ランキング最新版【年齢別】」の調査結果では、30代女性の平均年収は382万円となっています。年収380万円になったら、どのような暮らしができるかをシミュレーションしてみます。

◆年収380万円の女性の年収内訳(賞与3ヶ月の場合)

収入額面手取
給与(12ヶ月)304万円248万円
賞与(3ヶ月分)76万円63万円
合計380万円311万円

参考:三井住友フレマガ「ボーナスの業界別・年齢別平均額は?ボーナスに関するデータまとめ」

◆月の生活費内訳(手取206,000円と仮定して計算)

項目金額(円)
家賃50,714円
食費35,021円
水道光熱費10,419円
インターネット回線代4,000円
日用品1,657円
携帯電話料金6,401円
服飾・美容費33,600円
交際費10,000円
貯金54,188円
合計206,000円

参考:総務省統計局の家計調査結果2019年1月分

この表で示した毎月の貯金額に、賞与3ヶ月分の63万円からもプラスされることになります。

株式会社ロイヤリティマーケティングが実施した「第37回Ponta消費意識調査」によると、賞与額の半分以上を貯金に回したいと回答した人は半数に上ります。余裕を持って賞与の半分を使うことを想定すると、実現できる年間貯金額は下記の通りになります。

年間貯金額=(54,188円×12ヶ月)+315,000円=965,256円

これで年間貯金額がほぼ100万円です。実現できそうな気がしませんか?

貯金に励みたい20代女性はキャリアアップが近道!

20代女性で一人暮らしをしながら、年間貯金額100万円を目指すにはキャリアアップを目指してみましょう。
ご自身で、どのようなキャリアプランを築きたいかを検討し、そのキャリアプランに向けて努力することで、理想の貯金プランも築けるはずです。とくに、20代はキャリア形成がしやすいので、早い段階で取り組んだ方が良いと言えます。

仕事に集中するだけでキャリアップを目指せるので、大きな負荷も掛かりません。ぜひこれを機会に、キャリアプランを計画してみてくださいね。

※記事の内容は執筆時点のものになります

お金カテゴリの最新記事