家のいたるところを収納に!壁掛け収納家具でお家がスッキリ

家のいたるところを収納に!壁掛け収納家具でお家がスッキリ

一人暮らしが長くなってくると、つい物が増えてきますよね。きれいに収納したいと思いつつ、「家具を置くスペースがない!」と困っていませんか?

そこで、おすすめするのが壁掛け収納。壁掛け収納なら、床に家具を置くスペースがなくても収納を増やすことが可能です。

しかし、「突然落ちて来たりしないの?」と不安になりますよね。

こんにちは!nobi-nonです。

今回は、壁掛け収納を3年使用している私が、取り付け方法と使用感についてご紹介します。収納スペースを増やしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

壁掛け収納家具の取り付け方

私が家で使っている壁掛け収納家具は、こちらのサイトで販売されているような金具を壁にホチキスで固定するタイプのもの。

取り付け方は、次のようになっています。

①専用の金具の上に、透明なプラスチックのフィルムをのせ、その上から専用のホチキスの芯で金具を固定します。

金具とプラスチックの上からホチキスを留めるだけ!

②固定した金具に家具をひっかけて完成です!

金属のプレートに家具をひっかければ完成!

ホチキスで留めるのでとても簡単で、1人でもすぐに取り付けることができました。

「水平になるように設置できるの?」と不安になりますが、一緒に送られてくる紙のガイドを使えば、金具をつける位置も迷うことなく決めることが可能です。

家具の方は既に組み立てされた状態で届くので、あとは壁に固定した金具に家具をひっかけるだけ。「カラーボックスよりも設置が簡単かも…?!」と思うほどです。

家具は壁との隙間ができないように、ぴったりと取り付けるようにしてくださいね。

壁掛け収納家具の穴は修正テープで隠せる

目立ちにくいとされている画びょうの穴。ホチキスの穴は、それよりももっと小さく目立ちにくい。

壁掛け収納家具で気になるのは、壁にあく穴。

賃貸の場合は、退去の時に家の状態を元に戻さなければいけませんし、持ち家の場合でも穴があいたままでは、ちょっとかっこ悪いと感じてしまいます。

しかし、ホチキスの穴は画びょうの穴に比べても、とても小さいもの。実際に比べてみましたが、穴自体ほとんど目立ちません

特に賃貸物件では入居者ごとに壁紙を張り替えることもあるので、そこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

持ち家の場合でも、実はこの穴、修正テープで上手に隠すことができるのです。穴をふさぐように修正テープを貼れば、穴が目立たなくなります。 日常生活を送る分には、この対処で十分です。

修正テープによって、ぱっと見では穴が開いていた場所がわからないレベルに!

壁掛け収納家具を3年使った感想

我が家では、壁掛け収納家具を3年ほど使っています。

合計3キロほどのインテリアグッズを飾っていますが、3年間で1度も家具が落ちたことはありません

何度か震度4~5程度の地震にも見舞われましたが、それでも落ちることがありませんでした。

今では、壁にちょっとしたスペースを見つけると「新しい壁掛け収納家具を取り付けようかな…」と考えてしまいます♪

漫画本や文庫本もジャストサイズで入るので、読書が趣味という人にもぴったり。

他にもキッチンに設置して調味料置き場にしたり、洗面所に設置してタオルや洗剤置き場にしたりと、使い方はアイデア次第で無限大です

耐久性や穴の問題で、設置をためらってしまう壁掛け収納家具。しかし、一度取り付けてしまえば、その快適さからもう手放すことはできません!

「収納スペースを増やしたい。だけど、もう家具を置くスペースがない…」と悩んでいるあなたのお宅にも、壁にスペースが余っていませんか?

ぜひそのスペースに壁掛け収納家具を取り付けて、収納スペースを増やしてみてくださいね。

手軽にできる壁掛け収納DIYのアイデアはこちら

※記事の内容は執筆時点のものになります

インテリアカテゴリの最新記事